引越し業者の荷物一時預かりサービスを上手に活用しよう

引越し業者の荷物一時預かりサービスを上手に活用しよう

家の増改築などを行う場合には、
工事の期間中に一時的に賃貸物件などに住む人が多いと思います。

その場合、部屋の広さの関係から、
全ての荷物を運び込むことが難しい場合もあるでしょう。

このような時は、
引越し業者の「荷物一時預かりサービス」を利用すると便利です。

荷物一時預かりサービスを活用すると便利

このサービスの特長は、引越しと同時に荷物を引き取って一定期間保管した上で、
さらに新居へ引っ越す際には預かった荷物も配送してくれるという点です。

仮の住まいへの引越しと、荷物の預かり、新居への引越しが
パッケージになっていると考えるとよいでしょう。

もし貸し倉庫などを利用した場合、長期間の荷物の保管には適していますが、
一時的に保管したいだけの場合や、荷物の運び出しや引取りなどのことを考えると、
自分でやるのは時間的にも労力的にも不都合です。

その点、引越し業者の荷物一時預かりサービスであれば、
増改築の際などの短期間の荷物の保管には、非常に適していると言えるでしょう。

新居の方が狭くてすぐに整理できない場合にも便利

また引越し先の新居が、旧居よりも狭く荷物が運びきれない場合にも、
荷物一時預かりサービスの利用がおすすめです。

すぐに使わない荷物はとりあえず預けておいて、
新居の荷物整理が落ち着いてから運び込みことができるので、
ゆっくり荷物の整理ができる点でとても便利です。

転勤などの急な引越しなどの場合にも、新居が荷物だらけにならないように、
こうしたサービスを利用することで、焦らずに少しずつ荷物を片付けていくことができます。

荷物を減らせば料金が安くなる

一時預かりの場合、引越しと同じで、
荷物の量や大きさで料金が変わってきます。

ですので、なるべく荷物を減らしておくことで、
一時預かりの料金を抑えることができます。

不用品や長い間使っていない物は、
売ることも検討しましょう。

大型の粗大ごみが出た場合には、
すべてまとめて回収してくれる「エコノバ」がおすすめです。

買い取りにも対応しているので、
運が良ければ無料で回収してくれるかもしれません。

エコノバの公式サイトを見てみる

荷物の一時預かりに対応している業者を探すコツ

荷物の一時預かりはオプションとなり別途料金がかかりますし、
すべての業者が対応してくれるわけではありません。

そのような場合は、一括見積もりサービスを利用してみましょう。
一括見積もりサービスは料金の比較だけではなく、
オプションに対応してくれる業者を見つけるのにも便利です。

荷物一時預かりをオプションとして選択するか、
備考欄に「荷物の一時預かり◯日間希望」と書いて見積もりを出してみましょう。

そうすれば、一時預かりに対応している業者からのみ見積もりが返ってくるので、
自分で探すより効率もいいですし、さらに料金も安くできます。

このようなサービスを有効利用して、
オプション対応してくれる安い業者を見つけてみましょう。

無料で使える一括見積もりサイトはこちら

おすすめの一括見積もりサイト

引越し達人
引越し達人

引越し達人は一括見積もりサイトの中では老舗に入るサイトで、
15年以上の運営歴史があります。

昔から運営しているだけあって信頼度は高く、
安心して利用できる引越し業者がたくさん登録されています。

また、最大で60,000円のお祝い金など、
お得なプレゼントも色々あるので、どれか一つを選ぶなら、
まずは引越し達人を使って探すのがおすすめです。

公式サイトはこちら

LIFULL引越し
LIFULL引越し

TVCMでもお馴染み「HOME’S」が運営していたサイトが、
リニューアルされてLIFULL引越しになりました。

一括見積もりサイトとしては比較的新しいので、
その分特典なども充実していてお得感があります。

見積もりサイトによって割引や特典が違うので、
一回覗いてみてどれを使うか決めるのもいいですね。

公式サイトはこちら

引越し侍
引越し侍

奇抜なテレビCMで話題の、引越し侍の一括見積もりサイトです。

知名度が高く、230社以上の業者が登録されいていて、
キャッシュバックなどのキャンペーンも頻繁におこなっています。

少しでも多くの業者を比較したいなら引越し侍を使ってみましょう。

公式サイトはこちら


 

この記事に関連するページ

効率良く荷物を整理するためのポイント【まとめ】
引越し前にいらない物をリサイクルショップで売れば二重でお得!
リサイクルショップで買取りしてくれなかった荷物を処分する方法
荷作りをする前に準備しておくべきものを確認しよう
無料、または有料で引越し荷造り用のダンボールを集める
ダンボールの正しい組み立て方と荷物を詰める際のコツ
古新聞は荷造りで使えるので前もってためておこう
ガラスや陶器などの割れ物を荷造りする際の注意点
びん類を上手に梱包する方法
包丁などの刃物を梱包する時は厳重に!
ハンガーBOXを使うとコートやスーツが楽に運べる
テレビやオーディオなどの配線は、後でわかるように目印をつけておく
引越し前日までに冷蔵庫の電源を抜いておくこと
事前に洗濯機のサイズと排水ホースの長さを確認しておくこと
新居へふとんを運ぶ際の梱包方法
高価な置物やAV機器は、保障対象外になる場合もあるので要注意!
ベッドやタンスなどの大型家具は引越し業者にお任せしよう
パソコンの引越しは慎重に!必ずデータのバックアップをしておくこと
石油ストーブを持って行く場合の注意点
預金通帳や有価証券などは、他の荷物に紛れ込ませてはダメ
引越し準備中に出たゴミは早めに処分すること
引越し業者に依頼しても運べない荷物はある?
粗大ごみを回収するための費用は?
新居のレイアウトを2部用意して引越し業者に渡しておくこと
引越しの際の衣類の梱包方法は?
荷造りテープやひも、毛布なども場合によっては準備が必要
食器棚や本棚、机、ソファーなどを処分するにはどうしたら?
植木鉢を引越すための梱包の方法
金魚鉢や水槽を引越すための梱包の方法
人形ケースを引越しで運ぶ際の注意点
引越の荷造りはいつから始めたらいい?
ビデオテープの梱包方法は?
ママチャリなら買い替えもあり?自転車の運搬費用は意外と高い
知ってた?引越しで仏壇を持っていく時の正しい手順
引越すついでに防災グッズに不足がないかチェックしよう
大切な人形やぬいぐるみはどうやって処分したらいいの?