荷造りの注意点や不用品処分のコツ

引越しで一番大変なことといえば荷造りです。
いざ荷造りを始めると、先が見えない作業に感じて、
精神的にも体力的にもダメージが大きいんですよね。

そこでここでは、その大変な荷造りを少しでも楽にするために、
荷造りのポイントと、不用品処分するコツを解説します。

引越し費用を安くしたい方は、こちらも合わせてチェックしておきましょう。

あわせて読みたい記事

荷造りのポイント

荷造りを円滑に進めるためのポイントは、
いくつかあるので、1つずつ解説していきます。

ちなみに、荷造りは早めにやっておくことをおすすめします。

本気を出せばだいたい1週間で片付くと思いますが、
余裕を持って2週間前には、荷造りを始めるようにしましょう。

荷造りの計画を立てる

何事もしっかりと計画を立ててから行動するほうがうまくいきます。
これは引越しでの荷造りも同じ。

「当日使いたかった物は、梱包し終わったダンボールの奥底」
そんなことにならないように、荷造りの前に荷物計画を立てましょう。

  • 引越し当日まで使うかもしれないもの
  • 引越し後に早めに使う予定があるもの
  • 当分使わないもの

の大きく3つにわけて、梱包をしましょう。

部屋ごとにダンボールを分ける

これは、新居を想定した場合の部屋のことです。
どの部屋の荷物なのかをダンボールに書き込むことで、
荷物が迷子にならなくなります。

まず、新居の間取り図を印刷して、
それぞれの部屋に番号を振っておくといいです。
部屋名でも構いませんが、洋室が2つあることもあるので、
「洋室1」、「洋室2」のようにわかるようにしておきましょう。

その決めた番号や名前を、
該当するダンボールに書き込みます。

引越し業者にも、番号や部屋名を書いた間取り図を渡しておくことで、
荷物を部屋まで持ってきてもらえますし、
引越し時の「これはどこに置きますかぁ〜」という、
業者とのやり取りも減らすことができます。

あと、これは運び込む荷物が多い部屋の場合ですが、
さらに細かくグループ分けをしておくと、
もっと円滑に荷解きができます。

同じ部屋でも、クローゼットに入れる物たちを「A」、
部屋のレイアウトとなる荷物を「B」。

例としては、

  • 「洋室1−A」
  • 「洋室1−B」

このような感じで分けるといいですね。

グループ分けでの注意点

グループ分けをする際の注意点は、
グループ分けした詳細を決めた時点で、
メモ帳や間取り図にしっかりと書き残しておくこと。

「Aって書いてあるけどどこのだっけ?」となったら二度手間ですし、
手伝ってくれる家族や友人、業者もわからなくなります。

それと、ダンボールに文字を書く時は、
かならず側面に書き込むようにしましょう。

上に書いてしまうとダンボールを重ねた時に、
見えなくなってしまいます。

あと、梱包がだいたい終わったら、
最後にすべてのダンボールに通し番号を書いておくことをおすすめします。

この通し番号を書いておくことで、
荷物の紛失を防ぐこともできます。

荷物管理リストを作れば完璧

少し大変かもしれませんが、
通し番号を振ったあとに、その箱には何が入っているのか、
一枚の紙にまとめておくと便利です。

パソコンを持っている方は、
エクセルなどで管理してもいいかもしれません。

ある程度細かく管理しておくことで、
必要なものをすぐに取り出せますし、
荷物の迷子も減ります。

最終的にダンボールに書き込む内容は、

  • どこの部屋の荷物か
  • 部屋のどの部分の荷物か
  • 通し番号
  • できれば入っている物の詳細

これらの情報が書いてあれば、
荷解きもかなり楽になるはずです。

ダンボールを上手に使おう

依頼する業者にもよりますが、
ダンボールにはいくつかの大きさがあります。

まず詰め過ぎはNGです。
特に大きいダンボールに本を入れすぎると、
重くて持てないということにもなるので注意です。

  • 重いものは小さいダンボール。
  • 軽いものは大きいダンボール。

これを意識して梱包していきましょう。

自分でダンボールを用意する場合は、
なるべく同じ大きさのダンボールを用意しましょう。
荷積みのときに崩れにくくなりますし、整理もしやすいです。

あと、箱を作る時と閉じる時のテープは、縦と横に貼りましょう。
横は2枚貼っておくといいですね。
強度があがって底抜けがしにくくなります。

不用品処分のコツ

続いて不用品処分のコツですが、
これは自分の意識次第でかなり変わります。

ここ1年間通して使っていないものって、
けっこうありますよね。
それって新居でも使いますか?

