3月、4月は引越し料金相場が高いので早めに予約しよう

3月、4月は引越し料金相場が高いので早めに予約しよう

引越しをするきっかけは人それぞれです。

急な転勤がきっかけの人もいれば、
保育園や幼稚園への入園、小学校への入学、
進学や就職、結婚や介護などで引越す人もいます。

もしも、引越しのタイミングを自分で選べる状況なのであれば、
繁忙期を避けて引越しすることを強くおすすめします。

いったいどうしてなのか詳しく見てみましょう。

3月は引越し料金が一番高い

4月からの新生活に向けて、引越しの需要が最も高く、
価格も最高値を記録するのが3月の引越しです。

特に3月は、就職や入学など避けられない事情によって時間的余裕の少ない
いわゆる「駆け込み引越し」が急増します。

そのため、引越し価格は通常の倍以上、しかも値引き交渉には一切応じない、
という業者がほとんどになります。

料金だけならまだしも、業者のスケジュールがいっぱいで、
予約したくても予約できないケースもあり得ます。

新居が決まってなくても引越しの見積もりはできるので、
引越しすることが確実な人は、すぐにでも見積もりを取りましょう。

やはり便利なのはネットの一括見積もりサービスです。
ほんの数分で複数の業者の料金を比較できるので、
急いでいる時にはかなり便利です。

特に、値下げ交渉がしにくい3月、4月の引越しでは、
一括見積もりを使うのと使わないのとで大きな差が出るので、
まだの人はなるべく早めにやっておきましょう。

無料で使える一括見積もりサイトはこちら

4月初旬も料金は高い

「2・3月は繁忙期で料金が高いから、ピークが過ぎた4月に引越せばいいや。」
と考える人がいるかもしれません。

しかし、実際のところ、
4月の第1週ぐらいまでは引越し価格が安くなることはありません。

それどころか、4月に入ってからの引越しは、
3月以上に時間的余裕がない人が多いため、
価格や日程の融通がさらにききにくくなる可能性すらあります。

もし繁忙期を避けて、4月に引越しをするのであれば、
「必要最低限の荷物だけ、先に宅急便で新居に送る」という方法もあります。

ベッドや冷蔵庫などの本格的な家具は、
4月中旬以降に業者を使って新居に搬入します。

旧居と新居の距離にもよりますが、
ダンボール1個を宅急便で送るくらいなら、高くても2~3千円程度しかかかりません。

しばらくは不便な生活を強いられますが、
これで引越し料金が半額になるなら、なんとか我慢できそうですよね。

ただしこの方法だと、
最低でも数週間は旧・新両方の家賃がかかってしまうし、
生活上不便だと感じることが多々出てきます。

この引越し方法を実施する場合は、
繁忙期と平常時の料金・ダブル家賃の費用をよく比較して、
本当に不便な生活で数週間生活できるか検討してください。

繁忙期にどうしても引越ししなくてはいけない場合は、
できるだけ無駄な費用が掛からないように、
効率の良い引越しを心がけましょう。

引越し時期や人数などによる引越し料金相場について、
詳しく解説している記事があるので、こちらも参考にして下さい。

あわせて読みたい記事

引越し費用を抑える方法

繁忙期は料金が高くなることが分かりましたが、
いったいどうすれば安く引越しすることができるのでしょうか?

ポイントは

  • 繁忙期を避ける
  • 荷物はなるべく減らす
  • 日程が決まったら早めに業者を決める
  • 業者は相見積もりで探す

の4つです。
詳しく説明していきます。

繁忙期を避ける

前述した通り、
2月~3月は引越し料金が年間で最も高い料金設定になっています。

もし時期をずらせられるのであれば、
単純にこの時期を避けて引越しをするようにしましょう。

また、12月も2・3月の次いで料金が高くなる時期なので、
避けたほうが無難です。

荷物はなるべく減らす

荷物が少ないと、
その分小さなトラック・少ないスタッフで引越しができるため、
料金が安くなります。

どうしても繁忙期を避けられない人でも、
これなら確実に実践できますよね。

使わなくなったものや、古くなったものなどは徹底的に処分しましょう。
ただ捨てるのではなく、リサイクルショップなどを利用すると、
ちょっとしたお小遣い稼ぎにもなります。

また、ベッドやベッドマットレスなどの大型家具は、
新居にクレーンで搬入したりすると、それだけで数万円の費用がかかるので、
思い切って処分してしまい、新しく買いなおすことも検討しましょう。

早めに業者を決める

引越しの日程が決まったら、なるべく早く引越し業者探しをはじめましょう。

日取りに余裕をもって申し込むことによって、
自分の希望する日時にスムーズに予約ができるだけでなく、
価格交渉の時間をたっぷり取ることができます。

また、業者によっては早割りの特典を受けられる場合もあります。

ずるずると業者決めを先延ばしにしていると、
引越し業者のスケジュールが埋まってしまう可能性があります。

自分の都合に合った日程をとることができなくなってしまうだけでなく、
日程が差し迫っている点を突かれて、価格交渉に応じてもらえなくなってしまいます。

業者は相見積もりで探す

引越し業者を探すときは、必ず相見積もりをして探しましょう。

相見積もりをすることによって、
引越し業者の間で価格競争が起こるため、
料金を安く抑えることができます。

特にインターネットの一括見積もりサイトは、
申し込んだ時点で、相見積もりをしていることが分かるので、
他社の見積もりをけんせいして、安めの料金を提示してきます。

更に、仮見積もりが集まったら、その中から数社選んで、
下見に来てもらい、本見積もりをもらいます。

本見積もりを比較したうえで値引き交渉をすると、
更に値段を安くしてもらえる可能性があります。

このように、引越し料金をなるべく安く抑える方法は沢山あります。

引越しの日程が決まったら、真っ先に引越し業者の選定からはじめるのが、
費用を抑えるための第一歩です。

まだ業者を決められていない人は、まずは一括見積もりをしてみましょう。

おすすめの一括見積もりサイト

引越し達人
引越し達人

引越し達人は一括見積もりサイトの中では老舗に入るサイトで、
15年以上の運営歴史があります。

昔から運営しているだけあって信頼度は高く、
安心して利用できる引越し業者がたくさん登録されています。

また、最大で60,000円のお祝い金など、
お得なプレゼントも色々あるので、どれか一つを選ぶなら、
まずは引越し達人を使って探すのがおすすめです。

公式サイトはこちら

LIFULL引越し
LIFULL引越し

TVCMでもお馴染み「HOME’S」が運営していたサイトが、
リニューアルされてLIFULL引越しになりました。

一括見積もりサイトとしては比較的新しいので、
その分特典なども充実していてお得感があります。

見積もりサイトによって割引や特典が違うので、
一回覗いてみてどれを使うか決めるのもいいですね。

公式サイトはこちら

引越し侍
引越し侍

奇抜なテレビCMで話題の、引越し侍の一括見積もりサイトです。

知名度が高く、230社以上の業者が登録されいていて、
キャッシュバックなどのキャンペーンも頻繁におこなっています。

少しでも多くの業者を比較したいなら引越し侍を使ってみましょう。

公式サイトはこちら