自分のエアコンを持って行く場合の引越し料金について

エアコンは輸送自体は通常荷物と同じ扱いになるので、
運送費はさほど高くなることはありません。

問題になるのは「エアコンの工事代」です。

エアコンの取り外しや取り付けには、
2万円前後の追加費用がかかります。

ただし新居のエアコンの取り付け環境によっては、
さらに費用がかかる可能性もあります。

コンセントの形状が違ったり、ホースの長さが足りない
といったケースはよくあるトラブルですが、
こうした追加の費用だけでもさらに2万円程度かかる場合もあるので、
総額が4万円くらいになるケースもあります。

こうした工事費用は当日引っ越してみて、初めてわかることも少なくありませんが、
業者によっては工事費用を一式として定額にしているところもあるので、
見積もりの際に詳しく確認するようにしましょう。

エアコンは買い換えた方がお得

上にも説明したように、エアコンの工事費用は高額なことが多く、
場合によってはエアコンを買い換えた方がお得になることもあります。

ワンルーム用のエアコンであれば5万円以下のものもあるので、
引越しを機に購入を検討してみると良いでしょう。

その際は現在のエアコンはそのまま置いて行くことをおすすめします。

エアコンはリサイクル法適用の家電なので、処分するにも費用がかかります。

そのため現在の部屋に置いていった方が処分代がかからない分、
お得になる可能性があります。

またエアコンはデリケートな家電なので、基本的には移動には適していません。

引越しの際の移動で壊れてしまうこともあるので、
こうしたリスクを考慮すると持っていくメリットは意外と少ないのです。

大家さんに交渉してみよう

新居にエアコンがついていない場合は、
契約前にエアコンをつけてもらえないか大家さんに交渉してみましょう。

最近ではエアコン付の物件が多くなっていることに加えて、
ワンルーム用の比較的手ごろなエアコンも登場していることから、
こうした交渉に応じてくれる大家さんも少なくありません。

家賃や敷金・礼金の値引き交渉に比べて、
住居の資産になることから交渉も進めやすいでしょう。

また退去する部屋にエアコンを残して行く場合も、
買い取ってもらえないか交渉してみましょう。

価格は安いかもしれませんが、処分することに比べればかなりお得です。

引越し費用を少しでも節約するためにも、
恥ずかしがらずにまずは確認してみることをおすすめします。

この記事のまとめ
  • エアコンの工事費相場は2万円以上
  • 引越しを機にエアコン買い替えも検討しよう
  • 大家さんに交渉してエアコンを取り付けてもらおう