  • 「これは思い出がある物だからなぁ」
  • 「いつか使うでしょ」
  • 「使う予定ないけどあったほうがいい」

これらの荷物は不用と判断しましょう。
でないと、どんどん荷物が増えていきます。

引越しは断捨離をするいい機会ですので、
捨てたくない気持ちに踏ん切りをつけて、
思い切って捨てる選択をしてみましょう。

荷物が減れば、新居の収納やレイアウトもスッキリしますし、
なにより引越し費用も安くなるので、一石二鳥です。

あと、不用品をうまく売ることができれば、
引越し費用どころか、おいしい夜ご飯も食べれてしまいます。

不用品を売る時のコツは、
それぞれの品物の専門店に売るのが、
一番高く買い取ってもらう方法です。

リサイクルに関しては、下の記事で詳しく解説しています。
各専門店についてもまとめてあるので、
自分の売りたい物の専門店がないかチェックしてみましょう。

粗大ゴミをお得に捨てるコツ

買取してくれないものや、
捨てる予定の家具などは、
粗大ごみとして処分する必要があります。

粗大ごみって捨てるのにもお金がかかるので、
どう処分すれば損しないのか気になりますよね。

粗大ごみの回収は、自治体に申請して捨てるより、
回収業者に回収してもらった方が安いんですが、
その回収業者によっても差があります。

しかも回収業者の中には悪徳業者もいて、
法外な回収料金を請求してくる場合もあるとか…

そんなときに便利なサービスが、
回収業者の一括見積もりサービスの「エコノバ」です。

独自に設けた規約をクリアした業者しか登録されていないので、
法外な料金を請求されるなんてこともありません。

回収してくれる品目もかなり多く、
たんすや机などの家具をはじめ、エアコンやテレビなどの電化製品、
楽器、自転車、健康器具やカーペットなどの一般的な生活用品まで、
ほぼすべてのものを回収してくれます。

それとエコノバでは、回収と同時に
買取の査定をしてもらうこともできるので、
売れるのかわからない物がある場合にも、
もってこいのサービスです。

粗大ごみの処分と買取を同時にすましたいという方や、
とにかく安く一気にに回収してほしいという方は、
エコノバを使って効率良く不用品を片付けましょう。

エコノバの公式サイトへ

その他の荷造りの注意点や不用品処分のコツ

上で解説した以外にも、
荷造りの注意点や不用品処分のコツはたくさんあります。

それぞれ詳しく解説しているので、
気になる項目をチェックして、うまく荷造りを進めていきましょう。

荷造りの注意点や不用品処分のコツ

効率良く荷物を整理するためのポイント【まとめ】

引越しが決まったら、まずは不用品の分別を始めましょう。荷物はどんどん増えていくものなので、引越しはいらない物を処分するチャンスです。「使うかどうかわからない」物...

続きを読む

引越し前にいらない物をリサイクルショップで売れば二重でお得!

引越しでは、いかに新居へ運ぶ荷物を少なくするかという点が、料金を安くするコツ。そうでなくても身の回りの不要品を整理する絶好の機会でもあります。そこで、要らない物...

続きを読む

リサイクルショップで買取りしてくれなかった荷物を処分する方法

不要になったにも関わらず、リサイクルショップにも引き取ってもらえなかった家電や家具。かといって、捨てるのには様々な面倒が付きまといます。そのため、まずは引き取り...

続きを読む

荷作りをする前に準備しておくべきものを確認しよう

引越しで最も面倒な作業は荷造りに他なりません。ですが、この荷造りも便利な梱包資材などをあらかじめ用意しておけば、スムーズに作業を進めることができるでしょう。ここ...

続きを読む

無料、または有料で引越し荷造り用のダンボールを集める

ダンボールは引越しに不可欠な梱包資材ですが、何をしなくても、「うちにはダンボールがいっぱいあるよ」というご家庭は少ないと思います。そこで引越しが決まったら、まず...

