単身引越しの場合でも、便利屋ではなく引越し業者を利用すること

引越しを業者に頼むのは料金的にもったいない、
かといって自力引越しは難しそう。

こうした理由から、
料金も安く、自分も楽ができる「便利屋」に引越しを依頼する人もいるそうです。

しかし、この選択は間違いであるといわざるを得ません。
これからその理由を説明しましょう。

便利屋は決して引越しのプロではない

便利屋や何でも屋と呼ばれる業者の中には、
引越しを可能業務のひとつとして依頼を請け負っているところもあるようです。

しかし、便利屋はあくまでなんでもやるというだけで、
さして引越しの作業に精通しているわけではありません。

極端に言えば素人も同然で
「荷物をただ運べばいい」と考えている程度といっても過言ではありません。

そのため、荷物の取り扱いや荷造り・荷解き、
何をとっても引越し業者のレベルには遥かに及ばないのが現状です。

ましてや悪質な業者の場合、引越し業務を行なう認可も受けておらず、
保険にもまったく加入していないことすらあります。

丁寧な作業もできず、万が一事故があっても保険が利かない、
そんな業者に引越しを依頼することができるか、よく考えてみてください。

それでも便利屋を利用したい、というのであれば、
せめて引越しの認可を受けているか、保険の有無はあるか、
といった最低限の事柄だけは確認しておきましょう。

便利屋に頼んだほうが安い、というわけではない

正規の業者ではなく便利屋に引越しを依頼しようと考える理由は、
ひとえに料金の違いにあると思います。

しかし、どんな引越しであれ、
便利屋に頼んだほうが安いというのははっきり言って間違いです。

もちろん業者によるでしょうが、便利屋に仕事を依頼すると、
サービス料金のほかに必要経費を請求される場合がほとんどだそうです。

この必要経費には、レンタカー代や駐車場代、ガソリン代、梱包資材代
そして場合によっては昼食代なども含まれることがあります。

こういったものを加味していくと、
結局正規業者に依頼するのと同等、もしくは高くなるケースさえあります。

さらに、こうした料金を請求した上で、
引越し業者とは異なり、自分も作業に加わる必要があることもしばしば。

料金は安くなく、疲れも残るのでは何のために便利屋を雇ったのか、
まったく分からなくなってしまいます。

安く引越したいならば、正規業者の見積もり比較を

誰かに依頼をして引越しをしながら、
極力安く抑えたい、というのであれば、
まずインターネットで見積もり比較サービスを利用しましょう。

その上で、最も安い業者を探し、
さらに値引き交渉をすれば、引越し料金はかなり安くなります。

必要であれば、引越し時期や曜日、時間帯も考慮しましょう。

また、引越し業者はニーズに応じた多種多様なプランを用意しています。
こうしたプランにマッチすれば、
通常の引越しからは想像もできないほどの安値で依頼ができるでしょう。

ただし、そこまで見積もりをした上で、
便利屋のほうが安く、しかも保険もしっかりつくというのであれば、
引越しを依頼することを考えてもいいでしょう。

とはいえ、それほど安さにこだわるのであれば、
多少作業が長引いても自力引越しも検討してみるべきかもしれませんね。

あわせて読みたい記事