金融機関(銀行)の住所変更手続きについて

普段はあまり意識せずに使っている銀行ですが、
引越しするとなると各種手続きなどでいやでもお世話になることに。

特に新居周辺にある銀行の支店はチェックしておいて損はありません。

新居周辺にどんな銀行があるか調べておこう

引越しが決まったら、まず確認したいのが新居周辺の銀行事情です。
実は銀行の展開図は地域によって大きく異なります。

そのため、旧居周辺に支店があった銀行でも、
新居に移ると周りに支店がなかったりすることもあるのです。

そうなると普段使いの銀行も変わってきますし、
各種引き落としなどの銀行を変える必要も出てきます。

特に郊外への引越しを考えている方や
現在メインで利用しているのが地域の信用金庫などであるという方は、
引越しに伴って状況が一変する可能性大ですのでご注意を。

利用しない銀行口座があれば解約を

新居の周辺に支店がなかった、
などの理由で使わなくなった銀行口座ができた場合は、
できる限り解約をしたほうが無難です。

なぜなら利用しなくなった口座を置いておいても
それで得をするということは別段ありませんし、
万が一盗難などの被害にあった場合に悪用される恐れもあります。

また抱える口座が多いと、その分だけ通帳や印鑑の管理も難しくなりますし、
パスワードなどの混乱を招く原因にもなります。

もちろん、口座の引き落としや給料振込み、
その他の理由で複数の口座が必要な場合はこの限りではありません。

引越しの際には通帳や印鑑をまとめておくと楽

新居に移った後も、普段使いしていた銀行の支店があるなら問題ありませんが、
そうでない場合は複数の銀行で様々な手続きを行なう必要があります。

また場合によっては勤務先の会社に持って行き、
銀行振り込み先を変更してもらったりする必要もあるでしょう。

こうしたことを考え、引越しにあわせて、
通帳や印鑑などをひとまとめにしておくと後々探す必要もなく便利です。

なお、新たに別の銀行口座を開設する必要がなく、
メインの取引銀行の支店があった場合でも、
この支店で住所変更などの手続きを行なう必要があります。

これには住民票や住所書き換え後の免許証などが必要になりますので、
印鑑などを同じくまとめて管理しておきましょう。

あわせて読みたい記事