続きを読む

ダンボールの正しい組み立て方と荷物を詰める際のコツ

引越しの際はダンボールの底を交差させる程度に組み立てるのは、底が抜ける危険性があるので、必ずやめてましょう。梱包用のダンボールは、底をしっかり閉じて、綴じ目をガ...

続きを読む

古新聞は荷造りで使えるので前もってためておこう

引越しの梱包材として、無料で大活躍する新聞紙。ここでは有効利用の方法を紹介したいと思います。食器類の梱包材に利用しよう専用ボックスがない限り、ひとつひとつをしっ...

続きを読む

ガラスや陶器などの割れ物を荷造りする際の注意点

少しの衝撃でも割れてしまう可能性のあるガラスや陶器類の梱包には特に気を使うもの。他の荷物以上にしっかり梱包し、あとあと後悔のないように注意しましょう。ひとつずつ...

続きを読む

びん類を上手に梱包する方法

引越しの荷物の中でもかなり厄介なのが、割れ物ですが、その中でもさらに危険なのがこのビン類です。こうしたものは割れ物である上、梱包の仕方にも注意しなければいけませ...

続きを読む

包丁などの刃物を梱包する時は厳重に!

刃物などは怪我の原因になるため、梱包方法などに注意しましょう。また注意したいのは梱包時だけではありません。刃物の梱包は布や新聞紙などでやらないこと刃物の梱包の際...

続きを読む

ハンガーBOXを使うとコートやスーツが楽に運べる

できるだけお金をかけずに家の荷物を梱包することは可能です。しかし、梱包や荷解きにかかる労力、そして運ぶ荷物の性質など、様々なことを考慮すると、自分で安く梱包する...

続きを読む

テレビやオーディオなどの配線は、後でわかるように目印をつけておく

引越しをした後に苦労することのひとつに、オーディオやPCなどの配線が挙げられます。こうしたものはとにかくごちゃごちゃしていますし、引越しで一度全部抜いてしまうと...

続きを読む

引越し前日までに冷蔵庫の電源を抜いておくこと

日常生活には欠かせない冷蔵庫ですが、引越し当日にすぐ動かせるよう準備をしておかなければいけません。場合によっては引越しの前日には電源を切る必要があります。古い冷...

続きを読む

事前に洗濯機のサイズと排水ホースの長さを確認しておくこと

最近の住宅では室内に洗濯機置き場がある場合がほとんど。そのために過去には少なかったトラブルに見舞われることも多いそうです。ここでは引越しでの洗濯機関連の注意点を...

続きを読む

新居へふとんを運ぶ際の梱包方法

ふとんの引越しには注意点こそ特にないものの、非常にかさばりますし梱包などが面倒です。しかしこうしたこともちょっとした工夫で楽ができますよ。ふとん袋への楽な梱包方...

続きを読む

高価な置物やAV機器は、保障対象外になる場合もあるので要注意!

引越しを業者に依頼すると、必然的に保険に加入することになります。これは荷物が破損してしまった場合に、修理や弁償をしてもらえるものです。しかし、実はこの保険では適...

続きを読む

ベッドやタンスなどの大型家具は引越し業者にお任せしよう

ベッドやタンス、ダイニングテーブルなど、大型の家具は梱包することができないので、基本的には引越し当日に業者に全てお任せするのが基本です。自分で無理に移動させたり...

続きを読む

パソコンの引越しは慎重に!必ずデータのバックアップをしておくこと

パソコンの引越しでもっとも注意したいのは、データの保管です。もちろんパソコン本体も高価な物なので破損には十分気をつけたいところですが、データの扱いには、本体以上...

続きを読む

石油ストーブを持って行く場合の注意点

灯油は危険物なので、引越し業者でも運ぶことはできません。ですので、ストーブのカセットコンロ内に灯油が残っている場合には、空焚きをして、必ず使い切っておきましょう...

続きを読む

預金通帳や有価証券などは、他の荷物に紛れ込ませてはダメ

引越し業者が守るべき決まりとして定められている「標準引越運送約款」では、依頼者の貴重品の運搬については拒否できることになっています。貴重品とは、具体的には次のよ...

