自分都合で引越しをキャンセルした場合、違約金は取られる?

引越し業者と契約はしたものの、
キャンセルせざるを得ない状況になることもあるでしょう。

そんな場合キャンセル料などは取られるのか、
状況や理由によって変化するのかについて説明しましょう。

引越し当日、また前日のキャンセルは料金がかかる

引越しの契約をした後、キャンセルをしなくてはいけなくなった場合、
それがどのような理由であれ、
引越しの2日前に連絡をすれば、
キャンセル料は取られない決まりになっています。

それとは逆に、
引越しの前日、もしくは当日に自己都合でキャンセルをする場合には、
料金が発生することになりますので注意しましょう。

なお、キャンセル料は、

  • 引越し前日のキャンセル料:引越し料金の10%以内
  • 引越し当日のキャンセル料:引越し料金の20%以内

というのが原則です。

前日、当日のキャンセルでも料金がかからないケースはある

先述したように引越し前日以降にキャンセルをすると、
料金の一部を請求されることになります。

しかし、キャンセルの理由が自己都合ではなかった場合には、
業者によってキャンセル料が発生しないケースも存在します。

例えば、天災によって引越しができなくなった場合などはこれに当たり、
こうした特殊な状況下では当日のキャンセルでも料金は取られません。

その他身内の不幸など、キャンセルもやむなしと判断される理由の場合、
業者によってはキャンセル料が免除、あるいは軽減されることもありますので、
理由も含めて一度相談してみることが大切です。

引越しのキャンセルは早めに連絡しよう

引越しのキャンセルは、
2日前までに連絡すれば料金がかかりません。

とはいえ、自己都合で事前にキャンセルしなくてはいけないことが分かっているなら、
できるだけ早めに連絡をするように心がけましょう。

これはお金の問題だけではなく、マナーやモラルの問題です。

仮にこういったキャンセル報告が悪質だと判断されると、
最悪の場合、次回以降引越しの依頼を受け付けてくれない
という問題に発展しかねません。

故意にキャンセルを引き延ばす人などはいないでしょうが、
このことを踏まえてこちらも誠実な対応を心がけましょう。

この記事のまとめ
  • キャンセル料が発生するのは予定日2日前から
  • 場合によってはキャンセル料が取られないことも
  • キャンセルするにもマナーは守ろう

おすすめの一括見積もりサイト

引越し達人
引越し達人

引越し達人は一括見積もりサイトの中では老舗に入るサイトで、
15年以上の運営歴史があります。

昔から運営しているだけあって信頼度は高く、
安心して利用できる引越し業者がたくさん登録されています。

また、最大で60,000円のお祝い金など、
お得なプレゼントも色々あるので、どれか一つを選ぶなら、
まずは引越し達人を使って探すのがおすすめです。

公式サイトはこちら

LIFULL引越し
LIFULL引越し

TVCMでもお馴染み「HOME’S」が運営していたサイトが、
リニューアルされてLIFULL引越しになりました。

一括見積もりサイトとしては比較的新しいので、
その分特典なども充実していてお得感があります。

見積もりサイトによって割引や特典が違うので、
一回覗いてみてどれを使うか決めるのもいいですね。

公式サイトはこちら

引越し侍
引越し侍

奇抜なテレビCMで話題の、引越し侍の一括見積もりサイトです。

知名度が高く、230社以上の業者が登録されいていて、
キャッシュバックなどのキャンペーンも頻繁におこなっています。

少しでも多くの業者を比較したいなら引越し侍を使ってみましょう。

公式サイトはこちら