無料、または有料で引越し荷造り用のダンボールを集める

ダンボールは引越しに不可欠な梱包資材ですが、
何をしなくても、「うちにはダンボールがいっぱいあるよ」
というご家庭は少ないと思います。

そこで引越しが決まったら、
まずはこのダンボール調達からはじめるべきでしょう。

ダンボールは業者からももらえる

ダンボールを集めるのに最も簡単なのは、業者にもらうことでしょう。

すでに引越し業者と契約をしている場合、
「ダンボールが欲しい」と連絡をすれば、
事前に無料で家まで届けてくれることでしょう。

一見、こうした梱包資材は、
業者が無料でくれているように見えますが、実はそうではありません。

業者は引越し契約の際に、
こうした梱包資材の費用も料金に加えている可能性が高いです。

そのため、もしダンボールを自力で集めることができて、
業者の梱包資材は必要ないというのであれば、
契約以前にそのことを伝え、値引き交渉を行なうのが賢い方法と言えるでしょう。

ダンボールは無料で集められる

自力でダンボールを集める場合は、近所のお店に言えば無料でもらえます。

  • ドラッグストア
  • スーパーマーケット
  • コンビニエンスストア

などを回れば、引越しに使用するダンボールは十分に集まるはずです。

さて、ダンボールを集める場合には、
以下の点に留意して集めるようにしましょう。

大中小と3種類ぐらいのダンボールを集めておく

本などを入れるのは小サイズ、衣服は大サイズと使い分けるため

極力同じサイズのダンボールを集める

荷積みをする場合などに同一サイズなら荷崩れもしにくい

食品関係のダンボールは避ける

水分を吸って強度が低く、また臭いなどが荷物につく場合もある

上記の点に注意しても、
数ヶ所のお店を回ればすぐに数十枚のダンボールは集まります。

ただし、とにかく量が多くかさばりますので、
ダンボールをもらいにいく場合は車などを用意するようにしましょう。

大事な荷物は有料のダンボールを使おう

自分でダンボールを集めれば安くつきますし、
業者を待たずに荷造りをはじめることができます。

しかしここで気になるのがもらってきたダンボールの強度です。
こうした廃棄のダンボールは、
一度使われたもので当然強度は落ちています。

物によっては折りたたまれて、
さらに弱くなっていることもあるでしょう。

こうしたダンボールは普通に使う分にはかまいませんが、
食器など破損する可能性のある荷物を入れたり、
本など重量のある荷物を入れるのには適していません。

そういった不安がある場合には、
素直に業者にもらうなり、新品のダンボールを利用すると良いでしょう。

引越し料金を安くするカギはダンボールが握ってる!?

少し大げさに書きすぎましたが、
引っ越しの料金を左右するひとつに、
ダンボールの量があります。

ダンボールを減らす方法は、
もちろん持っていく荷物を減らすことです。

この考え方で荷造りを進めれば、
もしかしたら数万円安くすることもできるかもしれません。

うまく処分することができたら、
引越し料金が0円になる可能性すらあります。

不用品の処分については、下記の記事で詳しく解説していますので、
これらの記事を参考に、自分の力で引越し料金を安くしちゃいましょう。

あわせて読みたい記事

おすすめの一括見積もりサイト

引越し達人
引越し達人

引越し達人は一括見積もりサイトの中では老舗に入るサイトで、
15年以上の運営歴史があります。

昔から運営しているだけあって信頼度は高く、
安心して利用できる引越し業者がたくさん登録されています。

また、最大で60,000円のお祝い金など、
お得なプレゼントも色々あるので、どれか一つを選ぶなら、
まずは引越し達人を使って探すのがおすすめです。

公式サイトはこちら

LIFULL引越し
LIFULL引越し

TVCMでもお馴染み「HOME’S」が運営していたサイトが、
リニューアルされてLIFULL引越しになりました。

一括見積もりサイトとしては比較的新しいので、
その分特典なども充実していてお得感があります。

見積もりサイトによって割引や特典が違うので、
一回覗いてみてどれを使うか決めるのもいいですね。

公式サイトはこちら

引越し侍
引越し侍

奇抜なテレビCMで話題の、引越し侍の一括見積もりサイトです。

知名度が高く、230社以上の業者が登録されいていて、
キャッシュバックなどのキャンペーンも頻繁におこなっています。

少しでも多くの業者を比較したいなら引越し侍を使ってみましょう。

公式サイトはこちら


この記事に関連するページ

効率良く荷物を整理するためのポイント【まとめ】
引越し前にいらない物をリサイクルショップで売れば二重でお得!
リサイクルショップで買取りしてくれなかった荷物を処分する方法
荷作りをする前に準備しておくべきものを確認しよう
ダンボールの正しい組み立て方と荷物を詰める際のコツ
古新聞は荷造りで使えるので前もってためておこう
ガラスや陶器などの割れ物を荷造りする際の注意点
びん類を上手に梱包する方法
包丁などの刃物を梱包する時は厳重に!
ハンガーBOXを使うとコートやスーツが楽に運べる
テレビやオーディオなどの配線は、後でわかるように目印をつけておく
引越し前日までに冷蔵庫の電源を抜いておくこと
事前に洗濯機のサイズと排水ホースの長さを確認しておくこと
新居へふとんを運ぶ際の梱包方法
高価な置物やAV機器は、保障対象外になる場合もあるので要注意!
ベッドやタンスなどの大型家具は引越し業者にお任せしよう
パソコンの引越しは慎重に!必ずデータのバックアップをしておくこと
石油ストーブを持って行く場合の注意点
預金通帳や有価証券などは、他の荷物に紛れ込ませてはダメ
引越し準備中に出たゴミは早めに処分すること
引越し業者に依頼しても運べない荷物はある?
引越し業者の荷物一時預かりサービスを上手に活用しよう
粗大ごみを回収するための費用は?
新居のレイアウトを2部用意して引越し業者に渡しておくこと
引越しの際の衣類の梱包方法は?
荷造りテープやひも、毛布なども場合によっては準備が必要
食器棚や本棚、机、ソファーなどを処分するにはどうしたら?
植木鉢を引越すための梱包の方法
金魚鉢や水槽を引越すための梱包の方法
人形ケースを引越しで運ぶ際の注意点
引越の荷造りはいつから始めたらいい?
ビデオテープの梱包方法は?
ママチャリなら買い替えもあり?自転車の運搬費用は意外と高い
知ってた?引越しで仏壇を持っていく時の正しい手順
引越すついでに防災グッズに不足がないかチェックしよう