単身引越しパック(プラン)を利用すると損する場合もある

引越し業者は客のニーズに合わせて様々なプランを用意しており、
単身者パックもそのうちのひとつ。

現在では多くの業者が似たようなプランを提供していますので、
荷物が少ない場合など、選択肢のひとつに加えておきましょう。

安さがウリの単身者パックとは?

単身者パックとは一人暮らしの引越し専用のプランです。

荷物の運搬には専用BOXを使うため、
積み込める荷物の量は限られているものの、
条件に合えば他の引越しプランとは比較にならない安さを誇っています。

代表的なパック料金を紹介しますと、

  • クロネコヤマト:14,700円〜
  • 日本通運:17,850円〜

などとなっており、通常の引越しに比べていかに安いか分かりますね。

上記の業者のほかにも、大手引越し業者であれば、
大体単身者パックがありますので、
引越しの前に比較するようにしてみましょう。

単身者パックでの値引き交渉はできない

引越しでは見積もりを取った上で値引き交渉するのが普通ですので、
こうした単身者パックなどでも、「交渉すればもっと安くなるのでは」
と思う方もいるかもしれません。

しかし、単身者パックに限らず、
専用のプランは原則として値引き交渉はできません。

こういったプランは、特殊な条件を設定する代わりに、
その分限界まで安くするという固定価格です。

そのため、単身者パックで限度とされている荷物量より少なかろうが、
距離がいかに短かろうが、値段は基本的に同じと考えましょう。

単身者パックにすると高くなる場合もある?

単身者パックは通常の引越しプランに比べて安いのは事実です。
しかし、場合によってはこういったプランを利用しないほうが
安くつく場合もあるので注意しましょう。

以下はその一例です。

荷物が極端に少ない

単身者パックで使用する専用BOXにかなり余裕が出るほどの荷物量であれば、
むしろ引越しするよりも宅配便などで荷物を送ったほうが安いこともあります。
ただし、この場合家電などは自分で運ぶことになるので注意しましょう。

荷物が専用BOXに収まらない

単身者パックでは専用BOXをしようして荷物の運搬を行ないますが、
この専用BOXに収まりきらない場合、
追加料金を支払って別で運んでもらうことになります。

特に注意したいのは後者の場合で、思った以上に荷物量が多かったり、
専用BOXに収まりきらないほど大きな荷物があると、どうしようもありません。

こういったパックでは基本料金が安い分、
追加料金は高めに設定されていることが多いため、
下手をすると通常の引越し料金よりも高くなるかもしれません。

単身者パックを利用して安くなるのは、
「確実に専用BOXに荷物が収まる」場合のみ、
というのを頭にいれておきましょう。

ちなみに、上記のような理由で単身者パックの利用が不安だ、
という場合には、業者に下見見積もりを依頼して、
現物を見てもらうのが一番でしょう。

遠慮せずに、単身者パックを使ったほうが安くなるか聞けば、
業者もしっかりと調べた上で答えてくれると思います。

この記事のまとめ
  • 単身者パックは値引き不可
  • 必ずパックが安くなるとは限らない

おすすめの一括見積もりサイト

引越し達人
引越し達人

引越し達人は一括見積もりサイトの中では老舗に入るサイトで、
15年以上の運営歴史があります。

昔から運営しているだけあって信頼度は高く、
安心して利用できる引越し業者がたくさん登録されています。

また、最大で60,000円のお祝い金など、
お得なプレゼントも色々あるので、どれか一つを選ぶなら、
まずは引越し達人を使って探すのがおすすめです。

公式サイトはこちら

LIFULL引越し
LIFULL引越し

TVCMでもお馴染み「HOME’S」が運営していたサイトが、
リニューアルされてLIFULL引越しになりました。

一括見積もりサイトとしては比較的新しいので、
その分特典なども充実していてお得感があります。

見積もりサイトによって割引や特典が違うので、
一回覗いてみてどれを使うか決めるのもいいですね。

公式サイトはこちら

引越し侍
引越し侍

奇抜なテレビCMで話題の、引越し侍の一括見積もりサイトです。

知名度が高く、230社以上の業者が登録されいていて、
キャッシュバックなどのキャンペーンも頻繁におこなっています。

少しでも多くの業者を比較したいなら引越し侍を使ってみましょう。

公式サイトはこちら