各部屋にエアコンが設置されているかを確認しよう

各部屋にエアコンが設置されているかを確認しよう

部屋探しの条件は人それぞれですが、
エアコン付きの物件にするかどうかも悩むところだと思います。

エアコン無しでも生活に支障がなければ特に気にすることはありませんが、
必要な場合にはエアコンの有無は大きなポイントになります。

家賃の安さばかりに気をとられて契約してしまうと、
実際に生活を始めてから困ることも出てきます。

部屋数が多い場合はエアコンの台数も確認する

さらに部屋数が多い場合はエアコンの台数もチェックポイントになります。

リビングと寝室の間取りによっては、
2台以上設置されていないと快適に暮らせないこともあります。

内見の段階では実際の生活は想像しにくいかも知れませんが、
エアコンは快適な生活には欠かせない家電品なので、
部屋探しの段階からエアコンが必要かどうかを検討するようにしましょう。

エアコン有物件の方がお得?

エアコンはもはや生活必需品とも言える身近な家電品です。
設置されていない部屋の場合はエアコン購入も検討することになります。

エアコンは安いものでは5万円前後から販売されていますが、
取り付け工事の費用や、その後引っ越す際にも取り外しや搬送の費用がかかるので、
一概に買った方がお得とも言い切れません。

多少割高でもエアコン付きの物件であれば、
初期費用や引越しの度にかかる工事費用を抑えることができ、
また故障した場合には貸し主負担で修理してもらえるというメリットもあります。

既にエアコンを所有している場合も、
持ってきた方が得なのかどうか一度検討することをおすすめします。

大家さんに交渉してみよう

エアコンがついていない部屋でも、一度、
大家さんにつけてもらえないか交渉してみましょう。

ワンルームなどの狭い物件であれば、安いエアコンを1台設置するだけなので、
その分部屋の資産価値も上がることから、交渉に応じてくれる大家さんもいます。

ただし春など引越しの繁忙期と言われる時期には、
不動産業者も大家さんも強気なので交渉は通りにくくなります。

こうした交渉をする際には、時期を見極めて交渉を有利に進めるようにしましょう。

あわせて読みたい記事

この記事に関連するページ

引越しが決まったら今住んでいる家の契約を確認しよう
マンションやアパートに引っ越す場合に注意したいこと
春先に引っ越す場合は早めに不動産屋を回ろう
新居の前の道幅が狭いと引越し料金が高くなることも
ゴミステーション、宅配ボックスがあると便利
間取りのチェックは入念に行おう
賃貸契約書の内容は隅々までちゃんとチェックしよう
不動産屋へ行く時はキチンとした服装で
毎月の家賃は収入の1/3くらいまでを上限に
夫婦のみなら引っ越すのはマンション?それとも一戸建て?
引越し先の周辺環境が良いかどうかはかなり重要!
シェアハウスに引越したい!物件数が多い地域はどこ?
留学生で賃貸保証人がいない場合はどうすればいい?
初月の家賃が無料になる?フリーレント物件のメリット・デメリット
実際に歩いてみよう!物件情報の所要時間と実際にかかる時間の違い
新居の賃貸に盗聴器が仕掛けられていないか心配な場合は?
引越し先の地盤や活断層の調べ方
田舎暮らしも悪くない!自治体が引越しを支援してくれる?
役所とやりとりが必要!生活保護受給者の引越し注意点
女性(男性)カップルなどのLGBTの部屋探しはどうすればいい?
賃貸物件の更新料の相場はどれくらい?なぜ必要なの?