掃除をまったくしないまま賃貸を退去するとどうなるの?

引越しで掃除をまったくしないまま賃貸を退去するとどうなるの?

賃貸物件を退去する際には、できる限り部屋を掃除して
キレイな状態で明け渡すことが基本です。

いくら自分はもう使わない部屋だからといって、
掃除もせずに退去するのはNGです。

【注意】 まだ業者を決めていない人は要チェック!

国土交通省によると、今年の春も希望の時期に引越しができない「引越し難民」が大量発生することが予想されています。

引越すギリギリで予約すると業者が見つからない場合も出てくるので、まだ引越し業者を決めていない人は早めに業者を見つけましょう。

無料の引越し見積もりサイトはこちら

退去時には原状回復が必要

借り主は退去時に部屋を原状回復することになっているので、
掃除を怠ると追加でクリーニング料を請求されてしまうことがあります。

自分が物件を探している時のことを考えれば想像できると思いますが、
どんなに家賃が安くても、部屋の床がべたついていたり、
水周りがカビだらけの物件を借りたいとは思わないでしょう。

このことからもわかるように、不動産業者や大家さんは
部屋をいかにキレイに保つかということをポイントにしています。

そのため借り主がいかにキレイな状態で部屋を出て行ってくれるか、
しっかりチェックしています。

自分でできる部屋の片付けや掃除などは、必ず自分で行うようにしましょう。

特に水周りのシミやカビは、特殊クリーニングの対象になると追加請求されることがあるので、
必要な場合は家庭用の洗剤なども使用して、できるだけ除去することが大切です。

敷金返金のポイントは退去時の部屋の見た目

とは言え、入居時と同じ状態に部屋を戻すことはなかなか難しいことも事実です。

通常の使用範囲でついた汚れは敷金から差し引かれることはないので、
あまり神経質に考える必要はありません。

ポイントは部屋に余分な荷物が残っていないこと、見た目がキレイなことなので、
部屋の引渡しまでに荷物を引き払って、掃除をしておけば通常はOKです。

部屋のクロスや建具に傷や汚れをつけてしまったとしても、
これらが目立たなければ問題ないことがほとんどです。

ただし、入居中につけた傷や汚れが目立つ場合は、
これらの修繕や除去を行っておくことをおすすめします。

傷は専用のパテや塗料などを利用して補修したり、
汚れは完全に落ちなくても、
洗剤を利用して薄くなるように掃除すると良いでしょう。

具体的には次のような場所に気をつけておきましょう。

シンク周りの水アカ

水アカ汚れは通常の使用範囲内での汚れをみなされない場合は多いです。

シンクや蛇口周りに水アカがびっしりついてしまって、
輝きがなくなっている場合はできるだけきれいにしておきましょう。

ちなみに水アカ汚れにはクエン酸配合の洗剤が良く効きます。
クエン酸を水で溶いたものをふりかけてキッチンペーパーなどをかぶせ、
しばらくおいた後に使い古した歯ブラシでこするときれいにできます。

キッチンの換気扇

キッチンの換気扇は汚れがひどくなりやすい場所で、
あまりに汚れている場合は敷金からひかれてしまう場合があります。

換気扇の汚れは油汚れなので、身近に使えるものでは重曹がおすすめ。
重曹を溶かした水にしばらく付けておくと、汚れが取りやすくなります。

浴室内

意外に汚れが目立ちやすいのが浴室内の壁の汚れ。

しかも浴室内の壁には石鹸やシャンプーが飛び散ったアルカリ性の汚れと、
皮脂汚れなど酸性の汚れが両方こびりついています。

アルカリ性の汚れにはクエン酸、酸性の汚れには重曹がそれぞれ効きますので、
少し面倒ですが併用してきちんときれいにしておきましょう。

壁や床に開いてしまった穴

壁に開けた穴でも画鋲やピンによるものであれば敷金差し引きの対象にはなりません。
ですが、釘以上の大きさの穴になると壁紙張り替えになってしまいます。

また家具などを引きずってしまってできた床の傷も同様。
ひっかきキズ程度であれば問題ありませんが、
凹みや穴が見て分かる程度になると、修復の対象になるのがほとんどです。

穴を埋めるためのパテはホームセンターなどに行けば500円ほどで買えるので、
目立つ穴がある場合には埋めてしまうこと。

人が生活する以上は多少の汚れや破損はつき物ですが、
敷金を差し引かれないためにも、完全に元には戻せなくとも、
見た目をある程度整えた状態で退去することが大切です。

荷物の処分費用がとられる場合もある

部屋に荷物が残っていると、
退去の際に処分費用がかかる場合もあるので、
持っていかない不用品などは、なるべく自分で処分しましょう。

不要品をできる限り安く処分する方法については、
リサイクル業者のまとめページに詳しく書いてあるので、ぜひ参考にしてください。

また、どうしても引越しまでに時間がなくて処分できない場合は、
引越し業者がきた際に、ついでに不要品を引き取ってもらうことも出来ます。

この場合は引越し料金に加えて別途費用が発生しますが、
大家側に任せるよりは多少安くなります。

以下のページを参考になるべく安い業者を見つけてください。

敷金返還どころか高額請求が!どうすればいい?

