引越しのミカタ

引っ越すためのコツ、教えます。できるだけ楽チンに。しかも激安で。

おすすめ業者ランキングと料金節約のコツ!

新生活には何かとお金がかかるので、どうにか安く引越しをしたい。

 

でも、引越しははじめてで、
「どうすれば安く引越しできるのかわからない」と言う人も多いですよね?

 

そんな時は、インターネットの見積もり比較サービスを使いましょう。

 

見積もり比較をするだけで、
うまくいけば、相場の半額程度の料金で引越しすることができます。

 

引越しがはじめての人でも、経験したことがある人でも、
見積もり比較サービスを使うか・使わないかで、
かかる費用には天と地ほどの差がついてしまいます。

 

見積もり比較サービスを使わずに引越しした人は、
「確実に損をする」と言っても過言ではありません。

 

引越しすることが決まったけど、まだ引越し業者を決めていないという人は、
さっそく見積もりの比較からはじめましょう。

 

無料で使える一括見積もりサイトはこちら

 

料金が安くなる理由は?

ではどうして、見積もり比較をすると料金が安くなるのでしょうか?
それは、引越し業者の間で「料金の価格競争」が起こるからです。
順を追って仕組みを整理してみましょう。

 

まずはじめに、
複数の業者から見積もりを取り寄せることを「相見積もり」と言います。

 

見積もり比較サービスを使うと、
申し込んだ人が、相見積もりをしていることが自動的に分かるので、
引越し業者側は、なんとか自社で依頼を請け負いたいと考え、
料金をギリギリまで安くした仮の見積もりを提案してきます。

 

この時点で、全体の見積もり額を引き下げるのと同時に、
だいたいの相場も把握することができます。

 

次に、仮見積もりをくれたいくつかの業者に目星をつけ、
実際に下見を受けます。

 

下見の時点でば即決せずに、本見積もりを比較して値下げ交渉をすると、
更に競争が起きて料金が安くなる可能性があります。

 

このように、見積もり比較サービスを使うだけで、
簡単に価格競争を起こし、料金を安くすることができます。

 

もし仮に、見積もり比較サービスを利用せずに、
特定の引越し業者1社へ見積もり依頼をした場合、
料金相場は分からず、価格競争も起きないため、
業者側から言われた通りの見積金額で引越しをすることになります。

 

自分で地道に複数の業者へ連絡すれば、相見積もりをすることはできますが、
時間も手間もかかってしまいます。

 

見積もり比較サービスは、
強力な値下げ効果のある「相見積もり」が簡単にできるサービスです。

 

これを使わないのは、みすみす時間とお金を捨ててしまうようなもの。
利用料は0円なので、まずは試しに使ってみましょう。

 

2分で終わる引越し料金見積もり比較サービス

 

おすすめ引越し業者ランキングベスト10

当サイトが厳選した、おすすめの引越し業者ランキングベスト10を紹介します。

 

一括で見積もりを取ったほうが絶対に有利ですが、
引越し業者ごとの大まかな概要は知っておいても損はありません。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

アート引越センター

  • 対応エリア:全国
  • 設立:1982年5月
  • 評価:4.8

知らない人はいないと言っても過言ではないほど有名なアート引越センター。

旧居・新居のご近所さんへ粗品を配布してくれたり、新居に立ち入る作業員は新品の靴下を履いてくれたりなど、きめ細かいサービスが充実している業者です。

作業員の研修もかなり本格的で、研修ハウスを自社で持っているのも特徴の1つ。実際の引越し現場に近い環境で研修をすることで、技術だけではなく、建物の保護やマナーなども身についています。

そのため、引越しをするのがはじめてという人でも、安心して任せきりにすることができます。作業員を指名することもできるので、1度お願いして気に入った作業員がいれば、また同じ人に引越しをお願いすることも可能です。

クロネコヤマト

  • 対応エリア:全国
  • 設立:1982年5月
  • 評価:4.6

宅急便でおなじみのクロネコヤマトなら、「名前も聞いたことがないところにお願いするのはイヤ」という人でも安心です。

車両貸切の従来の引越し業者と違って、宅配トラックの空きスペースを利用して引越しをする点は、宅急便業者ならではの特徴。空きスペースを利用して運搬する方法なら、荷物量とトラックの大きさのミスマッチを防ぐので、料金をムダにすることはありません。

