2箇所立ち寄りの料金相場について

2箇所立ち寄り(夫婦やカップルの引越し)の料金相場について

それまで別々の家に住んでいた夫婦やカップルが、
結婚や同棲でいっしょの家に引越す場合、
次のような引越し方法を取ることができます。

  1. 引越しトラックでカップルの一方の家へ向かい、荷物を搬入する
  2. おなじトラックでカップルのもう一方の家へ向かい、さらに荷物を搬入する
  3. すべての荷物を積み込んだら新居へ向かい、荷物を積み下ろす

このような引越し方法は、「2箇所立ち寄り」と呼ばれ、
引越し料金を節約できるメリットがあります。

2箇所立ち寄りのメリット・デメリット

メリット

2箇所立ち寄りのメリットは、引越し料金を節約できるということ。
2軒の家から引越しをするわけですから、
通常通り、2台のトラックを使うことも考えられます。

でもそうすると、トラックにかかる経費は、単純に2倍になります。
また作業員の人数も、増やさなければなりません。

それに対して2箇所立ち寄りでは、トラックは1台だけ。
作業員の人数も、その分、少なくて済むわけです。

デメリット

それに対して、2箇所立ち寄りでは、2台のトラックを使うばあいに比べ、
時間がかかります。
これが、2箇所立ち寄りのデメリットです。

2箇所立ち寄りは、トラックは、カップルの一方の家で荷物を搬入したあと、
すぐに新居へ向かえません。
カップルのもう一方の家で荷物を搬入しなければいけないからです。

それに対して、2台のトラックで引越せば、それぞれのトラックは、
荷物を積み込んだらすぐに新居へ向かえます。
その分、2箇所立ち寄りでは時間がかかってしまうわけです。

なのでもし、引越しを短時間で済ませたい場合には、2箇所立ち寄りは向きません。
引越し料金が多少かさんでも、トラックを2台使うのがおすすめです。

2箇所立ち寄りの料金相場は?

2箇所立ち寄りでは、トラックの台数と作業員の人数は、
2台のトラックを使うばあいの半分程度になります。
その分の経費が節約できることになるわけですよね?

それに対して、1軒の通常の引っ越しをする場合に比べ、
トラックの移動距離が増えるため、ガソリン代や作業員の拘束時間は多くなります。

そのため2箇所立ち寄りの料金は、1軒の通常の引越しと比べ、
「1.5倍」くらいになるのが相場です。

ただしこれは、引越し業者によって、かなりの違いが出てきます。

一括見積もりサービスなどを使い、
かならず複数業者の見積もりを比較するようにしましょう。

おすすめの一括見積もりサイト

LIFULL引越し

LIFULL引越し

TVCMでもお馴染み「HOME’S」が運営しているLIFULL引越しの一括見積もりです。

一括見積もりサイトの中でも「最大60%割引」は魅力的で、とにかく安く引っ越したい人におすすめです。

提携数は130社と少し少なめですが、たくさん比較したい人は引越し侍やSUUMOと合わせて活用しましょう。

公式サイトはこちら

引越し侍

引越し侍

奇抜なテレビCMで話題の、引越し侍の一括見積もりサイトです。

知名度が高く、230社以上の業者が登録されいていて、キャッシュバックなどのキャンペーンも頻繁におこなっています。

少しでも多くの業者を比較したいなら引越し侍を使ってみましょう。

公式サイトはこちら

SUUMO

SUUMO

不動産のポータルサイトとしてお馴染みのSUUMOでも、引越しの一括見積もりができます。

大手ポータルサイトだけあって、人気の引越し業者はほとんどカバーしています。

またSUUMOだけの特典やプランも充実していて、引越し料金が最大で50%オフになるので、色々な業者を比較したい時におすすめです。

公式サイトはこちら