ガラスや陶器などの割れ物を荷造りする際の注意点

ガラスや陶器などの割れ物を荷造りする際の注意点

少しの衝撃でも割れてしまう可能性のある
ガラスや陶器類の梱包には特に気を使うもの。

他の荷物以上にしっかり梱包し、あとあと後悔のないように注意しましょう。

ひとつずつ注意して梱包しよう

割れ物の梱包は丁寧にやりすぎるぐらいでもかまいません。

まず、梱包はひとつずつしっかり新聞紙を巻くように徹底しましょう。
物によっては新聞紙よりもやわらかなタオルを使う、という手もあります。

その上で、箱詰めの方向にも注意するべきです。

たとえばお皿などは平積みではなく縦積みにするようにします。
これは運搬時、横よりも縦に大きく揺れ、衝撃も大きいためです。

そして、グラスやコップなど、箱詰めのときに隙間ができやすいものは、
しっかりと間を新聞紙で埋めること。

また飲み口などは下を向くように箱詰めすると安定するでしょう。

割れ物などは特にそうですが、
箱いっぱいに詰めずに、意図的に隙間をあけ、
むしろ梱包材で埋めるように注意したほうが良いでしょう。

引越し時のダンボールが多くなってしまうデメリットと
食器を詰めすぎて多くの破損品が出るかもしれないデメリット。

どちらを取るかなど、説明するまでもありませんよね。

重いものは下に、軽いものは上に置く

割れ物を箱詰めする基本中の基本として、
「重いものは下にいれ、軽いものを上にする」
というものがあります。

先ほども述べたように、運搬時の衝撃は横よりも縦に大きいのです。
またダンボールの重ね置きなどの要素もあります。
こうしたことから、箱の中で何を上下に重ねるかは非常に重要です。

ただし重くても、中が空洞になっている壺形状のものを梱包する際は注意。
こうしたものは極力上に物を置かずに、
小さなダンボールに入れて運ぶなどの配慮が必要になります。

割れ物を詰めたダンボールにはワレモノ表記を

こうした割れ物がひとつでも入っているダンボールには、
絶対に目に付くような大きさと色で「ワレモノ」と書いておきましょう。

ただ単に見てわかると言うだけでなく、
誰が見てもひと目で割れ物が入っているとわかるようにしておきましょう。

特に作業当日は慌しく動きますので、
その中でなかなかワレモノが分かりにくいと、雑に扱われるかもしれません。

そのため、わかりやすくカラーテープを張っておくというのもありですね。

あわせて読みたい記事

この記事に関連するページ

効率良く荷物を整理するためのポイント【まとめ】
引越し前にいらない物をリサイクルショップで売れば二重でお得!
リサイクルショップで買取りしてくれなかった荷物を処分する方法
荷作りをする前に準備しておくべきものを確認しよう
無料、または有料で引越し荷造り用のダンボールを集める
ダンボールの正しい組み立て方と荷物を詰める際のコツ
古新聞は荷造りで使えるので前もってためておこう
びん類を上手に梱包する方法
包丁などの刃物を梱包する時は厳重に!
ハンガーBOXを使うとコートやスーツが楽に運べる
テレビやオーディオなどの配線は、後でわかるように目印をつけておく
引越し前日までに冷蔵庫の電源を抜いておくこと
事前に洗濯機のサイズと排水ホースの長さを確認しておくこと
新居へふとんを運ぶ際の梱包方法
高価な置物やAV機器は、保障対象外になる場合もあるので要注意!
ベッドやタンスなどの大型家具は引越し業者にお任せしよう
パソコンの引越しは慎重に!必ずデータのバックアップをしておくこと
石油ストーブを持って行く場合の注意点
預金通帳や有価証券などは、他の荷物に紛れ込ませてはダメ
引越し準備中に出たゴミは早めに処分すること
引越し業者に依頼しても運べない荷物はある?
引越し業者の荷物一時預かりサービスを上手に活用しよう
粗大ごみを回収するための費用は?
新居のレイアウトを2部用意して引越し業者に渡しておくこと
引越しの際の衣類の梱包方法は?
荷造りテープやひも、毛布なども場合によっては準備が必要
食器棚や本棚、机、ソファーなどを処分するにはどうしたら?
植木鉢を引越すための梱包の方法
金魚鉢や水槽を引越すための梱包の方法
人形ケースを引越しで運ぶ際の注意点
引越の荷造りはいつから始めたらいい?
ビデオテープの梱包方法は?
ママチャリなら買い替えもあり?自転車の運搬費用は意外と高い
知ってた?引越しで仏壇を持っていく時の正しい手順
引越すついでに防災グッズに不足がないかチェックしよう
大切な人形やぬいぐるみはどうやって処分したらいいの?