引越しのミカタ

リサイクル業者を上手に使えば引越しの処分費用が5万円もお得に!

引越しの荷造りには、不要品の処分が付きもの。

 

処分する予定の家具でも、まだ使えそうなものは、
買い取ってもらうのがお得です。

 

特に、冷蔵庫やベッドなど大型家具の場合は、

 

粗大ゴミや民間の回収業者に依頼した場合
リサイクルショップなどに買い取ってもらった場合

の2つを比べると、最終的に数万円単位の差になることもあります。
ただでさえ引越し準備には出費がかさむので、
いらないものはお金に換えて、費用を節約しましょう。

 

不用品を「売る」メリット

 

いらなくなった家具や家電などを捨てずに売ると、
「モノを減らす」以外にも色々なメリットを得られます。

 

1.引越し費用が安くなる

不用品を売る=「荷物が減る」ことで引越し料金が安くなります。

 

引越し業者の料金は、荷物の量が大きく関係してくるので、
できる限り、引越し前に荷物を減らしておくのが鉄則です。

 

目安としては、

 

「1人当たり:ダンボール10〜15箱」

 

に収めておくのが基本。

 

これを越えてしまうようなら、引越し先に持っていくものをもう一度見直して、
荷物を減らす工夫をしてみましょう。

 

また、

  • ピアノ
  • エアコン(取り付け、取り外し費用含む)
  • ベッド(キングサイズなど大型の場合)

 

などの特殊な家具は、それ単体で追加料金が発生してしまう場合がほとんどです。

 

ピアノのようになかなか買い換えが難しいものもありますが、
エアコンなどは思い切って処分してしまい、
引越し先で買い換えた方が安上がりなケースも多くなります。

 

2.処分費用がかからない

不用品を売ると、処分費用がかからなくなります。

 

「普通ゴミ」として回収に出せないタイプの家具は、
自治体の粗大ゴミ回収や、民間の処理業者に頼んでしまうと、
1点あたり数百円〜数千円の回収費用+リサイクル費用がかかってしまいます。

 

以下のような大型家具は、
リサイクルショップで買い取ってもらえることが多いので、
積極的に査定に出してみましょう。

 

家電製品

 ・・・冷蔵庫、洗濯機、テレビ、オーディオ機器、エアコン、パソコンなど

 

大型家具

 ・・・ベッド(木枠)、タンス、本棚、ソファー、キッチンテーブルなど

 

 

ただし、ベッドのマットレスは直接肌に触れるものなので、買い取ってもらえないケースが多いです。処分するなら早めに粗大ゴミ回収に出さないといけないので注意しましょう。

 

 

3.買い取り金額は収益

不用品を捨てる場合、ものによっては費用が掛かってしまいます。
そのため、捨てる=出費でしかありません。

 

反対に、不用品を買い取ってもらう場合は、
タダで処分できるうえに、買い取り金を支払ってもらえるので、
いくばくかの収益になります。

 

引越しの際に出る不要品はとにかく量が多いので、
1つ1つは少額でも、最終的には結構まとまった額になるものです。

 

「手続きがめんどくさそうだから」

「売りに行く時間がないから」

 

と、なんとなく不用品の転売を敬遠していた人も、
引越しを機会に一度、試してみるのがおすすめです。

 

どこに売るのが一番いい?

 

いらなくなった家具や家電、衣類や小物を売る方法は、

 

  1. フリーマーケット
  2. ネットオークション
  3. リサイクルショップ

 

の3つに大きく分けられますが、
一番おすすめなのはリサイクルショップです

 

どうしてリサイクルショップが一番おすすめなのかというと、

 

  • すぐに売れる
  • 大量でもまとめて買い取ってくれる
  • 集荷してくれる

 

という利点があるからです。

 

フリーマーケットの場合は、
開催する日に合わせないと売る場所がなく、
出店にお金がかかるケースもあります。

 

売るものは全て自分で会場に持ち込む必要があるのに、
商品が全て売れる保証はどこにもありません。

 

ネットオークションの場合は、
ものによっては高額な買い取り価格を付ける場合もありますが、
いつ売れるか全く見当がつきません。

 

また、個人同士のやりとりのため、
トラブルに発展することもあります。

 

リサイクルショップなら、荷物を持ち込む・発送するなどの手間が省けて、
大量の不用品でも売りたいときに一気に買い取ってくれます。

 

引越し日は決まっているので、
それまでに確実に処分できるリサイクルショップが一番おすすめというわけです。

 

リサイクル業者を使うコツ

 

一口にリサイクルショップといっても、色々なタイプのお店があります。
どんなリサイクル業者を選べばよいのか整理してみましょう。

 

1.集荷してくれる業者を選ぶ

不要品を自分でリサイクルショップまで運ぶのは、
面倒だし大変です。

 

特に、冷蔵庫などの大型家電は、
自家用車では収まりきらない場合もあります。

 

リサイクルショップに持ち込むためだけに、
レンタカーでトラックを借りたりたのでは、余計に費用が掛かってしまい本末転倒です。

 

  • 荷物の量が多い場合
  • 自分では運べない大型家具の場合

 

などは、自宅まで査定&集荷に来てくれる業者を選びましょう。

 

大きなリサイクルショップはもちろん、近所の小さなショップでも、
引越し処分なので大量に荷物が出ることを伝えれば、
無料で集荷してくれるところがほとんどです。

 