続きを読む

引越し準備中に出たゴミは早めに処分すること

引越しが決まったら、まずは地域のゴミ収集予定日をカレンダーで確認しましょう。ゴミ収集は毎日行われていても、出すことのできるゴミの種類は限られているので、引越し日...

続きを読む

引越し業者に依頼しても運べない荷物はある?

いわゆる貴重品と呼ばれる荷物は、引越し業者に運んでもらうことは出来ません。これは「標準引越運送約款」にも定められており、業者は依頼されても断ることができます。預...

続きを読む

引越し業者の荷物一時預かりサービスを上手に活用しよう

家の増改築などを行う場合には、工事の期間中に一時的に賃貸物件などに住む人が多いと思います。その場合、部屋の広さの関係から、全ての荷物を運び込むことが難しい場合も...

続きを読む

粗大ごみを回収するための費用は?

引越しは、粗大ごみを処分するいい機会です。この際ですから、いらないものを全て処分し、家をスッキリさせましょう。また粗大ごみを処分しないで引越し先へ持って行ってし...

続きを読む

新居のレイアウトを2部用意して引越し業者に渡しておくこと

引越しが決まったら、新居の間取り図を利用して簡単なレイアウトを作りましょう。引越しの際には、新居到着後は荷物が次々と運び込まれるので、その場で荷物の置き場を考え...

続きを読む

引越しの際の衣類の梱包方法は?

衣類は数が多いので、引越しの際の梱包も、それなりに手間がかかります。衣類を効率よく梱包するための方法をまとめました。まずは季節外れのものから梱包しよう衣類は、引...

続きを読む

荷造りテープやひも、毛布なども場合によっては準備が必要

引越し荷物を梱包するには、ある程度の資材が必要になります。引越しの業者によっては、ダンボールや荷造りテープ、エアーキャップ(プチプチビニール)などを無料でくれる...

続きを読む

食器棚や本棚、机、ソファーなどを処分するにはどうしたら?

引越しの際、運ぶ荷物は少しでも少なくするのがコツとなります。引越し料金は荷物の量に大きく左右されますから、荷物が少なければ少ないほど、安くなるというわけです。特...

続きを読む

植木鉢を引越すための梱包の方法

植木鉢などの植物は、基本的には引越し業者は運ばないものとなっています。生き物ですから、物品と違って特別なケアが必要となり、そこまでのケアを、引越し業者はすること...

続きを読む

金魚鉢や水槽を引越すための梱包の方法

熱帯魚や金魚などを水槽で飼っている人がいると思います。引越しの際には、これらも運ばないといけないですね?ただし魚は、引越し業者は運んでくれません。特殊なケアを必...

続きを読む

人形ケースを引越しで運ぶ際の注意点

人形をケースに入れて飾っている人は、人形ケースも引越ししなければなりません。人形ケースは、たいていの引越し業者はお願いすれば、梱包を請け負ってくれます。ただし、...

続きを読む

引越の荷造りはいつから始めたらいい?

荷造りなどの引越しの準備は、いつから始めたらいいでしょうか?これは通常でも、最低でも1ヶ月前、春先の繁忙期なら、2ヶ月前から始めるのがオススメです。まず先決は引...

続きを読む

ビデオテープの梱包方法は?

CDやDVD、ビデオテープなどがかなりの量になる人もいると思います。これらの梱包の方法をまとめました。小さめのダンボールを使うのがポイントダンボールには、大きめ...

続きを読む

ママチャリなら買い替えもあり?自転車の運搬費用は意外と高い

引越しの時に意外と困るのが、ママチャリの行き先です。掃除や片付けのために旧家に戻る予定なら、置いておくと便利なので後から別に配送にしようと考えることもあるでしょ...

続きを読む

知ってた?引越しで仏壇を持っていく時の正しい手順

長男だと、先祖代々が祭られている仏壇を譲り受け、守っていくことが多いですよね。結婚すると、結局は奥さんがお仏壇の管理をすることが多いのですが、そもそも宗教・宗派...

続きを読む

引越すついでに防災グッズに不足がないかチェックしよう

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」なんていうことわざがありますが、今の日本は、熱さを忘れる前に次の地震が来るような、地震の活動期に入っています。日本に住んでいる限り、...

続きを読む