引越しのミカタ

荷造りの注意点や不用品処分のコツ

引越しが決まったら、まずは不用品の分別を始めましょう。荷物はどんどん増えていくものなので、引越しはいらない物を処分するチャンスです。「使うかどうかわからない」物や「何年も使っていない」物は思い切って処分してしまいましょう。処分の手順は次のような優先順位で行うと良いでしょう。@リサ...
引越しでは、いかに新居へ運ぶ荷物を少なくするかという点が、料金を安くするコツ。そうでなくても身の回りの不要品を整理する絶好の機会でもあります。そこで、要らない物のちょっとお得な処分方法をお教えしましょう。本やCDの中にはお宝が潜んでいる可能性も?引越しの際に真っ先に「不要品」とし...
不要になったにも関わらず、リサイクルショップにも引き取ってもらえなかった家電や家具。かといって、捨てるのには様々な面倒が付きまといます。そのため、まずは引き取り手がどうしてもつかないか、少し調べてみる必要があるかもしれません。まずは知人や友人に聞いてみようたとえば子供が大きくなっ...
引越しで最も面倒な作業は荷造りに他なりません。ですが、この荷造りも便利な梱包資材などをあらかじめ用意しておけば、スムーズに作業を進めることができるでしょう。ここでは荷造りの際に役立つ様々なアイテムを紹介します。日常生活では不要品でも引越しには必要まず押さえておきたいのは、特に引越...
ダンボールは引越しに不可欠な梱包資材ですが、何をしなくても、「うちにはダンボールがいっぱいあるよ」というご家庭は少ないと思います。そこで引越しが決まったら、まずはこのダンボール調達からはじめるべきでしょう。ダンボールは業者からもらえるダンボールを集めるのに最も簡単なのは、業者にも...
引越しの際はダンボールの底を交差させる程度に組み立てるのは、底が抜ける危険性があるので、必ずやめてましょう。梱包用のダンボールは、底をしっかり閉じて、綴じ目をガムテープで止め、さらに十字になるよう、中央に1本ガムテープを張っておくとより強度が増すでしょう。また強度を強めようと、や...
引越しの梱包材として、無料で大活躍する新聞紙。ここでは有効利用の方法を紹介したいと思います。食器類の梱包材に利用しよう専用ボックスがない限り、ひとつひとつをしっかり梱包しなければダンボールの中で大惨事を招く食器類ですが、新聞紙を利用すれば安心です。梱包の際は食器に新聞紙を重ねるだ...
少しの衝撃でも割れてしまう可能性のあるガラスや陶器類の梱包には特に気を使うもの。他の荷物以上にしっかり梱包し、あとあと後悔のないように注意しましょう。ひとつずつ注意して梱包しよう割れ物の梱包は丁寧にやりすぎるぐらいでもかまいません。まず、梱包はひとつずつしっかり新聞紙を巻くように...
引越しの荷物の中でもかなり厄介なのが、割れ物ですが、その中でもさらに危険なのがこのビン類です。こうしたものは割れ物である上、梱包の仕方にも注意しなければいけません。開封済みのビンは使いきるようにしよう割れ物はしっかり梱包しなければ、運搬中に破損してしまう可能性が高く、そのせいで荷...
刃物などは怪我の原因になるため、梱包方法などに注意しましょう。また注意したいのは梱包時だけではありません。刃物の梱包は布や新聞紙などでやらないこと刃物の梱包の際に注意すべきはその梱包材です。他の荷物などと同様に新聞紙でくるむだけなどというのはもちろんのこと、タオルなどでくるんでお...
できるだけお金をかけずに家の荷物を梱包することは可能です。しかし、梱包や荷解きにかかる労力、そして運ぶ荷物の性質など、様々なことを考慮すると、自分で安く梱包するより業者の専用BOXを利用したほうが良い場合もあります。ここではそういった特殊な梱包資材について、説明しましょう。スーツ...
引越しをした後に苦労することのひとつに、オーディオやPCなどの配線が挙げられます。こうしたものはとにかくごちゃごちゃしていますし、引越しで一度全部抜いてしまうと、再度接続するのにも一苦労。しかしそんなややこしい配線も少し工夫をするだけで、元通りにするのは意外に簡単なものです。配線...
