引越し業者から見積りをとる際に注意すること

引越しを依頼するのに慣れていない人なら
必ず戸惑うのが見積もりのとり方です。

見積もりは、引越し料金などに関わる非常に重要なポイントです。
間違いのないよう、見積もりは納得いくまで交渉しましょう。

見積もりには概算見積もりと正式見積もりがある

見積もりには大きく分けて2種類あります。
「概算見積もり」と「正式見積もり」です。

前者はインターネットや電話などで情報を集め、
大体このぐらいの金額になる、という大まかな見積もりです。

大まかな見積もり金額とはいえ、
知らなきゃ損?引越し見積もりの相場価格と絶対に安くなる値切方』で紹介した、
ネットの一括見積もりサービスでは、

  • 引越し希望日
  • 荷物の量・種類
  • 旧居と新居の住所(距離)
  • 住居の状況

などまで入力することができ、かなり現実に近い見積もり金額が出ますので、
有効活用して業者を比較するといいでしょう。

さて、こうした概算見積もりを依頼すると、
1,2日ほどで業者から概算見積もりの連絡があるはずです。
ここで、希望する業者をいくつかに絞りましょう。

下見に来る正式見積もりで業者を選択しよう

さて、人によっては概算見積もりだけで
業者を1社に絞ってしまうこともあるようですが、
これはあまり頭の良い方法とは言えません。

業者と正式に契約するのは、実際に下見に来てもらい、
「正式見積もり」を出してもらってからにしましょう。

この正式見積もりを依頼せずに引越しをすると、
概算見積もりでもらった情報と現実がかけ離れていて、
見積もり以上の金額が請求されるなどのトラブルを招きかねません。

そのため、下見は絶対に依頼するようにしましょう。

見積書をみて、納得がいくまで交渉をしよう

見積書にはその引越しの内訳がすべてしっかりと記載されているはず。

  • 基本料金
  • オプション
  • サービス
  • 梱包資材の種類(数)

こうしたものをよく読んで把握し、
不必要なものはないか、など交渉するための材料にもなるのです。

正規の業者であれば、こういった見積書に国土交通省の認可番号が記載されており、
同時に「標準引越運送約款」も渡してもらえるはずです。

違法業者を見抜くためにも、
見積書をしっかりチェックするのは最低限必要なことです。

訪問見積もり時の即決は厳禁!

契約の前に家に来てもらい正式な見積もりをもらうのですが、
その時、業者はそこで契約を取るために、
「今契約してもらえたら〜」といって、
様々な割引やサービスで契約をすすめてきます。

でも、この段階での契約はおすすめしません。

まずは一回帰ってもらって、見積もりをよく確認する時間を設けて、
料金の相場や他の業者との比較を再度行いましょう。

そうすることによって、業者がくれた見積もり書の疑問点にも気づくことができますし、
「希望していたサービスが含まれていなかった」というトラブルも未然に防ぐことができます。

「最終的にこの値段なら即決しても良い」、という料金をあらかじめ決めておけば、
訪問見積もり時に契約してもいいと思いますが、
その前に、引越し料金の相場はしっかりと確認しておきましょう。

出された見積もりの料金が高いと感じたら、
日にちや時間をずらすなどして、また違う条件で一括見積もりサイトを使って、
安い料金を提示してくれる業者を調べてみましょう。

おすすめの一括見積もりサイト

引越し達人
引越し達人

引越し達人は一括見積もりサイトの中では老舗に入るサイトで、
15年以上の運営歴史があります。

昔から運営しているだけあって信頼度は高く、
安心して利用できる引越し業者がたくさん登録されています。

また、最大で60,000円のお祝い金など、
お得なプレゼントも色々あるので、どれか一つを選ぶなら、
まずは引越し達人を使って探すのがおすすめです。

公式サイトはこちら

LIFULL引越し
LIFULL引越し

TVCMでもお馴染み「HOME’S」が運営していたサイトが、
リニューアルされてLIFULL引越しになりました。

一括見積もりサイトとしては比較的新しいので、
その分特典なども充実していてお得感があります。

見積もりサイトによって割引や特典が違うので、
一回覗いてみてどれを使うか決めるのもいいですね。

公式サイトはこちら

引越し侍
引越し侍

奇抜なテレビCMで話題の、引越し侍の一括見積もりサイトです。

知名度が高く、230社以上の業者が登録されいていて、
キャッシュバックなどのキャンペーンも頻繁におこなっています。

少しでも多くの業者を比較したいなら引越し侍を使ってみましょう。

公式サイトはこちら


この記事に関連するページ

大手引越し業者のサービスプランを比較してみました
良い引越し業者と悪い業者の違い、見極めのポイント
2トントラックに入る荷物量の目安と料金はどれくらい?
引越し業者の見積もりは基本的に無料で請求できる
インターネットで見積もりをした場合、どれくらいで返事がくる?
引越し業者によって料金が大きく違う理由
引越し業者の下見は必要?当日質問される内容は?
引越しは直前でキャンセルすると違約金が発生するので注意
正式見積もりが出た後で荷物の量が変わったらどうするの?
引越し業者の作業開始時間は指定できる?
引越し業者へ代金の支払いをするタイミングはいつ?
新居へ荷物を搬入する際の注意点
荷造り(荷物の梱包)だけを引越し業者に依頼したい
急いで(今すぐ)引越しをしたい場合はどうすればいい?
まだ新居が決まっていない状態で引越しの予約はできる?
相見積もりをする際に注意すべきポイント
インターネットで見積もり請求をした後の勧誘について
引越し業者に心づけ(チップ)は必要?
引越し業者のトラックには同乗することはできない
地元業者と大手の引越し業者、頼むならどちら?
チャーター便、混載便ってどんなもの?
引越し業者のトラックの大きさと料金体系について
エレベータがあるとないとで引越し料金はどう変わる?
マンションの階数によって引越し料金が違うので注意
引越し業者はどこを選ぶのがいいでしょう?
引越しスタッフにはお金・小銭を包んだほうがいい?
貴重品は引越しの当日、荷物と一緒に運んでもらえる?
引越しのおまかせプラン・らくらくパックの料金は?
単身用コンテナフルパック・ミニ引越しのサービスと料金は?
日通・コンテナパックの特徴は?
最近噂の激安引越しってどんなサービスなの?
訪問見積もりで「電話が多い」「態度が悪い」営業マンは断ろう
1DK、2LDK、3DKの引越し料金の目安は概算でだいたいいくら?