引越し料金は日取りや曜日次第で安くなる

引越しには、旅行などと同じように忙しい時期とそうでない時期があります。
そして繁忙期や特定の日時には、サービス料という形で料金が高く設定されているのです。

しかしあらかじめこれを知っておけば、事前に繁忙期を避け、
引越しを安く依頼することができますね。

では、引越しが安くなる日にちとはいったいいつなのか、詳しく説明しましょう。

土日よりも平日のほうが安い

土・日・祝祭日の引越し料金は、平日に比べ1〜2割増しになることが多くなっています。

これは、会社や学校が休みの土日に引っ越そうという人が多いからですね。

そのため、引越し業者は常に土日は忙しく、
その分割り増しの料金設定がされていることがほとんどです。

これは繁忙期であるかどうかに関わらず、年中言えることなので、
引越しを少しでも安くしたい場合は、平日にすることをオススメします。

融通の利く方なら問題ありませんが、
一般の会社に勤めている人などは、なかなか難しいですね。

会社に勤めていて料金が高い土日にしか引越しが出来ない人は、
一括見積もりサイトで業者の料金を比較してみましょう。

業者を比較する事で必ず安い業者が見つかるので、
まずは試してみましょう。

無料で使える一括見積もりサイトはこちら

月末月初の引越しが高い理由

土日に引っ越す人が多いように、月末月初は引越しの予定を入れる人が多いため、
ほぼ確実に割り増し料金で設定されているようです。

これは、「家賃」が月割りで計算されているために起こる現象です。

月単位で家賃が発生する物件に住んでいる場合、
ちょうどキリの良い月末月初に引越しをしようと考えるため、予約が殺到するのだとか。

最近では家賃を日割り計算してくれる物件が増えてきたので、
引越しの日取りにも都合がつきそうですが、
そうでない場合は引越しの割り増し料金と、家賃の重複分、
どちらかがより安くなるのかを考えて、業者や大家さんと相談してみましょう。

土日や月末月初の引越し料金を安くするには?

さて、引越し料金を安くしたいなら土日や月末月初を避けよう、
と散々述べましたが、曜日や日取りの融通がきく人は少ないのではないでしょうか?

融通がきかない人は、
引越し料金を少しでも安くするために、
一括見積もりサイトを試してみましょう。

複数の業者から料金の安い2〜3社に候補を決めてから、
訪問見積もり時に業者間で料金の競争をさせましょう。

そうすることで引越し料金が限界まで下がるでしょう。

引越しまでの時間に余裕がある人でも、
一括見積もりを使うとさらに料金が安くなる可能性があります。

引越しの時期がいつだとしても、まずは一括見積もりを使って、
複数の業者の料金を比較することが、引越しで損をしないためのコツということです。

おすすめの一括見積もりサイト

引越し達人
引越し達人

引越し達人は一括見積もりサイトの中では老舗に入るサイトで、
15年以上の運営歴史があります。

昔から運営しているだけあって信頼度は高く、
安心して利用できる引越し業者がたくさん登録されています。

また、最大で60,000円のお祝い金など、
お得なプレゼントも色々あるので、どれか一つを選ぶなら、
まずは引越し達人を使って探すのがおすすめです。

公式サイトはこちら

LIFULL引越し
LIFULL引越し

TVCMでもお馴染み「HOME’S」が運営していたサイトが、
リニューアルされてLIFULL引越しになりました。

一括見積もりサイトとしては比較的新しいので、
その分特典なども充実していてお得感があります。

見積もりサイトによって割引や特典が違うので、
一回覗いてみてどれを使うか決めるのもいいですね。

公式サイトはこちら

引越し侍
引越し侍

奇抜なテレビCMで話題の、引越し侍の一括見積もりサイトです。

知名度が高く、230社以上の業者が登録されいていて、
キャッシュバックなどのキャンペーンも頻繁におこなっています。

少しでも多くの業者を比較したいなら引越し侍を使ってみましょう。

公式サイトはこちら