引越し業者に心づけ(チップ)は必要?

引越し業者に心づけ(チップ)は必要?

引越しの素朴な疑問としてよく挙げられるのが、
作業員に対しての心づけ(チップ)や差し入れが必要かどうか。

日本にはあまりそういう文化はないものの、
作業現場などではこうした風景は良く見られるもの。

引越しでは必要なのでしょうか。

原則的には心づけは不要

確かに良く見る光景ではありますが、
基本的にこうした心づけは要らない、というのが業者側のスタンスです。

多くのサービス業と同じように、
日本では心づけがあろうとなかろうとサービス内容は変わらない、
というのが基本的なスタンスなのですね。

それどころか業者の中には、
「お客様からの心づけは受け取らないこと」
と明示している場合すらあります。

ただし、禁止されている業者でない場合は、
心づけを渡さないより渡した方が良いのは明白です。

いくらサービスは変わらないと言っていても、
作業員の心象ややる気は違ってくるでしょう。

サービスの向上を求める意味ではなく、
あくまでねぎらいの気持ちで渡したいと思うのならば、
小額でも良いので用意をしておくようにしましょう。

心づけを渡す場合

心づけは現金を封筒に入れて渡すのもよいですが、
それだと露骨過ぎる、と感じる人は、
クオカードなどで用意しておくと良いかもしれません。

心づけの相場はいくらぐらい?

引越しの場合、心づけの代金は、
一人当たり500~1,000円というのが相場のようです。
逆に1,000円を超えると多すぎるので注意したほうがいいでしょう。

ちなみに、心づけの代わりに
食事や飲み物を用意しておこうという方がいるかもしれません。

しかし、これはやめておいたほうが無難でしょう。

なぜならば、作業員たちは基本的に心づけを当てにはしておらず、
現場には弁当などを持参する人もいるからです。

また、次の引越しの予定があれば、
ゆっくり食事をしている時間がないかもしれません。

このため、心づけはできるだけ現金orクオカードなどで渡すようにしましょう。

心づけはいつ渡したら良い?

そもそも心づけを渡すのは、
「お疲れ様」という褒美として渡すものではなく、
「疲れる作業をお願いします」というねぎらいの意味で渡すもの。

また、そういった意味で渡すのに、
作業員全員がもらったことに気づかないのでは意味がありません。

そのため、心づけを渡すのは、

  • 作業をはじめる前に
  • 作業員全員の見ている前で

渡す必要があります。

できるなら、責任者が作業開始の挨拶に来た際に、
全員の前で渡すようにできればスマートですね。

この記事のまとめ
  • チップは渡せるなら渡しておこう
  • チップは現金かクオカードなどを用意しよう
  • 作業前に全員のいる場所で渡すように

この記事に関連するページ

大手引越し業者のサービスプランを比較してみました
良い引越し業者と悪い業者の違い、見極めのポイント
引越し業者から見積りをとる際に注意すること
2トントラックに入る荷物量の目安と料金はどれくらい?
引越し業者の見積もりは基本的に無料で請求できる
インターネットで見積もりをした場合、どれくらいで返事がくる?
引越し業者によって料金が大きく違う理由
引越し業者の下見は必要?当日質問される内容は?
引越しは直前でキャンセルすると違約金が発生するので注意
正式見積もりが出た後で荷物の量が変わったらどうするの?
引越し業者の作業開始時間は指定できる?
引越し業者へ代金の支払いをするタイミングはいつ?
新居へ荷物を搬入する際の注意点
荷造り(荷物の梱包)だけを引越し業者に依頼したい
急いで(今すぐ)引越しをしたい場合はどうすればいい?
まだ新居が決まっていない状態で引越しの予約はできる?
相見積もりをする際に注意すべきポイント
インターネットで見積もり請求をした後の勧誘について
引越し業者のトラックには同乗することはできない
地元業者と大手の引越し業者、頼むならどちら?
チャーター便、混載便ってどんなもの?
引越し業者のトラックの大きさと料金体系について
エレベータがあるとないとで引越し料金はどう変わる?
マンションの階数によって引越し料金が違うので注意
引越し業者はどこを選ぶのがいいでしょう?
引越しスタッフにはお金・小銭を包んだほうがいい?
貴重品は引越しの当日、荷物と一緒に運んでもらえる?
引越しのおまかせプラン・らくらくパックの料金は?
単身用コンテナフルパック・ミニ引越しのサービスと料金は?
日通・コンテナパックの特徴は?
最近噂の激安引越しってどんなサービスなの?
訪問見積もりで「電話が多い」「態度が悪い」営業マンは断ろう
1DK、2LDK、3DKの引越し料金の目安は概算でだいたいいくら?