引っ越し時の公共料金の契約変更手続き(電気、水道、ガス)

引っ越し時の公共料金の契約変更手続き(電気、水道、ガス)

引越し前後で必ず行なわなければいけないのが、電気・水道・ガスの手続きです。

生活には欠かせないものになりますので、最低でも引越し前1週間以内には関係会社に連絡をしておきましょう。

要確認!引っ越しやることリストはこちら

電気は業者の立会い不要

電気の利用停止・開始をするのに業者の立会いは必要なく、基本的にブレーカーのON・OFFだけでOK。

引越し前1週間以内に電力会社に連絡すれば、引越し当日には電力会社の係員がメーターをチェックしにきます。

その際の請求書は後日新居に送られてくることになるので、いちいち旧居に戻ったりする必要もありません。

新居についても、電気はブレーカーを上げればすぐに利用できます。

ただし、引越してから最低でも1週間以内に電力会社に連絡をする必要がありますので、できる限り早めにすませ、忘れないようにしておきましょう。

ちなみに電気の利用停止・開始時に立会いをする必要はありませんが、立会いができないのであれば、電力メーターをきちんと写真などに残しておきましょう。

請求書が来た際に照合できるようにしておけば、何らかのトラブルがあっても問題が起きにくいですよ。

ちなみに電力会社への利用申し込みなどには、
以下の項目の入力が必要になる場合がありますので、準備しておきましょう。

  • 契約者名
  • 現住所(旧居の住所)
  • 連絡先
  • お客様番号(料金明細などに書かれたもの)
  • 引越し日時
  • 新住所

また申し込みはインターネットか電話、または専用の申込用紙を利用して行なうことができます。

水道の手続きも立会い不要

水道の利用停止・開始も電気と同じく立会いの必要はありません。

退去・入居時には水道の元栓の場所を確認しておき、その上で開閉を行なえば、すぐにでも使うことができます。

ただし、水道の場合は新居で利用を開始するまえに、新居を管轄に置く水道局に事前に連絡しておかなければいけません。

そのため、退去時とあわせて、新居側の水道局にも連絡をしておけば楽になります。

さて、退去時の連絡ですが、一軒家の場合は引越し1週間前までに水道局に連絡すればOKです。

しかし、マンションや集合住宅の場合は要注意。

この場合は水道局ではなく、管理会社などに引越しを連絡しなければいけません。

この場合は管理会社が利用料金を独自に設定している場合があり、この際は金額が使用量ではなく月額などで計算されていることもあります。

ちなみに、水道局に問い合わせる場合には、電力会社への連絡と同じく、お客様番号などの用意が必要です。

反面、管理会社への連絡の場合は、氏名・連絡先・部屋番号だけで済む場合もありますよ。

余計なトラブルを起こさないためにも事前にしっかり把握しておくようにしましょう。

ガスの元栓開閉には業者の立会いが必要

電気や水道とは異なり、ガスの利用を停止・開始する際には、業者の立会いが必要である場合がほとんどです。

そのため、引越し日の1週間前には、旧居と新居のガス会社に連絡をいれ、立会いの要請をしておきましょう。

もし、連絡を引越し当日まで忘れていたりすると、電気や水道とは異なり、業者の都合によって立会いが不可能で不都合が発生します。

新居ですぐにガスが使えない、あるいは旧居のガスが止められず、後日再度立ち会わなければいけない、など面倒なことになる場合があります。

くれぐれも注意して、できるだけ早めに連絡しておくと良いでしょう。

公共料金の住所変更手続きを一括で行う方法

引越しの住所変更手続きは各企業ごとに行う必要があり非常に面倒です。

そんな面倒な手続きを一括で行うサービスが、東京電力の引越しれんらく帳です。

東京電力の引越しれんらく帳はこちら

名前や引越し先の住所を登録する事で、

  • 公共料金(電気、ガス、水道)
  • NHK
  • クレジットカード
  • 損害保険
  • プロバイダ

など主要な企業の住所変更手続きを一括で行う事ができます。

全国に無料でサービスが提供されています。

実家からの引越しで使用開始手続きだけのケースや、実家への引越しで使用停止だけの手続きにも対応しているので、使いやすくなっています。

面倒な住所変更手続きを楽にしてくれるので、試してみるといいかも知れません。

あわせて読みたい記事

おすすめの一括見積もりサイト

LIFULL引越し

LIFULL引越し

TVCMでもお馴染み「HOME’S」が運営しているLIFULL引越しの一括見積もりです。

一括見積もりサイトの中でも「最大60%割引」は魅力的で、とにかく安く引っ越したい人におすすめです。

提携数は130社と少し少なめですが、たくさん比較したい人は引越し侍やSUUMOと合わせて活用しましょう。

公式サイトはこちら

引越し侍

引越し侍

奇抜なテレビCMで話題の、引越し侍の一括見積もりサイトです。

知名度が高く、230社以上の業者が登録されいていて、キャッシュバックなどのキャンペーンも頻繁におこなっています。

少しでも多くの業者を比較したいなら引越し侍を使ってみましょう。

公式サイトはこちら

SUUMO

SUUMO

不動産のポータルサイトとしてお馴染みのSUUMOでも、引越しの一括見積もりができます。

大手ポータルサイトだけあって、人気の引越し業者はほとんどカバーしています。

またSUUMOだけの特典やプランも充実していて、引越し料金が最大で50%オフになるので、色々な業者を比較したい時におすすめです。

公式サイトはこちら