家の床や壁を、引越し業者が作業中に傷つけてしまったら?

荷物の破損と同じく、住居施設の破壊などに関しても、
引越し業者の保険が適用されます。

ただしトラブルを避けるためにも、
事故が発覚した場合は迅速な対応と適切な行動を心がけましょう。

業者のつけた傷は保険で補償される

引越し作業中に住居に傷がついた場合などは、
荷物の破損などと同じく業者の保険で修理費が補償されます。

ただし、こうした住居への被害も、
引越し作業との関連性が証明できない限り、
保険が適用されないことになりますので注意が必要です。

本人の知らぬところで住居に傷がついていて、
後で発覚したなんてことのないように、
引越し作業にはきっちり立ち会うようにしておきましょう。

できるだけ事故は現場で押さえるようにしよう

あとで荷解きをする荷物の破損などは分かりやすいものですが、
住居に傷がついた場合などは、
その瞬間に居合わせなければなかなか分かりづらいものです。

そのため、引越し作業中はできるだけ作業員全員の動きが分かるようにしておき、
なにか問題があった場合にすぐに駆けつけられるようにしておきましょう。

特にこういった住居の傷などに関して、
業者によっては「バレないから放っておけ」という指示が出されることもあるのだとか。

こういった隠匿は許されるものではありませんので、
作業中などなにか不審な物音などがした場合は、
遠慮せずに業者に問いただすようにしたほうが良いでしょう。

トラブルが起きたら証拠写真を撮っておこう

万が一こうしたトラブルが起きた際には、
その場ですぐに証拠写真を撮るようにするのが鉄則です。

なぜなら、こうした住居に傷をつけた場合などは、
引越し業者と大家さんや管理人などとの交渉になるケースが多くあるためです。

こうした場合、要求されたときに、
引越し作業中の事故であったことを示す証拠が必要になるというわけです。

撮影方法に関しては、

  • 傷がついた場所が分かるように遠めから一枚
  • そして傷の状況が分かるようにアップで一枚

それぞれ撮影しておき、きちんと日時も表示されるように設定しておきましょう。

またこういった事故が起きた場合は、
その場で業者に保険が適用されることを確認し、
自分で住宅管理会社などに連絡するよう心がけましょう。

この記事のまとめ
  • 住居の破損も基本的には保険で補償される
  • 発覚したら作業中にその場でチェックしよう
  • トラブルが起きたときのために撮影は忘れずに

おすすめの一括見積もりサイト

引越し達人
引越し達人

引越し達人は一括見積もりサイトの中では老舗に入るサイトで、
15年以上の運営歴史があります。

昔から運営しているだけあって信頼度は高く、
安心して利用できる引越し業者がたくさん登録されています。

また、最大で60,000円のお祝い金など、
お得なプレゼントも色々あるので、どれか一つを選ぶなら、
まずは引越し達人を使って探すのがおすすめです。

公式サイトはこちら

LIFULL引越し
LIFULL引越し

TVCMでもお馴染み「HOME’S」が運営していたサイトが、
リニューアルされてLIFULL引越しになりました。

一括見積もりサイトとしては比較的新しいので、
その分特典なども充実していてお得感があります。

見積もりサイトによって割引や特典が違うので、
一回覗いてみてどれを使うか決めるのもいいですね。

公式サイトはこちら

引越し侍
引越し侍

奇抜なテレビCMで話題の、引越し侍の一括見積もりサイトです。

知名度が高く、230社以上の業者が登録されいていて、
キャッシュバックなどのキャンペーンも頻繁におこなっています。

少しでも多くの業者を比較したいなら引越し侍を使ってみましょう。

公式サイトはこちら