粗大ごみを回収するための費用は?

粗大ごみを回収するための費用は?

引越しは、粗大ごみを処分するいい機会です。
この際ですから、いらないものを全て処分し、家をスッキリさせましょう。

また粗大ごみを処分しないで引越し先へ持って行ってしまうと、
引越し料金も高くなります。
引越し料金は、荷物の量によって大きく変わってくるからです。

粗大ごみを運んで引越し料金が高くなるほど、バカらしいことはないです。
そこで粗大ごみを回収するための費用がどのくらいなのかをまとめました。

リサイクル

粗大ごみを処分する方法として、まず検討するのがおすすめなのは、
リサイクルショップに売却すること。

リサイクルショップに売却できれば、回収費用がかからず、
逆に代金を受け取れますから、お得なのはいうまでもありません。

また、リサイクルショップは、粗大ごみを引き取りに来てくれます。
これも大きなメリットだと思います。

ただしリサイクルショップは、どんなものでも引き取ってくれるわけではありません。
リサイクルショップで引き取ってもらえなかったものについては、
その他の方法を考えなければいけなくなります。

自治体の粗大ごみ回収

粗大ごみを処分する方法のうち、リサイクルショップ以外で費用が一番安いのは、
自治体の粗大ごみ。

料金は、小さなものなら300円、大きさが大きくなるにつれ、
700円1,000円と決まっています。

ただし自治体の粗大ごみ回収は、色々と不便なところもあります。

まず、回収の日を予約しなくてはいけません。
これが引越しシーズンなどは、申し込んでから実際に回収されるまで、
2~3週間がかかることもあるため、早めに申し込まなくてはいけません。

それから自治体の粗大ごみ回収は、「粗大ごみ処理券」をコンビニなどで購入し、
それを貼っておかなくてはなりません。
さらに回収場所まで、自分で運ぶことも必要です。

民間の粗大ごみ回収業者

粗大ごみの回収は、民間の専門業者もやっています。
よく軽トラックで回っているやつですね。

料金は、業者によってピンからキリまであります。
目安としては、だいたい2,000円~になると思います。

自治体と比べると割高になってしまいますが、
すぐに動いてくれるので利用者も多いです。

少しでも安くゴミを回収してもらう方法としては、
複数の業者から相見積もりを取って比較することです。

今では引越し業者だけではなく、
ゴミの回収業者もネット上で簡単に比較できますので、
このようなサービスを上手に利用して、お得にゴミを片付けましょう。

ゴミ回収業者一括比較「エコノバ」の公式サイトへ

引越し業者に回収してもらう

粗大ごみは、引越し業者に回収してもらうこともできます。
見積もりも、引越し料金と一緒にできますし、回収も、
引越しの当日に引越し荷物と一緒にしてもらえますから、手軽だと思います。

これも、引越し業者によって費用が異なり、実際に見積りしてもらわなくてはいけません。
だいたい、1,000円~程度の料金で、民間の回収業者より少し安いくらいです。

ゴミの回収をしてくれる業者を探す場合にも、
一括見積もりサービスが便利です。

条件を指定して見積もりを出せば、
対応してくれる業者を簡単に見つけることができて、
しかも、それらの業者の料金も比較できます。

使えるものはうまく使って、賢く引越し作業を進めていきましょう。

条件を柔軟に設定できる一括見積もりサイトはこちら

この記事に関連するページ

効率良く荷物を整理するためのポイント【まとめ】
引越し前にいらない物をリサイクルショップで売れば二重でお得!
リサイクルショップで買取りしてくれなかった荷物を処分する方法
荷作りをする前に準備しておくべきものを確認しよう
無料、または有料で引越し荷造り用のダンボールを集める
ダンボールの正しい組み立て方と荷物を詰める際のコツ
古新聞は荷造りで使えるので前もってためておこう
ガラスや陶器などの割れ物を荷造りする際の注意点
びん類を上手に梱包する方法
包丁などの刃物を梱包する時は厳重に!
ハンガーBOXを使うとコートやスーツが楽に運べる
テレビやオーディオなどの配線は、後でわかるように目印をつけておく
引越し前日までに冷蔵庫の電源を抜いておくこと
事前に洗濯機のサイズと排水ホースの長さを確認しておくこと
新居へふとんを運ぶ際の梱包方法
高価な置物やAV機器は、保障対象外になる場合もあるので要注意!
ベッドやタンスなどの大型家具は引越し業者にお任せしよう
パソコンの引越しは慎重に!必ずデータのバックアップをしておくこと
石油ストーブを持って行く場合の注意点
預金通帳や有価証券などは、他の荷物に紛れ込ませてはダメ
引越し準備中に出たゴミは早めに処分すること
引越し業者に依頼しても運べない荷物はある?
引越し業者の荷物一時預かりサービスを上手に活用しよう
新居のレイアウトを2部用意して引越し業者に渡しておくこと
引越しの際の衣類の梱包方法は?
荷造りテープやひも、毛布なども場合によっては準備が必要
食器棚や本棚、机、ソファーなどを処分するにはどうしたら?
植木鉢を引越すための梱包の方法
金魚鉢や水槽を引越すための梱包の方法
人形ケースを引越しで運ぶ際の注意点
引越の荷造りはいつから始めたらいい?
ビデオテープの梱包方法は?
ママチャリなら買い替えもあり?自転車の運搬費用は意外と高い
知ってた?引越しで仏壇を持っていく時の正しい手順
引越すついでに防災グッズに不足がないかチェックしよう
大切な人形やぬいぐるみはどうやって処分したらいいの?