新居のレイアウトを2部用意して引越し業者に渡しておくこと

新居のレイアウトを2部用意して引越し業者に渡しておくこと

引越しが決まったら、新居の間取り図を利用して簡単なレイアウトを作りましょう。

引越しの際には、新居到着後は荷物が次々と運び込まれるので、
その場で荷物の置き場を考えていては指示が間に合わなくなってしまいます。

そこであらかじめ荷物の置き場所を書いた間取り図を作成した上で、
それをコピーして、作業開始前に引越し業者側にも渡しておくのが
スムーズな引越しのコツです。

間取り図は不動産業者にいえば取り寄せることができるはずなので、
必ず事前に大まかなレイアウトを決めた上で、引越し当日に臨みましょう。

最低限、大型の家具や家電については置き場所を決めておくべきですが、
できればダンボールなどの小型の荷物も、
どの部屋に運ぶかをあらかじめ決めておくと後が楽です。

各部屋に番号を振って、ダンボールを指定の部屋へ運んでもらおう

ダンボールは小形の荷物とは言っても、量が多くなると自分で運ぶのは大変です。
できるだけ業者に運んでもらい、引越し後の作業がスムーズに進むようにしましょう。

そのためには、新居のレイアウトを作った時点で、
各部屋に番号を振っておくことが大切です。

間取り図に振った部屋の番号と同じ番号を、
ダンボール側にも書き込んでおくことで運び先が一目でわかるので、
すべて引越し業者任せで荷物を運び入れることができます。

ポイントは、誰が見てもすぐ場所分かるように、
番号とあわせて部屋の名前も書いておくことです。

例えば

  • ①:一階のキッチン
  • ③:二階の角部屋

などと書いておけば、
運ぶ部屋の勘違いなどが起こりにくく、作業がスムーズに進みます。

上記の①や③というのは、すべての部屋の通し番号のことです。

ベッドなどの大型家具は、置き場所を図面に直接書き込んでおこう

ベッドやテーブルなどの大型の家具は、
新居に搬入したら所定の場所に設置まで必ず運んでもらいましょう。

なぜならこうした大型の家具は、自分一人では動かせない場合も多いので、
引越し業者がいるうちに配置してもらわないと後が大変だからです。

そのためにも、事前に置き場所を決めた上で、
間取り図に書き込んでおくことが必要です。

家具だけでなく、冷蔵庫や洗濯機などの大型の家電類についても、
同様に業者がいる間に設置してもらうようにしましょう。

あわせて読みたい記事

この記事に関連するページ

効率良く荷物を整理するためのポイント【まとめ】
引越し前にいらない物をリサイクルショップで売れば二重でお得!
リサイクルショップで買取りしてくれなかった荷物を処分する方法
荷作りをする前に準備しておくべきものを確認しよう
無料、または有料で引越し荷造り用のダンボールを集める
ダンボールの正しい組み立て方と荷物を詰める際のコツ
古新聞は荷造りで使えるので前もってためておこう
ガラスや陶器などの割れ物を荷造りする際の注意点
びん類を上手に梱包する方法
包丁などの刃物を梱包する時は厳重に!
ハンガーBOXを使うとコートやスーツが楽に運べる
テレビやオーディオなどの配線は、後でわかるように目印をつけておく
引越し前日までに冷蔵庫の電源を抜いておくこと
事前に洗濯機のサイズと排水ホースの長さを確認しておくこと
新居へふとんを運ぶ際の梱包方法
高価な置物やAV機器は、保障対象外になる場合もあるので要注意!
ベッドやタンスなどの大型家具は引越し業者にお任せしよう
パソコンの引越しは慎重に!必ずデータのバックアップをしておくこと
石油ストーブを持って行く場合の注意点
預金通帳や有価証券などは、他の荷物に紛れ込ませてはダメ
引越し準備中に出たゴミは早めに処分すること
引越し業者に依頼しても運べない荷物はある?
引越し業者の荷物一時預かりサービスを上手に活用しよう
粗大ごみを回収するための費用は?
引越しの際の衣類の梱包方法は?
荷造りテープやひも、毛布なども場合によっては準備が必要
食器棚や本棚、机、ソファーなどを処分するにはどうしたら?
植木鉢を引越すための梱包の方法
金魚鉢や水槽を引越すための梱包の方法
人形ケースを引越しで運ぶ際の注意点
引越の荷造りはいつから始めたらいい?
ビデオテープの梱包方法は?
ママチャリなら買い替えもあり?自転車の運搬費用は意外と高い
知ってた?引越しで仏壇を持っていく時の正しい手順
引越すついでに防災グッズに不足がないかチェックしよう
大切な人形やぬいぐるみはどうやって処分したらいいの?