大手引越し業者のサービスプランを比較してみました

現在、どの業者でも多種多様なプランがあり、
一見、どれを選べばよいのか分かりにくい、という声も聞きます。

しかし、複雑に見えても、プランは大きくいくつかに分類できます。

ここではそんなプランの選択方法についてご紹介します。

家族向けの引越しの場合

1世帯以上の引越しの場合、引越しプランは大きく分けて、
下の3種類のように分けられます。

  • 荷造り・荷解きまですべて業者に任せるタイプ
  • 荷造りは業者にも手伝ってもらい、荷解きは自分でするタイプ
  • 荷造り・荷解きには業者が関わらないタイプ

料金としては、当然前者のほうが高く、後者のほうが安くなります。

どのプランを選ぶのかは、荷物の量やお子さん、ご老人の有無、
時間の余裕などを踏まえて業者と相談するといいでしょう。

ちなみに上記であげた3パターンに属しないプランもありますが、
これについては後述します。

単身者向けの引越しの場合

単身者向けの引越しプランは、基本的に型にはまっており、
世帯向け引越しのように選択肢の幅が少ないのが特徴です。

具体的には、

  • 運ぶ荷物が一定量を超えると使えない
  • 一定距離までの引越ししか適応できない
  • 作業の時間帯が限られる

などになります。

これらの条件は追加料金を払うことで解除できることもありますが、
そうなるともはや普通の引越しと同じぐらいの料金になってしまいます。

単身者向けのプランを見る場合は、条件に自分の引越しの規模があっているか、
事前に確認する必要がありますね。

各社のバリエーション豊富なプラン

上記のように世帯・単身者に関わらず、
引越し業界では利用者のニーズに合わせた様々なプランが用意されています。

ここではその一部を紹介します。

シニア向けプラン

荷物の持ち運びなどができない高齢者向けのパックで、
梱包・荷解きはもちろん、家具の設置なども行います。

フルサポートプラン

梱包・荷解き・家具の設置まで任せた上、
食器類や衣類、本など家具の中身までそっくりそのまま配置してくれる。
また、中にはレイアウトや家具の購入など
トータルサポートしてくれる業者まであるそうです。

チャータープラン

業者がトラックとドライバーのみを手配するもので、
家具の梱包からトラックへの運び入れまで、すべて自分でやるプラン。
その分、価格は非常に安い。

建て替え用プラン

家を建て替える際に、いったん荷物を業者に預け、
建て替え終了後に再度送り返してもらえるプラン。
引越しというより、借り倉庫の感覚で利用する。

自分の状況にあったプランを知ろう

これらのプランは業者によって呼び方が異なり、
しかも割引される金額もかなり違ってきます。

今回紹介したプラン以外にも、距離や荷物量などで多くのプランが用意されており、
そのバリエーションは実に豊富です。

自分がどのプランに該当するのか気になる方は、
一括見積もりサイトなどを使って、見積もりをもらってみましょう。

それぞれの業者に荷物量や引越し距離などが伝えられ、
その条件に当てはまる最安プランで見積もりをくれるので、
どんなプランに該当するのかがわかるはずです。

一括見積もりサイトを利用すれば、その料金を比較することもできるので、
使えるものは使って、引越し料金を安く抑えましょう。

おすすめの一括見積もりサイト

引越し達人
引越し達人

引越し達人は一括見積もりサイトの中では老舗に入るサイトで、
15年以上の運営歴史があります。

昔から運営しているだけあって信頼度は高く、
安心して利用できる引越し業者がたくさん登録されています。

また、最大で60,000円のお祝い金など、
お得なプレゼントも色々あるので、どれか一つを選ぶなら、
まずは引越し達人を使って探すのがおすすめです。

公式サイトはこちら

LIFULL引越し
LIFULL引越し

TVCMでもお馴染み「HOME’S」が運営していたサイトが、
リニューアルされてLIFULL引越しになりました。

一括見積もりサイトとしては比較的新しいので、
その分特典なども充実していてお得感があります。

見積もりサイトによって割引や特典が違うので、
一回覗いてみてどれを使うか決めるのもいいですね。

公式サイトはこちら

引越し侍
引越し侍

奇抜なテレビCMで話題の、引越し侍の一括見積もりサイトです。

知名度が高く、230社以上の業者が登録されいていて、
キャッシュバックなどのキャンペーンも頻繁におこなっています。

少しでも多くの業者を比較したいなら引越し侍を使ってみましょう。

公式サイトはこちら


この記事に関連するページ

良い引越し業者と悪い業者の違い、見極めのポイント
引越し業者から見積りをとる際に注意すること
2トントラックに入る荷物量の目安と料金はどれくらい?
引越し業者の見積もりは基本的に無料で請求できる
インターネットで見積もりをした場合、どれくらいで返事がくる?
引越し業者によって料金が大きく違う理由
引越し業者の下見は必要?当日質問される内容は?
引越しは直前でキャンセルすると違約金が発生するので注意
正式見積もりが出た後で荷物の量が変わったらどうするの?
引越し業者の作業開始時間は指定できる?
引越し業者へ代金の支払いをするタイミングはいつ?
新居へ荷物を搬入する際の注意点
荷造り(荷物の梱包)だけを引越し業者に依頼したい
急いで(今すぐ)引越しをしたい場合はどうすればいい?
まだ新居が決まっていない状態で引越しの予約はできる?
相見積もりをする際に注意すべきポイント
インターネットで見積もり請求をした後の勧誘について
引越し業者に心づけ(チップ)は必要?
引越し業者のトラックには同乗することはできない
地元業者と大手の引越し業者、頼むならどちら?
チャーター便、混載便ってどんなもの?
引越し業者のトラックの大きさと料金体系について
エレベータがあるとないとで引越し料金はどう変わる?
マンションの階数によって引越し料金が違うので注意
引越し業者はどこを選ぶのがいいでしょう?
引越しスタッフにはお金・小銭を包んだほうがいい?
貴重品は引越しの当日、荷物と一緒に運んでもらえる?
引越しのおまかせプラン・らくらくパックの料金は?
単身用コンテナフルパック・ミニ引越しのサービスと料金は?
日通・コンテナパックの特徴は?
最近噂の激安引越しってどんなサービスなの?
訪問見積もりで「電話が多い」「態度が悪い」営業マンは断ろう
1DK、2LDK、3DKの引越し料金の目安は概算でだいたいいくら?