荷造り(荷物の梱包)だけを引越し業者に依頼したい

荷造り(荷物の梱包)だけを引越し業者に依頼したい

引越しで最も時間と労力がいるのは何でしょう。
実際に引越しをした人であればわかるでしょうが、
それは運搬でも運び入れでもなく、実は荷造りなのです。

しかし需要のあるところには供給があるもの。
実は荷造り専門の業者もいることをご存知ですか?

引越しで最も大変な作業を業者に依頼して楽をしよう

荷物の搬出入や運搬などは、
確かに引越しの中でも大変な作業かもしれませんが、
一時の肉体労働でしかありません。

それに対し、実のところ最も時間と労力が取られるのは荷造りです。
特に小さなお子さんのいるご家庭や単身者の場合はそれが顕著でしょう。

そのため引越しを予定している人の中には、
「車の手配もできるし、荷物の運び入れもやるから荷造りだけやってくれないかな」
という人もいるでしょう。

そういった人にオススメなのが、
荷物の梱包だけを行なう専門業者です。

荷造りを含めたサービスは引越し業者に依頼することもできますが、
荷造り専門の業者の場合、

  • 引越し業者以上にきめ細かいサービス
  • 梱包スタッフを女性のみに依頼できる
  • 作業は引越し当日に終わるので、それまでは普通に生活可能

など、引越し業者にはないメリットが多く存在します。

また引越しというより、完璧に荷造りのプロなので、
破損などの心配もかなり軽減されるはずですよ。

荷造り専門業者の料金相場は?

引越し作業の中でも面倒な荷造りをしてくれるのは非常に楽なことですが、
気になるのはその料金ですよね。

そこで代表的な業者のひとつ「引越し荷造りサービスコンポ」
の価格を一例にして説明します。

部屋の大きさ 作業員数 料金
~3DK 2名 24,000円~
4LDK~ 3名 36,000円~
キッチンのみ 2名 24,000円~

上記のように部屋の大きさに応じて作業員数が変わり、
その作業員数によって基本料金が変わっているようです。

ちなみに上記は梱包のみの料金となっており、
荷解きも依頼する場合は、ほぼ同額の料金がプラスされるようです。

運搬や搬出入を自分でする場合、
確かに引越し業者に依頼するよりは安くなりますね。

しかしこれは自分や他に手伝ってくれる人の対価を考慮に入れていない場合です。
梱包だけの料金と考えると少々高く感じるかもしれませんね。

利用する場合は、時間や労力などと相談し、後悔のないようにしてください。

荷造りのみの料金をすこしでも安くしたい場合は、
荷物量を減らしておくことも大事です。

以下の記事を参考にして、不用品などを処分しておきましょう。

あわせて読みたい記事

データ関連の荷物はバックアップ必須

こうした荷造り専門業者に依頼する場合だけの話ではありませんが、
仕事を依頼する際に特に気をつけたいのが、
PCやDVDなどデータ関連の荷物の取り扱いです。

こうした業者は万が一の事故に備えてしっかりと保険に入っているものの、
PC内のデータなどに関しては復旧がきかず、保険適応外となっているのです。

いかにプロであろうと、
大きな荷物を移動させる引越しでは事故が起きないと断言はできません。

大切なデータを失ってからでは遅いので、
必ず作業前に自分でバックアップを取っておくようにしましょう。

この記事のまとめ
  • 荷造りだけなら専門業者に依頼しよう
  • 荷造りだけの業者が極端に安い、ということはない
  • データは保険適用外。必ずバックアップを

おすすめの一括見積もりサイト

引越し達人
引越し達人

引越し達人は一括見積もりサイトの中では老舗に入るサイトで、
15年以上の運営歴史があります。

昔から運営しているだけあって信頼度は高く、
安心して利用できる引越し業者がたくさん登録されています。

また、最大で60,000円のお祝い金など、
お得なプレゼントも色々あるので、どれか一つを選ぶなら、
まずは引越し達人を使って探すのがおすすめです。

公式サイトはこちら

LIFULL引越し
LIFULL引越し

TVCMでもお馴染み「HOME’S」が運営していたサイトが、
リニューアルされてLIFULL引越しになりました。

一括見積もりサイトとしては比較的新しいので、
その分特典なども充実していてお得感があります。

見積もりサイトによって割引や特典が違うので、
一回覗いてみてどれを使うか決めるのもいいですね。

公式サイトはこちら

引越し侍
引越し侍

奇抜なテレビCMで話題の、引越し侍の一括見積もりサイトです。

知名度が高く、230社以上の業者が登録されいていて、
キャッシュバックなどのキャンペーンも頻繁におこなっています。

少しでも多くの業者を比較したいなら引越し侍を使ってみましょう。

公式サイトはこちら


 

この記事に関連するページ

大手引越し業者のサービスプランを比較してみました
良い引越し業者と悪い業者の違い、見極めのポイント
引越し業者から見積りをとる際に注意すること
2トントラックに入る荷物量の目安と料金はどれくらい?
引越し業者の見積もりは基本的に無料で請求できる
インターネットで見積もりをした場合、どれくらいで返事がくる?
引越し業者によって料金が大きく違う理由
引越し業者の下見は必要?当日質問される内容は?
引越しは直前でキャンセルすると違約金が発生するので注意
正式見積もりが出た後で荷物の量が変わったらどうするの?
引越し業者の作業開始時間は指定できる?
引越し業者へ代金の支払いをするタイミングはいつ?
新居へ荷物を搬入する際の注意点
急いで(今すぐ)引越しをしたい場合はどうすればいい?
まだ新居が決まっていない状態で引越しの予約はできる?
相見積もりをする際に注意すべきポイント
インターネットで見積もり請求をした後の勧誘について
引越し業者に心づけ(チップ)は必要?
引越し業者のトラックには同乗することはできない
地元業者と大手の引越し業者、頼むならどちら?
チャーター便、混載便ってどんなもの?
引越し業者のトラックの大きさと料金体系について
エレベータがあるとないとで引越し料金はどう変わる?
マンションの階数によって引越し料金が違うので注意
引越し業者はどこを選ぶのがいいでしょう?
引越しスタッフにはお金・小銭を包んだほうがいい?
貴重品は引越しの当日、荷物と一緒に運んでもらえる?
引越しのおまかせプラン・らくらくパックの料金は?
単身用コンテナフルパック・ミニ引越しのサービスと料金は?
日通・コンテナパックの特徴は?
最近噂の激安引越しってどんなサービスなの?
訪問見積もりで「電話が多い」「態度が悪い」営業マンは断ろう
1DK、2LDK、3DKの引越し料金の目安は概算でだいたいいくら?