チャーター便、混載便ってどんなもの?

チャーター便、混載便ってどんなもの?

「チャーター便」とはドライバーとトラックのみの引越しサービスです。

また長距離の引越しの際には、
同じ方面の荷物をまとめて輸送する「混載便」という方法があります。

ここではチャーター便、混載便の特徴や違いについて紹介します。

チャーター便は料金が安い

ドライバーは引越し作業は行わないので、
基本的には荷物の梱包、搬出、搬入のすべてを自力で行う必要があります。

荷物が少ない人や、人手がたくさんある人などは、
チャーター便の方が料金が安いのでお得です。

補償がないのがデメリット

ただし、いくら荷物が少ないといっても冷蔵庫や洗濯機など大型家電がある場合は、
素人が運ぶと落下や怪我の原因にもなるのでとても危険です。

万が一事故が起きた場合でも、すべて自己責任になるため、
補償がないことも覚えておきましょう。

いくらチャーター便の料金が安いといっても、
ケガや荷物の破損があっては、逆に損をしてしまうことになります。

運ぶ荷物の量や重さも考えて、チャーター便だけを利用するのか、
それとも普通の引越しプランにするのかを検討しましょう。

混載便は長距離の引越しに利用すると便利

長距離の引越しの際には、
同じ方面の荷物をまとめて輸送する「混載便」という方法があります。

これは配送センターなどで、同一方面の荷物をまとめて、
大型のトラックやコンテナなどに積み替えて運ぶことで、
一件当たりの輸送費用を安く抑えるシステムです。

つまり、「同じ方面への荷物はまとめて一気に送ろう」というサービスですね。

長距離引越しならではのシステムですが、荷物をまとめて送る分、
通常の料金よりもお得に引っ越すことができます。

ただし、混載する他の荷物がそろってからの配送となるので、
当然ですが配送が終わるまでには通常よりも時間がかかります。
これは混載便の大きなデメリットなのでよく覚えておきましょう。

とはいえ、長距離の引越しでは費用がどうしても高くなりがちなので、
できるだけ費用を安くしたいという人には、混載便の利用価値は大です。

すぐに必要のない荷物や大型の家具などは混載便を利用して、
身の回りの荷物だけで一応の引越しを済ませるというのも一つの方法ですね。

うまく条件が合うように荷物の整理を工夫して、引越し料金を節約しましょう。

荷物の整理に関することは、下記の記事を参考にして下さい。

あわせて読みたい記事

荷物が届くまでに時間がかかる

上でも触れたように、混載便は同一方面の荷物を積み替えて運ぶので、
トラックに荷物が一杯になるまでは配送が行われません。

そのため配送までに時間がかかることと、
配送日を指定できないことが欠点となります。

もし荷物の受け取り日が限られている場合は、
見通しが立てにくいので混載便は不向きです。

また、全国便を展開している大手の業者の場合は荷物がそろいやすいので、
どこの方面にも比較的早く配送されること多いのですが、
中小の業者に依頼した場合には、
なかなか同方面の荷物が集まらない場合もあるようです。

長いときには配送まで2週間程度の時間がかかることもありますので注意しましょう。

混載便を利用する際には、上記のメリットやデメリットを理解した上で、
計画的に利用しましょう。

この記事のまとめ
  • チャーター便は搬出も搬入も自分でやる
  • 長距離引越しならではのお得な「混載便」
  • 混載便では急ぎの荷物は不向き

おすすめの一括見積もりサイト

引越し達人
引越し達人

引越し達人は一括見積もりサイトの中では老舗に入るサイトで、
15年以上の運営歴史があります。

昔から運営しているだけあって信頼度は高く、
安心して利用できる引越し業者がたくさん登録されています。

また、最大で60,000円のお祝い金など、
お得なプレゼントも色々あるので、どれか一つを選ぶなら、
まずは引越し達人を使って探すのがおすすめです。

公式サイトはこちら

LIFULL引越し
LIFULL引越し

TVCMでもお馴染み「HOME’S」が運営していたサイトが、
リニューアルされてLIFULL引越しになりました。

一括見積もりサイトとしては比較的新しいので、
その分特典なども充実していてお得感があります。

見積もりサイトによって割引や特典が違うので、
一回覗いてみてどれを使うか決めるのもいいですね。

公式サイトはこちら

引越し侍
引越し侍

奇抜なテレビCMで話題の、引越し侍の一括見積もりサイトです。

知名度が高く、230社以上の業者が登録されいていて、
キャッシュバックなどのキャンペーンも頻繁におこなっています。

少しでも多くの業者を比較したいなら引越し侍を使ってみましょう。

公式サイトはこちら


 

この記事に関連するページ

大手引越し業者のサービスプランを比較してみました
良い引越し業者と悪い業者の違い、見極めのポイント
引越し業者から見積りをとる際に注意すること
2トントラックに入る荷物量の目安と料金はどれくらい?
引越し業者の見積もりは基本的に無料で請求できる
インターネットで見積もりをした場合、どれくらいで返事がくる?
引越し業者によって料金が大きく違う理由
引越し業者の下見は必要?当日質問される内容は?
引越しは直前でキャンセルすると違約金が発生するので注意
正式見積もりが出た後で荷物の量が変わったらどうするの?
引越し業者の作業開始時間は指定できる?
引越し業者へ代金の支払いをするタイミングはいつ?
新居へ荷物を搬入する際の注意点
荷造り(荷物の梱包)だけを引越し業者に依頼したい
急いで(今すぐ)引越しをしたい場合はどうすればいい?
まだ新居が決まっていない状態で引越しの予約はできる?
相見積もりをする際に注意すべきポイント
インターネットで見積もり請求をした後の勧誘について
引越し業者に心づけ(チップ)は必要?
引越し業者のトラックには同乗することはできない
地元業者と大手の引越し業者、頼むならどちら?
引越し業者のトラックの大きさと料金体系について
エレベータがあるとないとで引越し料金はどう変わる?
マンションの階数によって引越し料金が違うので注意
引越し業者はどこを選ぶのがいいでしょう?
引越しスタッフにはお金・小銭を包んだほうがいい?
貴重品は引越しの当日、荷物と一緒に運んでもらえる?
引越しのおまかせプラン・らくらくパックの料金は?
単身用コンテナフルパック・ミニ引越しのサービスと料金は?
日通・コンテナパックの特徴は?
最近噂の激安引越しってどんなサービスなの?
訪問見積もりで「電話が多い」「態度が悪い」営業マンは断ろう
1DK、2LDK、3DKの引越し料金の目安は概算でだいたいいくら?