新居へふとんを運ぶ際の梱包方法

新居へふとんを運ぶ際の梱包方法

ふとんの引越しには注意点こそ特にないものの、
非常にかさばりますし梱包などが面倒です。

しかしこうしたこともちょっとした工夫で楽ができますよ。

ふとん袋への楽な梱包方法

家具や家電などはともかく、
引越しではふとんの運搬が意外な大仕事になります。

とにかく量がかさばりますので、
できるだけコンパクトに抑えたいところですね。

そこで、一般的にふとんはふとん袋に梱包することになると思いますが、
この梱包を無闇にやろうとするとなかなかうまくいかないものです。

しかしふとん袋への梱包はちょっとしたコツがあるのです。

まずはふとんをいつもとは逆に畳んで重ねましょう。
具体的には、

  • 掛け布団
  • 毛布
  • 敷き布団

というように畳むのです。

そして、それらをふとん袋に入れるのではなく、
畳んだ上から逆にふとん袋をかぶせるようにし、
最後にひっくり返せば実に簡単に梱包できるはずです。

袋に詰めようとすると端がずれてしまったり、
なかなか袋の中に納まりにくかったりして大変ですので、
上記の方法を覚えておくと楽になりますよ。

かさばるふとんは圧縮袋を使ってコンパクトに

家族での引越しなどになると、
一家族分のふとんを運ぶというだけでかなりの量になってしまいます。
そこで利用したいのがふとん圧縮袋です。

現在では100円ショップでも売っているほどですから、
さほどお金もかかりませんし、
これさえあればふとんが多くてもある程度コンパクトにまとまります。

ただし、この圧縮袋は少し多めに用意しておいたほうがいいでしょう。
なぜなら圧縮袋に入るふとんの量にも限界があります。

少ない圧縮袋で済ませようとして、無理に詰め込んでしまうと、
運搬の際の衝撃で口が開いてしまうこともあります。

また、羽毛布団など圧縮袋を利用して運べないものもありますので
注意をしておきましょう。

ふとんで割れ物などを包んで運ばないように

引越しの際、割れ物の梱包が面倒だからといって、
ふとんの中に一緒にくるんで運ぼうとする人がいます。

確かにふとんはクッション性も高く、
割れ物と一緒に運ぶのは合理的に見えますが、
これは絶対にやめたほうがいいでしょう。

ふとんは他の荷物に比べてもぞんざいに扱われがちです。

そんな中に割れ物をいれてしまうと、
いかにクッション性が高くても破損する確率が高くなります。

またもしこれでワレモノが破損してしまうと、
その破片などでふとんに傷がつくことも。

多少面倒でも割れ物は割れ物でしっかり梱包し、
別に運ぶよう心がけてください。

あわせて読みたい記事

おすすめの一括見積もりサイト

引越し達人
引越し達人

引越し達人は一括見積もりサイトの中では老舗に入るサイトで、
15年以上の運営歴史があります。

昔から運営しているだけあって信頼度は高く、
安心して利用できる引越し業者がたくさん登録されています。

また、最大で60,000円のお祝い金など、
お得なプレゼントも色々あるので、どれか一つを選ぶなら、
まずは引越し達人を使って探すのがおすすめです。

公式サイトはこちら

LIFULL引越し
LIFULL引越し

TVCMでもお馴染み「HOME’S」が運営していたサイトが、
リニューアルされてLIFULL引越しになりました。

一括見積もりサイトとしては比較的新しいので、
その分特典なども充実していてお得感があります。

見積もりサイトによって割引や特典が違うので、
一回覗いてみてどれを使うか決めるのもいいですね。

公式サイトはこちら

引越し侍
引越し侍

奇抜なテレビCMで話題の、引越し侍の一括見積もりサイトです。

知名度が高く、230社以上の業者が登録されいていて、
キャッシュバックなどのキャンペーンも頻繁におこなっています。

少しでも多くの業者を比較したいなら引越し侍を使ってみましょう。

公式サイトはこちら