レンタカーでの引越しは乗り捨てもできるのがメリット

レンタカーを使っての引越しは、メリットとデメリットがあります。
乗り捨てができるのも、レンタカーを使った引越しのメリットの一つと言えるでしょう。

レンタカーを使った引越しのメリットは?

自分の都合がいい日に引越しができる

引越し業者にたのむ場合、あらかじめ予約しなければいけません。
ただしこの引越し予約が、引越し日の直前だと、うまく取れないことがあります。

特に繁忙期の場合なら、引越し予約は1ヶ月くらい前から入り始めます。
直前になってしまうと、業者はどこも予約が一杯になっていて、
それ以上予約を受けられないこともあると思います。

また、引越しの時間帯についても、直前だと、希望通りになるとは限りません。
午前中から引越しを始めたいのに、
午後からしか予約が入れられないなどということもあります。

その点、レンタカーを使って引越しすれば、自分が希望する日の、
希望する時間帯に引越しをすることができます。
予定を、より柔軟に立てることができるようになると言えるでしょう。

トラックの車種を自由に選べる

引越し業者の場合なら、荷物が一番少ない場合は単身パック。
次は2tショートということになります。

単身パックでは荷物が入りきらないけれど、2tショートでは大きすぎるなどの場合、
トラックのスペースにどうしてもムダができます。

それに対してレンタカーなら、

  • 軽トラック
  • 軽ワンボックスバン
  • ライトバン
  • 1tワンボックスバン

などなど、様々な車種を選べます。
荷物スペースにムダを作ることなく、引越しができるといえるでしょう。

乗り捨て(ワンウェイレンタル)ができる

引越しの出発地と到着地が遠距離の場合には、
レンタカーを借りたのとおなじ営業所に返すのは難しくなります。

その場合、多くのレンタがカー業者は、
乗り捨て(ワンウェイレンタル)ができるようにしています。

トヨタレンタカーとニッポンレンタカーなら、おなじ都道府県内なら、
乗り捨て料金は無料です。
都道府県を越える場合、6,000円程度の料金がかかります。

レンタカーを使った引越しのデメリットは?

引越し業者に頼むより費用がかかることがある

レンタカーを使って引越しすれば、
費用を安く抑えることができると思う人も多いおおいでしょう。

でも実際には、レンタカーを使った引越しは意外にあれこれ費用がかかり、
引越し業者に頼むよりも結局高く付くことも、決して少なくありません。

レンタカーを使って引越しすると、最低限、

  • レンタカー代(ガソリン代・保険料・オプション料金などを含む)
  • 高速料金など
  • ダンボールなど梱包資材の料金
  • 家を傷付けないための養生資材の料金
  • 手伝ってもらった友人への謝礼・交通費

などの費用がかかります。

また荷物運びをする人は、プロの引越し作業員ではなく、全員素人。
誤って荷物を落とし、荷物を破損したり家に傷を付けたりした場合には、
その修理・修繕費もかかります。

料金を安くするために、レンタカーを使って引越しするのは、やめた方がいいと思います。

作業をすべて自力でやらなければいけない

引越し業者に依頼すれば、最低限、荷物を運び、移動することはしてくれます。
またオプションサービスを利用すれば、
荷造りから荷解きまでやってもらうこともできます。

それに対してレンタカーを使って引越しすると、全てを自力でやらなくてはなりません。
荷物運びは、慣れない人にとっては重労働で、
引越しの翌日まで疲れが残り、仕事に差し支えるなどのことにもなりかねません。

また慣れない人が荷物を運べば、荷物を落とす可能性が高まります。
その場合、荷物が破損したり、家に傷が付いたりすれば、て修理・修繕費がかかります。

さらに荷物を運んでいる人がケガをすれば、治療費もかかってくることになります。

トラックの運転は慣れていないと危険

引越しに使うトラックも、レンタカーだと自分で運転しなくてはなりません。
大型のトラックは、運転に慣れていないと事故を起こすこともあります。

事故を起こせば、たとえ保険に入っていても、免責額がありますので、
費用がかかることになります。
また警察の見分なども必要ですから、その分、時間のロスも大きくなります。

あわせて読みたい記事