自宅集荷の場合、出張費用が査定価格から引かれるので、買い取り費用がちょっと安めになるケースが多くなります。それでも、自分でショップまで運ぶ手間や時間を考えれば悪くない条件なので、必要経費として割り切りましょう。

 

もし自宅近くにリサイクルショップがないなら、
ネットのリサイクルショップを利用してみましょう。

 

例えば、「買い取りプレミアム」なら地域によっては、
最短30分で無料の出張査定に来てくれます。

 

全国対応なので、リサイクルショップが近所にない地域に住んでいてもOKです。

 

 

買い取りプレミアムの公式サイトはこちら

 

2.集荷の予約は早めに

リサイクルショップの都合によっては、
連絡してから集荷に来てくれるまで時間がかかることもあります。

 

特に、年末や3月〜4月の引越しシーズンは、
リサイクル業者にとっても繁忙期なので、予約が一杯なこともあります。

 

遅くとも、希望日の1週間前までにはショップへ連絡を入れて、
作業日の日程を調整しておくとよいでしょう。

 

3.専門のショップで売る

少しでも買い取り価格を高めたいなら、
売りたいもののジャンル専門のリサイクルショップで査定してもらいましょう。

 

専門ショップなら適正価格を把握しているため、
思わぬ高値が付く場合もあります。

 

中でもネットショップなら、
送料無料もしくは無料集荷をしてくれるので、とても楽に利用できます。

 

各ジャンルの専門店を一覧にしたので、参考にしてみてください。

 

本やゲーム・CDなどを売る

重たくかさばる本や、CD・DVDなどを売るなら、
「Vaboo」がおすすめです。

 

商品5点から送料が無料になるので、少ない冊数でも売れるのがポイントです。
買取金額に納得いかない場合の返送料も無料なので安心です。

 

特に漫画やゲームに関しては、
大手の買取ショップに比べて高く買い取ってくれるのでおすすめです。

 

 

Vabooの公式サイトはこちら

 

パソコン、周辺機器を売る

パソコンや関連製品は、専門店に出した方が、
個人データの消去などセキュリティ面でも安心です。

 

例えば、「パソコンファクトリー」なら30秒で申し込みが完了します。

 

1点からでも買い取りOKなので、
まずはオンライン査定で見積もりを取ってみましょう。

 

 

パソコンファクトリーの公式サイトはこちら

 

ブランド品を売る

ブランド物の洋服・バッグ・アクセサリーなどを売りたい場合は、
「Brandear(ブランディア)」が有名です。

 

6,000以上のブランドを取り扱ているので、
「有名なブランドじゃないから」とあきらめる前に査定をしてもらいましょう。

 

注文から最短3日で入金してもらえます。

 

 

Brandear(ブランディア)の公式サイトはこちら

 

ゴルフ用品を売る

使わなくなったクラブやキャディバッグが、
物置で眠っている家庭も多いのではないでしょうか?

 

引越しを機に処分するなら、
「GOLF ACE(ゴルフエース)」などの専門店を利用してみましょう。

 

買い取り相場はクイック査定ですぐにわかります。

 

 

GOLF ACE(ゴルフエース)の公式サイトはこちら

 

ピアノを売る

ピアノを新居に運ぶには、
ほとんどの業者の場合、特別料金を別途請求されます。

 

誰も弾かなくなったのであれば、処分も検討してみましょう。

 

「引越し侍のピアノ買取」なら、複数社の査定を受けられるため、
一番高く買い取ってくれる業者を見つけることができます。

 

 

引越し侍のピアノ買取の公式サイトはこちら

 

車・バイクを売る

車を売るなら「かんたん車査定ガイド」、
バイクを売るなら「バイクブロス」がおすすめです。

 

引越しと同じように、
複数の買い取り業者に一括で査定申し込みをすることができます。

 

大体の相場感や、一番高く買い取ってくれる業者がわかります。

 

 

かんたん車査定ガイドの公式サイトはこちら

 

バイククブロスの公式サイトはこちら

 

フィギュア・おもちゃを売る

たくさん集めてしまったフィギュアやプラモデル、
こども向けのおもちゃの処分に困ったら、
「TOY FOREST(トイフォレスト)」などを利用してみましょう。

 

首都圏なら最短即日で出張買い取りに来てくれます。

 

査定をするのは一定水準をクリアした正社員のみが行うので、
プレミアなども正当に評価してくれます。

 

 

TOY FOREST(トイフォレスト)の公式サイトはこちら

 

アイドルグッズを売る

独身時代にハマっていたアイドルグッズを手放すなら、
「専門店のJUSTY(ジャスティー)」などを利用するのがおすすめです。

 

ジャニーズ・AKB・ももクロなど男女問わず、
アイドルやタレントのグッズを法人価格で買い取ってくれます。

 

 

JUSTY(ジャスティー)の公式サイトはこちら

 

リサイクルショップを上手に使えば節約できる!

 

このように、いらなくなった荷物を上手に処分することができれば、

 

本来かかるはずだったゴミの処分費用
荷物が増えることで加算されるはずだった引越し料金

 

この2つを大きく節約することができます。

 

単身引越しの場合はそこまで大きな差は出ないかもしれませんが、
家族の引越しとなると、場合によっては数千円から数万円単位の差が出ることもあります。

 

不用品を処分するために、高いお金を払うのは本当にもったいないので、
上手にリサイクル業者を利用して、お金を節約しましょう。

 

運ぶ荷物が減れば、その分引っ越し業者の料金も安くなるので、
こちらで書いた「引っ越し業者おすすめベスト10」を参考に、お得に引越ししましょう!