部屋の退去時のトラブルとして、稀にあるのが、
「敷金を超える料金を補修費用として請求された」
というケースです。

これについて、まずはっきりと知っておいてほしいのは、
日常的に掃除をしながら暮らしていれば、退去費用・補修費用は請求されないはず、
ということです。

もちろん、さきほども言ったように、

  • 壁や柱の目立った傷跡
  • ペットを飼っていた事による傷や汚れ、強いニオイ
  • タバコのヤニによる汚れ
  • その他、清掃を怠ったことによる著しい汚れ

などは敷金から補修費用として差し引きされる可能性があります。

しかし、それ以外の経年劣化によるものは補修費用請求の対象外ですし、
ましてや敷金を超えるほどの請求になることはないはずです。

請求された金額に納得が行かない場合、
段階を踏んで請求が正しいものかどうかを検証するとよいでしょう。

このとき、まずチェックしておきたいのが、
国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」です。

国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」

どの程度までは借主の負担となるか分かりますので目を通してみてください。

また各自治体の不動産関係相談窓口に連絡をしてみたり、
国民生活センターなどに相談する方法もあります。

こうした行政機関では、かなり詳しく話を聞いてくれますので、
その請求金額が妥当なものかどうかはっきりするでしょう。

「住んでいる地域 敷金 相談」
で検索すればほぼ確実にヒットすると思います。

その上で不当な請求金額であることがわかった場合、
直接貸主や管理会社に連絡をして、
もう一度補修費用の見積もりを依頼することができます。

自分で直接言うのが怖い、相談してみたけどよく分からないという人は、
敷金返還請求を請け負っている法律事務所なんかもあります。

自分で直接交渉するのに比べ依頼料がかかりますが、
請求金額より高額になることはまずありませんので、検討してみてください。

いずれにせよ、高額請求をされたからといってそのまま素直に払う必要はないんです。

そんなに数が多いわけではありませんが、
払ってくれれば儲けものと、わざと高額請求をしてくる管理会社もあるそうなので、
気をつけておきましょう。

レオパレスなどマンスリーマンションの退去時の清掃

なお、レオパレスなどのマンスリーマンションの契約タイプでは、
退去時に必ず清掃料が差し引かれることが多いようです。

これは入居時の契約内容に明記されている場合がほとんどで、
通常の賃貸物件と違って、普通に使っていても請求されるもの。

清掃料の価格相場は、部屋の間取りや入居期間などによって異なりますが、

  • 1DK…11,000円~30,000円
  • 2LDK、3LDK…35,000円

というのが一般的のようです。

ただ、ここで勘違いしやすいのが、
退去時に必ず清掃料を支払うから清掃しなくても良いというわけではありません。

著しい汚れや備え付け家具の破損があった場合は、
通常の賃貸物件と同じく、追加請求が発生することもあるため注意しましょう。

マンスリーマンションだからといって特別何かを意識することはありませんが、
通常の賃貸物件の退去時同様、きれいに掃除をしておく心構えは持っておきましょう。

あわせて読みたい記事

おすすめの一括見積もりサイト

引越し達人
引越し達人

引越し達人は一括見積もりサイトの中では老舗に入るサイトで、
15年以上の運営歴史があります。

昔から運営しているだけあって信頼度は高く、
安心して利用できる引越し業者がたくさん登録されています。

また、最大で60,000円のお祝い金など、
お得なプレゼントも色々あるので、どれか一つを選ぶなら、
まずは引越し達人を使って探すのがおすすめです。

公式サイトはこちら

LIFULL引越し
LIFULL引越し

TVCMでもお馴染み「HOME’S」が運営していたサイトが、
リニューアルされてLIFULL引越しになりました。

一括見積もりサイトとしては比較的新しいので、
その分特典なども充実していてお得感があります。

見積もりサイトによって割引や特典が違うので、
一回覗いてみてどれを使うか決めるのもいいですね。

公式サイトはこちら

引越し侍
引越し侍

奇抜なテレビCMで話題の、引越し侍の一括見積もりサイトです。

知名度が高く、230社以上の業者が登録されいていて、
キャッシュバックなどのキャンペーンも頻繁におこなっています。

少しでも多くの業者を比較したいなら引越し侍を使ってみましょう。

公式サイトはこちら