ペットを連れた引越しの費用、注意点

ペットがいる家庭の引越しでは何よりもまずペットのことを優先すべき。

できるだけ負担の少ない方法で、
安心に引越しができるよう配慮してあげましょう。

ペットは専門業者に依頼するか別料金がかかる

ペットを含めた家族での引越しの場合、
まずはペットの移動方法を考えましょう。

引越しをする際、最も安心なのは自分たちと一緒に車などで移動することですが、
それができなければケージなどに入れて公共機関を利用する方法もあります。

しかし大型犬などこういった方法も取れない場合は、
専門業者か引越し業者に依頼するしかありません。

ちなみに専門業者に依頼すると料金がかかるのは明白ですが、
実は引越し業者にペットの輸送を頼んだ場合も
別料金が発生することを忘れないようにしてください。

なぜなら引越し業者は、物を運ぶことはできますが、
「命」を運ぶとなると、また専用のオプションが必要になるからです。

また認可の問題からペットを運ぶことができない引越し業者もありますので、
まずは最初に「ペットがいる」ことを相談しておきましょう。

ペット輸送の相場はどれぐらい?

ペット輸送の専門業者に依頼する場合、
その料金は輸送方法などによって大きく変わります。

下記にその一例を紹介しておきますので、参考にしてください。

車で直接引越し先まで移動する

旧居から新居まで、専用の車を使ってドアツードアで輸送する方法です。
条件によっては家族が同乗することもでき、
もっともペットにストレスなく引越しができる方法ですね。

料金は「東京→大阪」間で約10万円+諸経費となっています。

航空便を利用し中継を含んで輸送

航空機を経由して、家と空港間は専用車で輸送する方法です。
航空機内では家族と同乗できず、メリットは輸送時間が短くて済む点、
デメリットは航空機搭乗による気温や気圧の変化がある点です。

健康に不安がある場合はオススメできませんが、
時間的なストレスは感じにくいでしょう。
料金は「東京→大阪」間で約5万円といったところでしょう。

長距離トラックを使って他の荷物と一緒に輸送

最後に長距離トラックを使って輸送する方法もあります。
この場合、道の混雑状況によっては、
輸送時間が大きく左右されてしますことになります。

また当然ながら最も時間がかかる輸送方法なので、
ペットへのストレスは最も大きいと考えてよいでしょう。
ただし料金は最も安く、「東京→大阪」間で約4万円が相場です。

専門業者の場合、上記のうちいずれかの輸送方法を選ぶことになりますが、
費用が出せるのであれば
ペットのストレスを最大限軽減する方法を取るに越したことはありません。

また可能であれば、こうした業者を利用せず、
家族とともに移動する方法が最適なのは知ってのとおりでしょう。

引越し時はできるだけ目を離さないようにしよう

引越しによる環境の変化や作業時の騒音や違和感などは、
どうしてもペットに大きなストレスを与えてしまいます。

また場合によっては、普段と違った生活にパニックを起こし、
健康を害してしまうことも。

また最悪の場合、興奮して暴れたり脱走をすることで、
不幸な事故につながってしまう可能性も否めません。

そのため、引越しの際は、
できるだけ家族がつきっきりで面倒を見てあげるようにしましょう。

また上下関係を理解している犬などの場合であれば、
格上に位置する人がしっかり面倒を見てやることで安心し、
まったく動じないということもあります。

忙しく人手が少しでも欲しい引越しですが、
ペットは家具などには替えられません。
しっかりと守ってあげることが大切です。

ペットの輸送に対応している業者を探すコツ

上でも解説したとおり、
なるべくなら家族と一緒に新居まで連れていくのがいいのですが、
状況によって難しいということもあると思います。

そのような場合は、オプションで引っ越し業者に依頼すると思うのですが、
すべての引越し業者がペット輸送可とは限りませんし、
しかも、そのオプション料金にもけっこう差があります。

そのような場合は、
引越し業者の一括見積もりサービスを有効活用しましょう。

一括見積もりサイトは料金の比較だけではなく、
ペットも輸送してほしいなど、
特殊な引越しに対応している業者を探すのにも便利です。

見積もりサイトで条件を入力する際に、
ペットを輸送してほしい旨を備考欄などに記入しましょう。

そして、対応している複数の業者の中から比較検討して、
しっかり運んでもらえて安い業者に依頼しましょう。