冷蔵庫のせいで壁紙が電気焼けしてしまった場合はどちらの負担?

家電製品は壁の電気焼けを起こす原因になります。
中でも冷蔵庫は大型なので、壁に接する範囲が広くなることも気になる点です。

退去時に冷蔵庫を動かすと後ろの壁が変色していることがありますが、
これは通常の使用範囲の消耗として扱われるのが基本です。

というのも冷蔵庫は生活必需品なので、
貸し主も「冷蔵庫を設置するな」とは言えないからです。

そのためたとえ壁が電気焼けしていても、原状回復の範囲外となるのです。

電気焼けの程度によってOUTになることも

ただし電気焼けの程度や貸し主の判断によっては、
修繕費を請求される場合もあります。

程度については特に基準はありませんが、
変色がひどい場合やキッチン以外の場所に冷蔵庫を設置していた場合などは
請求される可能性があります。

冷蔵庫と壁の距離が近いほど電気焼けを起こしやすくなるので、
冷蔵庫を設置する際には壁から離して設置するようにしましょう。

また賃貸物件のように限られた間取りの場合には、
冷蔵庫置き場が決まっている場合もあるので、
その位置を利用して設置することをおすすめします。

他の部屋や想定外の場所に設置することで、
壁紙の張り替え範囲が広くなってしまうと、
追加請求の対象になることもあるので注意しましょう。

電気焼けを未然に防ごう

賃貸契約書には家電品による電気焼けについてまで記載されていることは稀です。
通常は「借り主は原状回復の義務がある」というような内容があるだけです。

そのため貸し主と借り主の認識の違いから、
電気焼けの処理についても退去時にトラブルになることがあります。

基本的には、
「冷蔵庫は生活必需品であり、その設置による電気焼けはやむを得ない。
そのため原状回復の対象外とする」という考え方が原則ですが、
大家さんの認識が異なると退去時にもめる原因になるので、
できれは電気焼けの対策などをして、トラブルを未然に防ぐようにしましょう。

最も良い方法は、壁から10cm程度離して設置することです。
これである程度は電気焼けを防ぐことができます。

また最近では冷蔵庫の裏面からは熱が発せられないタイプも登場しており、
壁に近づけて設置できるものもあるので、
こうした冷蔵庫を利用するのも一つの方法です。

壁を何かで覆ってカバーする方法もありますが、
逆にカビなどが発生することもあるので、
この対策をする場合には定期的に壁の状態もチェックするようにしましょう。

あわせて読みたい記事

おすすめの一括見積もりサイト

引越し達人
引越し達人

引越し達人は一括見積もりサイトの中では老舗に入るサイトで、
15年以上の運営歴史があります。

昔から運営しているだけあって信頼度は高く、
安心して利用できる引越し業者がたくさん登録されています。

また、最大で60,000円のお祝い金など、
お得なプレゼントも色々あるので、どれか一つを選ぶなら、
まずは引越し達人を使って探すのがおすすめです。

公式サイトはこちら

LIFULL引越し
LIFULL引越し

TVCMでもお馴染み「HOME’S」が運営していたサイトが、
リニューアルされてLIFULL引越しになりました。

一括見積もりサイトとしては比較的新しいので、
その分特典なども充実していてお得感があります。

見積もりサイトによって割引や特典が違うので、
一回覗いてみてどれを使うか決めるのもいいですね。

公式サイトはこちら

引越し侍
引越し侍

奇抜なテレビCMで話題の、引越し侍の一括見積もりサイトです。

知名度が高く、230社以上の業者が登録されいていて、
キャッシュバックなどのキャンペーンも頻繁におこなっています。

少しでも多くの業者を比較したいなら引越し侍を使ってみましょう。

公式サイトはこちら