単身引越用のパックプランや、おじいちゃん・おばあちゃんのホーム入居プランなど、ニーズに合わせたプランも豊富です。依頼するサービスに迷った時は、「クロネコ引越し診断」で自分にピッタリのプランを探すこともできます。

アーク引越センター

  • 対応エリア:全国
  • 設立:1982年5月
  • 評価:4.5

荷物量・作業量で単純明快な見積もりをするのが特徴の引越し業者です。また、オプションサービスも充実していて、アンテナや食洗機・温水洗浄便座などの取り外し・取り付けの工事もしてくれます。

作業員は全員研修を受けた専門スタッフで、アルバイトは1人もいないため安心して任せることができます。

オリジナル資材の開発にも力を入れていて、大切な荷物も安心して梱包可能。桐ダンスなどの特にデリケートな家財は、油がつかないように白い手袋を着用してくれるなど、きめ細かい配慮をしてくれます。

アリさんマークの引越社

  • 対応エリア:全国
  • 設立:1982年5月
  • 評価:4.3

作業員に身元保証人付き身分証を業界ではじめて携帯させたのがアリさんです。さまざまな事情から、プライバシーに特に気を付けている人でも安心できます。

「お得日カレンダー」がサイトで確認できるので、日程をまだ決めきれていない人や料金を安く抑えたい人は、日程の目星をつけ安いです。

ANA・JALのマイルや、楽天ポイントも貯まるのでお得です。

日通

  • 対応エリア:全国
  • 設立:1982年5月
  • 評価:4.1

CMでもおなじみの引越し大手です。

単身・家族の引越しだけでなく、オフィスの引越しにも利用されています。

再利用できるオリジナルの梱包材で環境に配慮するだけでなく、箱詰め・荷ほどきの時間も短縮して料金も節約できます。

アクティブ感動引越センター

  • 対応エリア:全国
  • 設立:1982年5月
  • 評価:3.9

関東甲信越中心に全国に対応している、地域密着型の引越し業者です。

規模は大きくない反面、大手の引越し業者よりも融通が利きやすいのがポイント。

近距離や単身の引越しに向いています。

ケーエー引越センター

  • 対応エリア:全国
  • 設立:1982年5月
  • 評価:3.7

とにかく料金が安いのが特徴の引越し業者。荷物が少ない近距離の引越しなら、7,500円で済ませることができます。

ただし、対応エリアは関東に限定されています。

サカイ引越センター

  • 対応エリア:全国
  • 設立:1982年5月
  • 評価:3.5

全国170支社を越えるネットワークを持っている大手引越し業者です。

豊富な車種の自社車両を持っているため、荷物量にピッタリのトラックを使用できます。

40年以上の実績と知名度があるので、とても安心です。

ファミリー引越センター

  • 対応エリア:全国
  • 設立:1982年5月
  • 評価:3.4

地域密着型の引越し業者で、東京・埼玉・神奈川・千葉に対応しています。

リピート割引もあるので、頻繁に引越しをする人にも便利。

関東周辺にしか対応していないため、他エリアの引越しには不向きです。

ハート引越センター

  • 対応エリア:全国
  • 設立:1982年5月
  • 評価:3.1

知名度は高くないものの、全国に展開している引越し業者です。

グループ会社のリサイクルショップ「ハートガレージ」で、いらなくなった家具・家電などを無料で引き取ってくれます。

 

限界まで料金を安くする見積もり交渉術!

一括見積もりをしたので、
「料金を安くできた」と安心するのはまだ早いです!