日常生活には欠かせない冷蔵庫ですが、引越し当日にすぐ動かせるよう準備をしておかなければいけません。場合によっては引越しの前日には電源を切る必要があります。古い冷蔵庫の場合は特に注意引越しの際には冷蔵庫の中を空っぽにしておく必要があります。そのため引越しが決まったら徐々にその中身を...
最近の住宅では室内に洗濯機置き場がある場合がほとんど。そのために過去には少なかったトラブルに見舞われることも多いそうです。ここでは引越しでの洗濯機関連の注意点を紹介します。意外に多い洗濯機のサイズトラブル過去に設計された住宅などでは、洗濯機はベランダなどの室外に置くことが多かった...
ふとんの引越しには注意点こそ特にないものの、非常にかさばりますし梱包などが面倒です。しかしこうしたこともちょっとした工夫で楽ができますよ。ふとん袋への楽な梱包方法家具や家電などはともかく、引越しではふとんの運搬が意外な大仕事になります。とにかく量がかさばりますので、できるだけコン...
引越しを業者に依頼すると、必然的に保険に加入することになります。これは荷物が破損してしまった場合に、修理や弁償をしてもらえるものです。しかし実はこの保険では適用外になる荷物もいくつかあります。こうした荷物を引っ越す場合には必ず注意しておきましょう。高価な品物は補償できない万が一、...
ベッドやタンス、ダイニングテーブルなど、大型の家具は梱包することができないので、基本的には引越し当日に業者に全てお任せするのが基本です。自分で無理に移動させたり養生などをしようとすると、家具を壊してしまったり、住居を傷つける場合もあるのでかえって危険です。引越し当日までに、ベッド...
パソコンの引越しでもっとも注意したいのは、データの保管です。もちろんパソコン本体も高価な物なので破損には十分気をつけたいところですが、データの扱いには、本体以上に気を配る必要があります。引越し前に必ずバックアップをとって、全てのデータを保存しておきましょう。万が一パソコンが破損し...
灯油は危険物なので、引越し業者でも運ぶことはできません。ですので、ストーブのカセットコンロ内に灯油が残っている場合には、空焚きをして必ず使い切っておきましょう。引越し当日に灯油が残っている場合、運んでもらえない可能性があるので注意が必要です。なお、残った灯油をむやみに捨てることは...
引越し業者が守るべき決まりとして定められている「標準引越運送約款」では、依頼者の貴重品の運搬については拒否できることになっています。貴重品とは、具体的には次のようなものを指します。現金預金通帳宝石や貴金属実印有価証券小切手手形キャッシュカード商品券など特に貴金属や宝石などをたくさ...
引越しが決まったら、まずは地域のゴミ収集予定日をカレンダーで確認しましょう。ゴミ収集は毎日行われていても、出すことのできるゴミの種類は限られているので、引越し日までの予定を確認しておくことが大切です。特に不燃ゴミや再生資源ゴミの場合、自治体によっては月に数回しか回収していない場合...
いわゆる貴重品と呼ばれる荷物は、引越し業者に運んでもらうことは出来ません。これは「標準引越運送約款」にも定められており、業者は依頼されても断ることができます。詳しくは、預金通帳や有価証券などについてのページも参照してみてください。現金や有価証券、通帳、貴金属などの貴重品は、必ず自...
家の増改築などを行う場合には、工事の期間中に一時的に賃貸物件などに住む人が多いと思います。その場合、部屋の広さの関係から、全ての荷物を運び込むことが難しい場合もあるでしょう。このような時は、引越し業者の「荷物一時預かりサービス」を利用すると便利です。このサービスの特長は、引越しと...
引越しは、粗大ごみを処分するいい機会です。この際ですから、いらないものを全て処分し、家をスッキリさせましょう。また粗大ごみを処分しないで引越し先へ持って行ってしまうと、引越し料金も高くなります。引越し料金は、荷物の量によって大きく変わってくるからです。粗大ごみを運んで引越し料金が...
