ダンボールの正しい組み立て方と荷物を詰める際のコツ

ダンボールの正しい組み立て方と荷物を詰める際のコツ

引越しの際はダンボールの底を交差させる程度に組み立てるのは、
底が抜ける危険性があるので、必ずやめてましょう。

梱包用のダンボールは、底をしっかり閉じて、綴じ目をガムテープで止め、
さらに十字になるよう、中央に1本ガムテープを張っておくと
より強度が増すでしょう。

また強度を強めようと、やたらとガムテープを張る人もいますが、
これは運搬の際に手を滑らせることになるので、
逆に避けたほうがよいかもしれません。

荷物の重さでダンボールのサイズを変えよう

荷物の梱包の基本は、

  • 重いもの→小さい箱へ入れる
  • 軽いもの→大きな箱へ入れる

ということです。

特に本や食器など、小さくて質量のあるものに関しては、
梱包に気を配るようにしましょう。

こうしたものを普通のサイズの箱いっぱいに詰めようとすると、
総重量が重くなりすぎて、
どれだけ頑丈な箱でも底が抜ける危険性があります。

こうしたものを梱包する際は、
できるだけ小さい箱に入れるようにしたり、
あるいはいくつかの箱に分散して梱包するよう、注意しましょう。

緩衝材として新聞紙をしっかり使うこと

引越し中に荷物が破損する最大の原因は、
荷物の落下でもなんでもなく、
実は箱の中で荷物がぶつかりあうことにあります。

そのため、ダンボールに荷物を梱包する際は、
よほど壊れにくいものでない限り、
必ず荷物と荷物の間に緩衝材を入れるようにしましょう。

ちなみにこの際に使用する新聞紙は、
まっさらなままのものを敷き詰めるのではなく、
一度くしゃくしゃに丸めて広げたりすることで、
さらに衝撃を吸収するようになりますのでオススメです。

もちろん本来の緩衝材であるエアーキャップや
発泡スチロールなどをつかうのも良いのですが、
こうしたものは購入することになりますし、
大量に使うと意外な出費になるのであまりオススメはできませんね。

梱包が終わったら目印を

荷物をダンボールに入れ終わったら、
すかさず目印を書いておくと搬入の際に非常に便利です。

書いておくのは、

通し番号(1,2など)
部屋番号(2階右、居間など)
中身の荷物(衣服、食器など)

これらをダンボールの上部と横部に書いておけば、
搬入時にどの荷物をどれぐらい、どこへ運ぶのかわかりやすく、
また紛失があった場合でもすぐに気づくでしょう。

これらさえできればダンボールの梱包は完璧です。

あわせて読みたい記事

この記事に関連するページ

効率良く荷物を整理するためのポイント【まとめ】
引越し前にいらない物をリサイクルショップで売れば二重でお得!
リサイクルショップで買取りしてくれなかった荷物を処分する方法
荷作りをする前に準備しておくべきものを確認しよう
無料、または有料で引越し荷造り用のダンボールを集める
古新聞は荷造りで使えるので前もってためておこう
ガラスや陶器などの割れ物を荷造りする際の注意点
びん類を上手に梱包する方法
包丁などの刃物を梱包する時は厳重に!
ハンガーBOXを使うとコートやスーツが楽に運べる
テレビやオーディオなどの配線は、後でわかるように目印をつけておく
引越し前日までに冷蔵庫の電源を抜いておくこと
事前に洗濯機のサイズと排水ホースの長さを確認しておくこと
新居へふとんを運ぶ際の梱包方法
高価な置物やAV機器は、保障対象外になる場合もあるので要注意!
ベッドやタンスなどの大型家具は引越し業者にお任せしよう
パソコンの引越しは慎重に!必ずデータのバックアップをしておくこと
石油ストーブを持って行く場合の注意点
預金通帳や有価証券などは、他の荷物に紛れ込ませてはダメ
引越し準備中に出たゴミは早めに処分すること
引越し業者に依頼しても運べない荷物はある?
引越し業者の荷物一時預かりサービスを上手に活用しよう
粗大ごみを回収するための費用は?
新居のレイアウトを2部用意して引越し業者に渡しておくこと
引越しの際の衣類の梱包方法は?
荷造りテープやひも、毛布なども場合によっては準備が必要
食器棚や本棚、机、ソファーなどを処分するにはどうしたら?
植木鉢を引越すための梱包の方法
金魚鉢や水槽を引越すための梱包の方法
人形ケースを引越しで運ぶ際の注意点
引越の荷造りはいつから始めたらいい?
ビデオテープの梱包方法は?
ママチャリなら買い替えもあり?自転車の運搬費用は意外と高い
知ってた?引越しで仏壇を持っていく時の正しい手順
引越すついでに防災グッズに不足がないかチェックしよう
大切な人形やぬいぐるみはどうやって処分したらいいの?