単身引越しは荷物が少ないので梱包に使う資材も自分で集めよう

単身引越しのメリットはなんといっても引越しに関わる労働量が少ないこと。

そこで引越しをできるだけ安くしようとするのであれば、
自分でできることはすべてやってしまっておきましょう。

そうすることでより安い引越しを実現できますよ。

余裕があれば梱包は自分でやろう

引越しを少しでも安くしたいのであれば、
荷造りは自分で行なうのが基本です。
これは単身引越しならばなおさらでしょう。

荷造りを業者に依頼しようとすると、
それだけでお金がかかってしまいます。
しかもその場合の料金も10,000円はくだらないでしょう。

もし一人暮らしで荷物が少ないのであれば、
荷造りだけに1万円以上もかけるのは愚の骨頂。

労働時間などを考慮しても、自分でやったほうが遥かに効率的ですね。

梱包資材を集めて値引き交渉を有利にしよう

知らない人は気にすることもないでしょうが、
実のところ、引越しで業者が無料で提供してくれる梱包資材は、
完全に無料というわけではありません。

ああいった梱包資材は「無料で提供する」といいながら、
実は引越しの基本サービス料に含まれていたりするものです。

もちろん、あからさまに
「梱包資材が基本料金に含まれていると聞いた。
 自分で集めるから安くしてくれ」というわけではありませんが、
「梱包資材は要りませんので、もう少し安くならないか」
と交渉すれば業者によって2,3千円ぐらいは安くしてくれるでしょう。

ちなみにダンボールなどは、
付近のドラッグストアやコンビニなどで簡単にもらうことができます。

ただし、引越し間際になって集め始めると、
最悪の場合、梱包資材が足りないなんてことにもなりかねません。

できれば早めに集めておき、
下見見積もりの頃には十分足りているぐらいにしておきましょう。

あわせて読みたい記事