引越しが決まったら、新居の間取り図を利用して簡単なレイアウトを作りましょう。引越しの際には、新居到着後は荷物が次々と運び込まれるので、その場で荷物の置き場を考えていては指示が間に合わなくなってしまいます。そこであらかじめ荷物の置き場所を書いた間取り図を作成した上で、それをコピーし...
衣類は数が多いので、引越しの際の梱包も、それなりに手間がかかります。衣類を効率よく梱包するための方法をまとめました。まずは季節外れのものから梱包しよう衣類は、引越し直前まで毎日着るものですから、どのような順番で梱包するかが問題です。まずは引越しまで着る可能性がない、季節外れのもの...
引越し荷物を梱包するには、ある程度の資材が必要になります。引越しの業者によっては、ダンボールや荷造りテープ、エアーキャップ(プチプチビニール)などを無料でくれるところもあります。でもそうでない場合には、自分で用意しなくてはいけません。荷造りテープ荷造りテープは、紙製のものと布製の...
引越しの際、運ぶ荷物は少しでも少なくするのがコツとなります。引越し料金は荷物の量に大きく左右されますから、荷物が少なければ少ないほど、安くなるというわけですね?特に大型の、食器棚や本棚、机、ソファーなどは、もし不要なら、必ず処分してしまいましょう。大型の家具を処分すると、引越し料...
植木鉢などの植物は、基本的には引越し業者は運ばないものとなっています。生き物ですから、物品と違って特別なケアが必要となり、そこまでのケアを、引越し業者はすることができないからです。ですから植木鉢を間違いなく引越すためには、植物輸送の専門業者に依頼することが必要です。専門業者はきち...
熱帯魚や金魚などを水槽で飼っている人がいると思います。引越しの際には、これらも運ばないといけないですね?ただし魚は、引越し業者は運んでくれません。特殊なケアを必要とする生き物は、引越し業者は運ばないことになっているからです。なので水槽は、専門業者に輸送を依頼するか、自分で運ぶかし...
人形をケースに入れて飾っている人は、人形ケースも引越ししなければなりません。人形ケースは、たいていの引越し業者はお願いすれば、梱包を請け負ってくれます。ただし、大切な人形などなら、引越し荷物に入れるのでなく、自分で車に載せて運ぶこともあるでしょう。その場合のやり方をまとめました。...
荷造りなどの引越しの準備は、いつから始めたらいいでしょうか?これは通常でも、最低でも1ヶ月前、春先の繁忙期なら、2ヶ月前から始めるのがオススメです。まず先決は引越し業者を探すこと引越しの準備で、全てに先立ってしなくてはいけないのは、引越し業者を探すことです。引越し業者が決まらなけ...
CDやDVD、ビデオテープなどがかなりの量になる人もいると思います。これらの梱包の方法をまとめました。小さめのダンボールを使うのがポイントダンボールには、大きめのものと小さめのものと、2種類があると思います。2種類の使い分けは、衣類など軽い物は大きなダンボール書籍や食器など重い物...
引越しの時に意外と困るのが、ママチャリの行き先です。掃除や片付けのために旧家に戻る予定なら、置いておくと便利なので後から別に配送にしようと考えることもあるでしょう。一見賢い方法のようですが、それって本当にお得なんでしょうか?それでは、引越しトラックに積まなかったママチャリにかかる...
長男だと、先祖代々が祭られている仏壇を譲り受け、守っていくことが多いですよね。結婚すると、結局は奥さんがお仏壇の管理をすることが多いのですが、そもそも宗教・宗派が違ったりするともう何がなんだかわからず、お寺さんによってもかなり解釈が違うこともあるため、正解がわかりにくいのではない...
「喉元過ぎれば熱さを忘れる」なんていうことわざがありますが、今の日本は熱さを忘れる前に次の地震が来るような、地震の活動期に入っています。日本に住んでいる限り、自分の家は大丈夫なんて決して言えませんよね。2016年に起きた熊本地震をはじめ、過去に起きた震災から引越しを機に考えたい防...