 

料金を限界ギリギリまで安くするには、まだまだテクニックがあります。

 

例えば、

  • なるべく早く業者を選ぶ
  • 3月・12月を避ける
  • 平日・月中を選ぶ
  • 時間を指定しない
  • 下見までに不用品を決める
  • 即決しない

などがあげられます。

 

1つずつ詳しく説明していきます。

 

なるべく早く業者を選ぶ

「なるべく早く」とは具体的にいうと、
引越しする「1ヶ月以上前」のことです。

 

早く業者を選ぶと、
業者によっては「早割」をしてくれる場合があり、
おおよそ1,000円〜2,000円程度料金が安くなります。

 

また、早めの業者選びは、業者側のスケジュールに余裕があるので、
価格や作業の交渉にたっぷりと時間をかけられ、
引越し料金が安くなるチャンスがUPします。

 

3月・12月を避ける

3月・12月は、引越しシーズンです。
引越し業者にとっては繁忙期で、
料金も通常時の2倍近くまで跳ね上がります。

 

価格交渉も難しくなるので、どうしても外せない場合を除けば、
3月・12月は避けて引越しした方が料金を安く抑えられます。

 

平日・月中を選ぶ

一般的に、仕事や学校がお休みの土日・祝日に引越しをしたいと考える人が多いため、
引越し業者は混雑します。

 

引く手あまたの状態では、値引き交渉をしようとしても、
有利に進めるのは難しいでしょう。

 

反対に、平日の引越しを考える人は少ないため、引越し業者は空いています。
料金を安く抑えたいなら、平日が狙い目です。

 

また、月末・月初も業者が込み合うので、

 

「月中の平日」が一番料金の値引きがしやすい穴場です。

 

ただし、どんな時も例外はあるので、
「一番空いているのはいつ?」と直接業者に聞いてみるのが確実です。

 

時間を指定しない

朝便>午後便>時間指定なし(フリー便)の順で料金は安くなります。

 

はじめに、朝便は早朝から作業をはじめるので、その分早く引越しが終わります。
1日のスケジュールが組み立てやすく、一番人気です。
当然、料金も高くなります。

 

次に、午後便は作業終了が日没後になってしまう可能性はありますが、
時間が決まっているので、計画は立てやすいです。
利便性を考慮すると、朝便よりも料金は安くなります。

 

最後に、フリー便は引越し日は決まっているものの、
いつ業者がくるのか全く読めません。
計画が立てられないので、その分料金がぐっと安くなります。

 

ただし、フリー便を利用する場合は、
遠い場所への引越しや、
事情があって早く終わらせたい引越しなどには向いていません。

 

どの程度時間の融通を効かせられるのかを考えて、
時間を選ぶとよいでしょう。

 

下見までに不用品を決める

一括見積もりで複数の業者に仮見積もりを出してもらったら、
数社に絞り込んで、下見に来てもらいます。

 

業者が下見をすることによって、
トラックが家の前まで入ってこられるか・実際の荷物量はどれくらいあるかなどを確認し、
本見積もりを出すことができます。

 

ここで重要なのは、「荷物の量はなるべく減らす」ということです。

 

荷物が多ければ多いほど、
その分大きなトラックが必要になり、作業員も増えてしまいます。
それに比例して費用も高くなるので、
いらないものは処分するのが鉄則です。

 

ただし、処分するにはそれなりの時間がかかるので、
下見までに最低でも、
「持っていくもの」と「持っていかないもの」の整理だけはしておきましょう。

 

下見に来た営業マンに、
「これとこれは持っていきません」とシッカリ伝えればOKです。

 

即決しない

引越し業者の営業マンが下見に来ると、
「今ここでウチに決めてくれたら、さらに安くします。」と言ってきます。

 

でも、そこで即決してはいけません。
これは営業マンの十八番トークです。

 

他社の本見積もりと比較されたら、さらに値引き交渉される恐れがあるので、
営業マンはこれを阻止しようと、目先の利益を提示してきます。

 

ここはグッとこらえて、
自分が呼んだ全業者の下見をしっかりと受けてください。
もし、具体的に「今決めたらいくら値下げする」と言ってきた場合は、
忘れずにメモしておきます。

 

全ての業者の見積もりが出そろったら、
改めてどこの業者にしようか比較・検討をしましょう。

 

最終的に1社にしぼったら、担当の営業マンに電話をかけて、
「実は御社とA社で迷ってる。A社は○万円でやってくれる言うのですが…」と言いましょう。
こうすることで、ダメ押しの値引きをしてくれる可能性が高まります。

 

以上、引越し料金を限界まで安くするテクニックでした。
引越しの予定がある人はぜひ参考にしてみてください。

 

もしまだ引越し業者を決めていないなら、
まずは引越し料金の見積もり比較からはじめてみましょう。