びん類を上手に梱包する方法

びん類を上手に梱包する方法

引越しの荷物の中でもかなり厄介なのが、
割れ物ですが、その中でもさらに危険なのがこのビン類です。

こうしたものは割れ物である上、梱包の仕方にも注意しなければいけません。

開封済みのビンは使いきるようにしよう

割れ物はしっかり梱包しなければ、運搬中に破損してしまう可能性が高く、
そのせいで荷物の中でも取り扱いが難しいと言われています。

そして、ビン類の荷物はそれに加えて、
液体の中身入り、というさらに厄介な条件がつきます。

破損すれば、中身が漏れ出し、
最悪の場合は箱の中身の荷物すべてを汚す可能性すらあります。

特に開封してしまったビンは衝撃にさらに弱くなっています。
そのため、引越しの際にはできるだけ運びたくないというのが正直なところです。

もし中身が使えるものであれば、
引越し前に使い切ってしまったほうが梱包に気を使いませんし、
様々な苦慮に頭を悩ませる必要もありません。

また、使うことはないが、残りが少ないというビンも同様です。
この場合は引越し前に中身を捨ててしまい、
新居で新しいものを購入したほうがいいかもしれません。

中身がもれても大丈夫なように梱包しよう

引越しにおいては非常に厄介なビン類ですが、
それでも新居に運ぶという場合でしたら、
破損して中身が漏れ出しても大丈夫なように厳重にしておく必要があります。

まずは他のワレモノ同様、新聞紙でくるみ、
それをビニール袋に入れましょう。

そして、このビニールの口を輪ゴムでしばり、さらにテープでふさぐのです。
こうすることで、万が一中身が漏れても大丈夫。

また念には念を入れて、その上から新聞紙でくるめば
さらに衝撃に強くなるでしょう。

専用ケースならここまでしなくても簡単梱包

もしビンを運ぼうと思うのであれば、
先述したように厳重に梱包する必要がありますが、
業者によってはビン類を運ぶための専用ケースを用意していることがあります。

もし、ビン類の梱包が面倒だという場合は、
業者に専用ケースがないか聞いてみるのもいいでしょう。

ただし、こうしたケースは、あくまで一般的な形状のビン類しか梱包できません。
特殊な形のものや小さなものなどには使えませんので注意してくださいね。

あわせて読みたい記事

この記事に関連するページ

効率良く荷物を整理するためのポイント【まとめ】
引越し前にいらない物をリサイクルショップで売れば二重でお得!
リサイクルショップで買取りしてくれなかった荷物を処分する方法
荷作りをする前に準備しておくべきものを確認しよう
無料、または有料で引越し荷造り用のダンボールを集める
ダンボールの正しい組み立て方と荷物を詰める際のコツ
古新聞は荷造りで使えるので前もってためておこう
ガラスや陶器などの割れ物を荷造りする際の注意点
包丁などの刃物を梱包する時は厳重に!
ハンガーBOXを使うとコートやスーツが楽に運べる
テレビやオーディオなどの配線は、後でわかるように目印をつけておく
引越し前日までに冷蔵庫の電源を抜いておくこと
事前に洗濯機のサイズと排水ホースの長さを確認しておくこと
新居へふとんを運ぶ際の梱包方法
高価な置物やAV機器は、保障対象外になる場合もあるので要注意!
ベッドやタンスなどの大型家具は引越し業者にお任せしよう
パソコンの引越しは慎重に!必ずデータのバックアップをしておくこと
石油ストーブを持って行く場合の注意点
預金通帳や有価証券などは、他の荷物に紛れ込ませてはダメ
引越し準備中に出たゴミは早めに処分すること
引越し業者に依頼しても運べない荷物はある?
引越し業者の荷物一時預かりサービスを上手に活用しよう
粗大ごみを回収するための費用は?
新居のレイアウトを2部用意して引越し業者に渡しておくこと
引越しの際の衣類の梱包方法は?
荷造りテープやひも、毛布なども場合によっては準備が必要
食器棚や本棚、机、ソファーなどを処分するにはどうしたら?
植木鉢を引越すための梱包の方法
金魚鉢や水槽を引越すための梱包の方法
人形ケースを引越しで運ぶ際の注意点
引越の荷造りはいつから始めたらいい?
ビデオテープの梱包方法は?
ママチャリなら買い替えもあり?自転車の運搬費用は意外と高い
知ってた?引越しで仏壇を持っていく時の正しい手順
引越すついでに防災グッズに不足がないかチェックしよう
大切な人形やぬいぐるみはどうやって処分したらいいの?