引越し業者の下見は必要?当日質問される内容は?

引越し業者の下見は必要?当日質問される内容は?

引越しを依頼する際、概算見積もりだけで契約をするのは非常に危険なこと。
業者に頼む前には必ず下見に来てもらうのが重要です。

なぜそれがそこまで重要なのか、これから説明していきましょう。

下見がないと料金トラブルにつながるかも

見積もりには、概算見積もりと正式見積もりがあります。

概算見積もりとはネットなどで伝えた情報のみを頼りにした見積もり方法で、
正式見積もりとは、実際に現場に下見に来てもらい、見積もってもらったもの。

ここで、概算見積もりだけで契約をしてしまうと、
いざ引越し作業の際に、「概算見積もりで聞いていた状況と違う」として、
追加料金が発生したりする可能性もあります。

特に荷造りをしていない場合などはこうした勘違いが起こりがちです。
素人目に見た荷物量と、プロが見る荷物量はどうしても異なります。

また、荷物の運び出しなどに関しても同様です。
引越しをエレベーターが使えなかったり、
旧居の近くまでトラックが入れなかったり。

こうしたトラブルを未然に防ぐためにも
引越し依頼は下見による正式見積もり後にするのが確実です。

あわせて読みたい記事

処分する荷物は下見の段階で伝えておこう

業者が下見に来たときに、処分する荷物や自力で運ぶ荷物がそのままの場合は、
事前にしっかりと「これは業者に依頼しない」と伝えることが重要です。

そうでなければ、業者はすべての荷物を運ぶものと考え、
見積もり金額の中に余計な荷物も加えてしまうかもしれません。

基本的に下見したあとにもらう見積もりは、
「その金額で引越しします」、という確定版の正式な見積もりです。

もし余計な荷物まで見積もりに入っていたら、
それを後から差し引いてくれ、などということは通用しません。

もしどうしてもということになれば、再度下見ということになります。
そうなれば、利用者も業者も余計な手間を取るだけですし、
最悪の場合、下見をもう一度やるのは不可能という事態にも発展します。

また、その後の金額交渉にも影響が出てしまいますので、
確実に伝えておくようにしましょう。

あわせて読みたい記事

新居の状況は自分でしっかり把握しておくこと

基本的に業者が確認する下見作業は旧居だけです。

となれば、必然的に、旧居の荷物状況などから
トラックや梱包BOXのサイズ、作業員数などを決定することになります。
そしてその結果から見積もり金額を出します。

ところが、新居の状況が悪く、荷物の運びいれができないということになってしまえば、
最悪の場合、作業不能として放置されることになります。

作業ができても、追加料金が発生する可能性もあります。

ですから、利用者としては新居の状況をしっかり把握しておくことが大事です。

  • 新居前の道幅
  • エレベーターの有無
  • ドアや窓のサイズ

これらをしっかりと業者に伝えておけば、
運び込みなどの予測もつきますし、
トラブルを未然に防ぎ、正確な見積もり料金を出せることになります。

できれば、すべてをメジャーで測定し、伝えられるとベストですね。

下見で出た見積もりで即決する義務はない

さて、これは非常に重要なことなのですが、
実のところ、見積もりのために下見に来てもらったからといって、
その業者と契約しなければいけない、という決まりはありません。

人によっては、
「下見にまで来てもらって契約しないのは気が引ける」
という意見もありますが、
下見段階ではまだ契約していませんし、気にすることはありません。

また、下見後の正式見積もりで金額が完全に決定するわけでもありませんので、
複数の業者に下見に来てもらい、
それらの見積もりを比較して交渉材料にするのは普通のことです。

少しでも安く、満足のいく引越しにできるよう、
ここは仕事の契約だと割り切って、しっかり交渉しましょう。

以下の記事では見積もりの相場に関することや、
値切り方のコツなどを解説しているので、
引越し料金を安くしたいという方はチェックして下さい。

あわせて読みたい記事

おすすめの一括見積もりサイト

引越し達人
引越し達人

引越し達人は一括見積もりサイトの中では老舗に入るサイトで、
15年以上の運営歴史があります。

昔から運営しているだけあって信頼度は高く、
安心して利用できる引越し業者がたくさん登録されています。

また、最大で60,000円のお祝い金など、
お得なプレゼントも色々あるので、どれか一つを選ぶなら、
まずは引越し達人を使って探すのがおすすめです。

公式サイトはこちら

LIFULL引越し
LIFULL引越し

TVCMでもお馴染み「HOME’S」が運営していたサイトが、
リニューアルされてLIFULL引越しになりました。

一括見積もりサイトとしては比較的新しいので、
その分特典なども充実していてお得感があります。

見積もりサイトによって割引や特典が違うので、
一回覗いてみてどれを使うか決めるのもいいですね。

公式サイトはこちら

引越し侍
引越し侍

奇抜なテレビCMで話題の、引越し侍の一括見積もりサイトです。

知名度が高く、230社以上の業者が登録されいていて、
キャッシュバックなどのキャンペーンも頻繁におこなっています。

少しでも多くの業者を比較したいなら引越し侍を使ってみましょう。

公式サイトはこちら


 

この記事に関連するページ

大手引越し業者のサービスプランを比較してみました
良い引越し業者と悪い業者の違い、見極めのポイント
引越し業者から見積りをとる際に注意すること
2トントラックに入る荷物量の目安と料金はどれくらい?
引越し業者の見積もりは基本的に無料で請求できる
インターネットで見積もりをした場合、どれくらいで返事がくる?
引越し業者によって料金が大きく違う理由
引越しは直前でキャンセルすると違約金が発生するので注意
正式見積もりが出た後で荷物の量が変わったらどうするの?
引越し業者の作業開始時間は指定できる?
引越し業者へ代金の支払いをするタイミングはいつ?
新居へ荷物を搬入する際の注意点
荷造り(荷物の梱包)だけを引越し業者に依頼したい
急いで(今すぐ)引越しをしたい場合はどうすればいい?
まだ新居が決まっていない状態で引越しの予約はできる?
相見積もりをする際に注意すべきポイント
インターネットで見積もり請求をした後の勧誘について
引越し業者に心づけ(チップ)は必要?
引越し業者のトラックには同乗することはできない
地元業者と大手の引越し業者、頼むならどちら?
チャーター便、混載便ってどんなもの?
引越し業者のトラックの大きさと料金体系について
エレベータがあるとないとで引越し料金はどう変わる?
マンションの階数によって引越し料金が違うので注意
引越し業者はどこを選ぶのがいいでしょう?
引越しスタッフにはお金・小銭を包んだほうがいい?
貴重品は引越しの当日、荷物と一緒に運んでもらえる?
引越しのおまかせプラン・らくらくパックの料金は?
単身用コンテナフルパック・ミニ引越しのサービスと料金は?
日通・コンテナパックの特徴は?
最近噂の激安引越しってどんなサービスなの?
訪問見積もりで「電話が多い」「態度が悪い」営業マンは断ろう
1DK、2LDK、3DKの引越し料金の目安は概算でだいたいいくら?