エレベータがあるとないとで引越し料金はどう変わる?

エレベータがあるとないとで引越し料金はどう変わる?

引越し料金は、エレベーターがあるとないとで違ってきます。
その理由と、どうしたら少しでも料金を安く抑えられるかをまとめました。

エレベータの有無で引越し料金が変わるのはなぜ?

一般に、3階以上のマンションなどでエレベータがない場合、
引越し料金は追加料金が発生します。

追加料金は、もし旧居と新居の両方にエレベータがない場合には、
それぞれに対して発生することになります。

エレベータの有無で引越し料金がかかるのは、次のような理由です。

作業時間が大幅に長くなる

エレベータがない場合、すべての荷物を階段を使って運ばなければなりません。
そうなれば、エレベータを使う場合と比べて、引越しの作業時間が大幅に長くなります。

作業時間が長くなれば、その分、スタッフを長時間拘束しなくてはなりません。
そのため、スタッフの賃金が余計にかかることになります。

スタッフの人数が増える

階段で引越し荷物を運ぶためには、エレベータで運ぶのと比べて、
人手が余計にかかります。
そのため、やはりその分、スタッフの賃金が余分にかかります。

物損事故の保険支払金として

階段で荷物を運べば、エレベーターで運ぶのと比べて、
荷物を落としてしまう可能性が高まります。

もし荷物を落として破損した場合には、引越し業者は保険金を利用して、
損害賠償することになります。

損害賠償の可能性が高まれば、保険の支払金も高額になります。
そのため、追加料金はその支払に使われることなります。

スタッフの時給を加算する

階段で荷物を運ばなくてはならない場合、引越し作業スタッフの仕事はキツくなります。
ですからその分、スタッフの時給を割増にする業者が多いようです。

エレベータがない引越しで料金を少しでも安くするには?

エレベータがない建物で引越しする場合には、
1階上がるごとに1,000円~2,000円くらいの料金が追加されます。

なのでエレベータのない3階から、エレベータのない4階へ引っ越す場合なら、
単価が1,000円の場合には、次のような計算となります。

1,000円×2階+1,000円×3階=5,000円

また、単価が2,000円の場合なら、
同じケースで下記のような計算となります。

2,000円×2階+2,000円×3階=10,000円

最低額と最高額では、料金にして5,000円の開きが出てくるわけで、
これは業者がそれぞれ決めるものです。

ですから一括見積もりサイトなどを利用して、複数業者の見積もりを比較し、
少しでも料金が安い業者を探すことがおすすめです。

引越し料金の相場に関して、
下記の記事で詳しく解説していますので、
料金が気になる方はこちらを参考にしてください。

あわせて読みたい記事

この記事に関連するページ

大手引越し業者のサービスプランを比較してみました
良い引越し業者と悪い業者の違い、見極めのポイント
引越し業者から見積りをとる際に注意すること
2トントラックに入る荷物量の目安と料金はどれくらい?
引越し業者の見積もりは基本的に無料で請求できる
インターネットで見積もりをした場合、どれくらいで返事がくる?
引越し業者によって料金が大きく違う理由
引越し業者の下見は必要?当日質問される内容は?
引越しは直前でキャンセルすると違約金が発生するので注意
正式見積もりが出た後で荷物の量が変わったらどうするの?
引越し業者の作業開始時間は指定できる?
引越し業者へ代金の支払いをするタイミングはいつ?
新居へ荷物を搬入する際の注意点
荷造り(荷物の梱包)だけを引越し業者に依頼したい
急いで(今すぐ)引越しをしたい場合はどうすればいい?
まだ新居が決まっていない状態で引越しの予約はできる?
相見積もりをする際に注意すべきポイント
インターネットで見積もり請求をした後の勧誘について
引越し業者に心づけ(チップ)は必要?
引越し業者のトラックには同乗することはできない
地元業者と大手の引越し業者、頼むならどちら?
チャーター便、混載便ってどんなもの?
引越し業者のトラックの大きさと料金体系について
マンションの階数によって引越し料金が違うので注意
引越し業者はどこを選ぶのがいいでしょう?
引越しスタッフにはお金・小銭を包んだほうがいい?
貴重品は引越しの当日、荷物と一緒に運んでもらえる?
引越しのおまかせプラン・らくらくパックの料金は?
単身用コンテナフルパック・ミニ引越しのサービスと料金は?
日通・コンテナパックの特徴は?
最近噂の激安引越しってどんなサービスなの?
訪問見積もりで「電話が多い」「態度が悪い」営業マンは断ろう
1DK、2LDK、3DKの引越し料金の目安は概算でだいたいいくら?