引越しは直前でキャンセルすると違約金が発生するので注意

引越しは直前でキャンセルすると違約金が発生するので注意

引越し契約をしたらキャンセルしない、というのが基本ですが、
どうしてもキャンセルせざるを得ない状況になることもあるでしょう。

その場合キャンセル料の有無など、規約でははどのようになっているのか、
いざとなって慌てないよう頭に入れておきましょう。

キャンセルで料金が発生するのはいつから?

「標準引越運送約款」によれば、
引越しのキャンセルをする場合、予定日の3日前までに連絡をすれば、
キャンセル料支払いの義務が発生しないことになっています。

また、特別な事情で内金や手付金を事前に支払っている場合でも
3日前までにキャンセルをすれば返金してもらうことができるはずです。

しかし、業者によっては独自の規約を適用していることもあるため、
事前に契約書などを確認しておくと良いでしょう。

とはいえ、そういった金銭に関わる規約を設けている場合、
業者は利用者に説明の義務があるため、特に説明がないようでしたら、
3日前まではキャンセル料が要らないと解釈してもかまいません。

さて、逆に引越しの前々日以降にキャンセルすることになった場合は、
キャンセル料が請求されることになり、

  • 前々日のキャンセルなら、引越し料金の20%以内
  • 前日のキャンセルなら、引越し料金の30%以内
  • 当日のキャンセルなら、引越し料金の50%以内

が請求されることになります。

ちなみに、これはキャンセルだけでなく、作業を延期した場合でも同様。
延期した場合は、延期後の作業終了後に上記の料金が加算されることになります。

引越し3日前までのキャンセルでも料金が発生することはある

基本的に引越し3日前までのキャンセルや延期では、
料金支払い義務が発生することはありませんが、
事前に資材を受け取っている場合はこの限りではありません。

事前に渡される梱包資材などは、
「契約することを前提で渡したサービス品」という扱いになっており、
これも引越し料金に含まれているからです。

そのため、引越しをキャンセルした場合、
キャンセル料ではなく、資材の返却代を負担するか、
あるいは資材の買い取り料金を請求されることになるのです。

資材を受け取ったらキャンセルしない、
もしくはキャンセルする可能性があるなら資材を受け取らない
というのがこうしたトラブルを避ける方法になるでしょう。

特殊な事情がある場合は業者に相談してみよう

引越しの前々日以降に作業をキャンセル、延期する際は、
基本的にキャンセル料が発生します。

しかし、特別な事情がある場合は、
こうしたキャンセル料が発生しないこともあります。

たとえば、天災によって引越しは不可能になった場合、
この場合は、キャンセル料が発生しない取り決めになっています。

そのほかの例としては、
身内の不幸や不慮の事故によってキャンセルする場合です。

こうしたキャンセルせざるを得ない理由がある場合は、
キャンセル料を取らない業者もあるようです。

キャンセル料を取られたとしても、
料金を割り引いてくれる業者がほとんどです。

どうしてもキャンセルせざるを得ない状況になった場合は、
キャンセルする旨だけではなく、
その理由も業者にしっかりと相談するといいでしょう。

この記事のまとめ
  • キャンセル料がかかるのは引越し前々日から
  • 資材を受け取っている場合はキャンセル料がかかる
  • キャンセル料がかからない特殊な状況もある

おすすめの一括見積もりサイト

引越し達人
引越し達人

引越し達人は一括見積もりサイトの中では老舗に入るサイトで、
15年以上の運営歴史があります。

昔から運営しているだけあって信頼度は高く、
安心して利用できる引越し業者がたくさん登録されています。

また、最大で60,000円のお祝い金など、
お得なプレゼントも色々あるので、どれか一つを選ぶなら、
まずは引越し達人を使って探すのがおすすめです。

公式サイトはこちら

LIFULL引越し
LIFULL引越し

TVCMでもお馴染み「HOME’S」が運営していたサイトが、
リニューアルされてLIFULL引越しになりました。

一括見積もりサイトとしては比較的新しいので、
その分特典なども充実していてお得感があります。

見積もりサイトによって割引や特典が違うので、
一回覗いてみてどれを使うか決めるのもいいですね。

公式サイトはこちら

引越し侍
引越し侍

奇抜なテレビCMで話題の、引越し侍の一括見積もりサイトです。

知名度が高く、230社以上の業者が登録されいていて、
キャッシュバックなどのキャンペーンも頻繁におこなっています。

少しでも多くの業者を比較したいなら引越し侍を使ってみましょう。

公式サイトはこちら


 

この記事に関連するページ

大手引越し業者のサービスプランを比較してみました
良い引越し業者と悪い業者の違い、見極めのポイント
引越し業者から見積りをとる際に注意すること
2トントラックに入る荷物量の目安と料金はどれくらい?
引越し業者の見積もりは基本的に無料で請求できる
インターネットで見積もりをした場合、どれくらいで返事がくる?
引越し業者によって料金が大きく違う理由
引越し業者の下見は必要?当日質問される内容は?
正式見積もりが出た後で荷物の量が変わったらどうするの?
引越し業者の作業開始時間は指定できる?
引越し業者へ代金の支払いをするタイミングはいつ?
新居へ荷物を搬入する際の注意点
荷造り(荷物の梱包)だけを引越し業者に依頼したい
急いで(今すぐ)引越しをしたい場合はどうすればいい?
まだ新居が決まっていない状態で引越しの予約はできる?
相見積もりをする際に注意すべきポイント
インターネットで見積もり請求をした後の勧誘について
引越し業者に心づけ(チップ)は必要?
引越し業者のトラックには同乗することはできない
地元業者と大手の引越し業者、頼むならどちら?
チャーター便、混載便ってどんなもの?
引越し業者のトラックの大きさと料金体系について
エレベータがあるとないとで引越し料金はどう変わる?
マンションの階数によって引越し料金が違うので注意
引越し業者はどこを選ぶのがいいでしょう?
引越しスタッフにはお金・小銭を包んだほうがいい?
貴重品は引越しの当日、荷物と一緒に運んでもらえる?
引越しのおまかせプラン・らくらくパックの料金は?
単身用コンテナフルパック・ミニ引越しのサービスと料金は?
日通・コンテナパックの特徴は?
最近噂の激安引越しってどんなサービスなの?
訪問見積もりで「電話が多い」「態度が悪い」営業マンは断ろう
1DK、2LDK、3DKの引越し料金の目安は概算でだいたいいくら?