引越し後の飼い犬やペットの登録手続きを忘れずに

ペットと一緒に引越した場合、
ペットの種類によっては保健所へ届け出る必要があります。

苦楽をともにしてきた家族のことですから、
しっかり手続きを行なうようにしましょう。

飼い犬がいる場合の手続き方法

ペットの中でも犬を飼っている家庭が引越しをしたら、
必ず保健所に届け出る必要があります。

人間と同じく、犬の住所変更というわけです。
まず引越しが決まったら引越し日2週間前までに管轄の保健所へ行きましょう。

その際、

  • 印鑑
  • 予防注射書
  • 狂犬病予防注射済証
  • 旧鑑札
  • 廃犬届

が必要になりますので事前に用意しておきましょう。

その後、新住所に引越し多後は、
30日以内に新しい保健所への届出が必要になります。

なお、引越し前に持っていった書類と同様のものが必要になりますので、
引越し時はどこかにしまわず、思い出せる場所に置いておきましょう。

注意としては引越し後、届出を忘れてしまうこと。

最悪の場合、罰金が科せられることもありますので、
速やかに手続きを行なうようにしましょう。

特定動物以外のペットは届出の義務なし

ちなみに、ここでは犬を例にして挙げましたが、
その他にも、指定されている動物を飼っている場合は届出が必要になります。

例を挙げると、

  • サル
  • タカなどの大きな鳥
  • ヘビ

などですね。

一方、猫や小鳥に関しては届出の必要がありません。

特殊なペットを飼っている場合は、指定動物に該当するかどうか、
しっかりと確認しておくようにしましょう。

あわせて読みたい記事