郵便局(郵便物)の転送手続きについて

郵便局(郵便物)の転送手続きについて

引越しをして、いくら自分で
「必要な人全員に引越しの挨拶を送った」
と思っていても、必ず漏れはあるものです。

そんなときの保険として、郵便物の転送手続きは必ず行なっておきましょう。

最寄の郵便局に転送届を出すだけでOK

住所変更手続きの一環として、
郵便局にも転居届を提出しておくことを忘れないようにしましょう。

この転居届さえだしておけば、
旧居宛に届いた郵便物を新居に転送してくれる
「郵便物転居・転送サービス」を無料で一年間受けることができるのです。

これをしておけば、万が一引越しの連絡を忘れていた人からの郵便物も
きちんと手元に届くようになります。

郵便局へ行って直接届け出する場合は、

  • 印鑑
  • 身分証

が必要になりますので、忘れないようにしておきましょう。

また忙しくて郵便局に行く余裕がない、
という場合はインターネットで転居届を出すこともできます。

ただし、インターネットで申請した場合は、
本人確認のために後日郵便局員が訪ねてくることもありますので、
身分証明はその際に行なってください。

郵便物の転送期間は原則1年間有効

郵便物の転送サービスは、申し込んでから1年間続きます。

この間に旧居に郵便物を送ってきた人や企業に対して新住所を伝え、
転送サービスを利用しなくてもすべての荷物が新居宛に届くようにする、
というのが基本になります。

ただし、1年以内にどうしても連絡が行き届かず、
転送期間を延長したい、ということであれば、
更新手続きを行なうことでさらに1年間延長することができます。

ですがこれはあくまで例外的な措置になりますので、
できるだけ1年間のみの利用で終わるようにしておきましょう。

あわせて読みたい記事