引越し料金を安くしたいなら荷物の量を減らすこと!

引越し料金を安くしたいなら荷物の量を減らすこと!

引越し料金は「標準引越運賃」によって基準価格が定められており、
大まかにふたつのポイントで価格が変動します。

そのポイントとは、

  • 引越しに使用するトラックの大きさ
  • 引越しの移動距離

です。

この他にも、極端に重い荷物や高価なものがある場合、
割り増しになる可能性があります。

基本的には荷物が多ければ多いほど、引越し先が遠ければ遠いほど、
引越し料金が高くなっていくと考えていいでしょう。

とはいえ、引越しをする際には引越し先は決まっているでしょうし、
変更がきかない場合も多いと思います。

そこで、引越し料金を安くするためには、
できる限り荷物を減らすのが得策といえるでしょう。

問題は「実質的な」量ではなく「見た目の」量

荷物が多いほど引越し料金は高くなるといいましたが、
業者はいったいどこで荷物の量を判断するのでしょうか。

それはズバリ、ダンボールの量です。

特にかさばりやすい食器や衣類などは、
梱包の仕方によって、ダンボール3~5個の違いが出ることもあります。

業者によってはダンボール数個の違いが数千円の違いになって出るところもありますので、
うまく梱包して数を減らすことが重要ですね。

ただし、あまりに多くの小物を詰め込みすぎて、
ダンボール底が抜けてしまうのも問題です。

特に本や雑誌は見た目以上に重く、ダンボールいっぱいに入れるのは厳禁。
重いものは小さいダンボールに、軽いものを大きなダンボールに入れるなど、
工夫をするようにしましょう。

引越しを機に不要品を一斉処分

荷物が減ると引越し料金が安くなる、というのであれば、
引越しは不要品を処分する絶好の機会にもなります。

荷造りをしながら「絶対に要るもの」以外は、
思い切って処分してしまうのもひとつの手でしょう。

しかし、不要品の処分にはゴミの分類などもありますし、
大物になれば処分するのに、業者に引き取ってもらったりする必要も出てくると思います。

そのため、荷造りは引越しをすることが決まったら、
できるだけ早く計画的に行なうのが理想です。

事前に荷造りもして、不要品を処分してから業者に見積もりを頼めば、
その時点で最も安い見積もり金額が出ると思います。

あわせて読みたい記事

見積もりの際に注意することや、
料金を極限に安くしたいという方はこちらを参考にしてください。

おすすめの一括見積もりサイト

LIFULL引越し

LIFULL引越し

TVCMでもお馴染み「HOME’S」が運営しているLIFULL引越しの一括見積もりです。

一括見積もりサイトの中でも「最大60%割引」は魅力的で、とにかく安く引っ越したい人におすすめです。

提携数は130社と少し少なめですが、たくさん比較したい人は引越し侍やSUUMOと合わせて活用しましょう。

公式サイトはこちら

引越し侍

引越し侍

奇抜なテレビCMで話題の、引越し侍の一括見積もりサイトです。

知名度が高く、230社以上の業者が登録されいていて、キャッシュバックなどのキャンペーンも頻繁におこなっています。

少しでも多くの業者を比較したいなら引越し侍を使ってみましょう。

公式サイトはこちら

SUUMO

SUUMO

不動産のポータルサイトとしてお馴染みのSUUMOでも、引越しの一括見積もりができます。

大手ポータルサイトだけあって、人気の引越し業者はほとんどカバーしています。

またSUUMOだけの特典やプランも充実していて、引越し料金が最大で50%オフになるので、色々な業者を比較したい時におすすめです。

公式サイトはこちら