新居へ荷物を搬入する際の注意点

新居へ荷物を搬入する際の注意点

引越しの際、作業を手伝おうとする人がいるようです。

もちろんこれは悪いことではなく、
むしろ善意から行なっている人がほとんどでしょうが、
これは実はあまり良いことではないかもしれません。

業者はしっかり家具や荷物を運んでくれる

引越し作業を業者に依頼すると、
基本的にそれは「部屋の中まで荷物を運びますよ」という契約になります。

玄関に荷物を置いて、作業終了とはなりませんのでご安心ください。

さて、この際、自分も荷物の搬入を手伝おうとする方もいますが、
はっきり言いますと、これはやめたほうがいいでしょう。

作業員たちは引越しのプロですし、効率よく作業する方法を熟知しています。
素人が入ると、逆に作業の遅延を招きかねません。

手伝うよりは、どこに何を置いたらよいのかわからない業者のために、
部屋の中で待機して、荷物の運び入れを指示するようにしたほうが
よほど早く作業は終わります。

ただし、一部プランでは荷物の搬入などが
サービスに含まれていない場合もあります。
この場合はむしろ積極的に動くようにしましょう。

重い荷物こそ業者任せにしよう

先ほども言ったとおり作業員たちは引越しのプロです。
ですから重い荷物(家電など)を運んだり設置するのもお手の物。

慣れている作業員であれば、アースの設置や
ホースの取り付けなどもささっと行なってくれることもあるほどです。

さて、そういった大型荷物の運搬は非常にデリケート。
ちょっとした振動にも弱く、
またバランスを崩せば破損にもつながります。

もちろん、そういった事故で責任を取らなければいけないのは
保険に加入している業者側。

ですから素人がこうした家電などの運搬を手伝うのは絶対にやめるようにし、
むしろ邪魔にならないよう指示だけをして、
動線をさえぎらないよう注意したほうがいいでしょう。

事前にレイアウトを作成しておくのが最大の仕事

では引越し作業中、荷物の運搬などを手伝えない場合、
いったい何をすれば作業の手助けになるのでしょうか。

それは、新居のレイアウト作成です。

たとえば、新居の見取り図に部屋の番号を振り、
さらに大型家電の大体の置き場所を書いておくだけで
業者は非常に助かるそうです。

それを事前に作成し、責任者に渡しておけば、
番号通りにダンボールを部屋に動かし、
家具を設置するまで迷いなくスムーズに動かせます。

また、どうしても作業中に手伝いたい、というのであれば、
「なにか手伝えることはありますか」
と、実際に責任者に一声をかけてみてください。

そこで「大丈夫です」といわれたら、おとなしくしておくのがいいでしょう。

あわせて読みたい記事

この記事に関連するページ

大手引越し業者のサービスプランを比較してみました
良い引越し業者と悪い業者の違い、見極めのポイント
引越し業者から見積りをとる際に注意すること
2トントラックに入る荷物量の目安と料金はどれくらい?
引越し業者の見積もりは基本的に無料で請求できる
インターネットで見積もりをした場合、どれくらいで返事がくる?
引越し業者によって料金が大きく違う理由
引越し業者の下見は必要?当日質問される内容は?
引越しは直前でキャンセルすると違約金が発生するので注意
正式見積もりが出た後で荷物の量が変わったらどうするの?
引越し業者の作業開始時間は指定できる?
引越し業者へ代金の支払いをするタイミングはいつ?
荷造り(荷物の梱包)だけを引越し業者に依頼したい
急いで(今すぐ)引越しをしたい場合はどうすればいい?
まだ新居が決まっていない状態で引越しの予約はできる?
相見積もりをする際に注意すべきポイント
インターネットで見積もり請求をした後の勧誘について
引越し業者に心づけ(チップ)は必要?
引越し業者のトラックには同乗することはできない
地元業者と大手の引越し業者、頼むならどちら?
チャーター便、混載便ってどんなもの?
引越し業者のトラックの大きさと料金体系について
エレベータがあるとないとで引越し料金はどう変わる?
マンションの階数によって引越し料金が違うので注意
引越し業者はどこを選ぶのがいいでしょう?
引越しスタッフにはお金・小銭を包んだほうがいい?
貴重品は引越しの当日、荷物と一緒に運んでもらえる?
引越しのおまかせプラン・らくらくパックの料金は?
単身用コンテナフルパック・ミニ引越しのサービスと料金は?
日通・コンテナパックの特徴は?
最近噂の激安引越しってどんなサービスなの?
訪問見積もりで「電話が多い」「態度が悪い」営業マンは断ろう
1DK、2LDK、3DKの引越し料金の目安は概算でだいたいいくら?