引越しのミカタ

入居する前から部屋に傷がある場合は写真を撮っておこう

引越し先が賃貸の場合は、
入居前に部屋の状態を詳しくチェックしておきましょう。

 

賃貸物件の場合、退去するときに傷や汚れの状態によって
修繕費を請求されることがあるので、入居前から存在する傷については、
自分でつけた傷ではないことを証明する必要があるからです。

 

このチェックは、退去時の敷金の返金額に大きく関係することなので、
入居が決まったら面倒でも全部屋をチェックして、
傷などがないか事前にチェックしましょう。

 

また気持ちよく新生活を始めるという点でも、
修理の必要がある傷や不潔感のある汚れは、入居までに直してもらうことをおすすめします。

 

傷がある場合は必ず写真を撮っておこう

 

もし事前のチェックで傷や汚れを発見した時は、必ず写真を撮っておきましょう。

 

いくら前からあった傷だと口で説明しても、
証拠がなければ主張は認められないからです。

 

退去する時に不要な修繕費を請求されないためにも、
しっかりと確認しておきましょう。

 

もし入居前に破損を見つけたら、
傷や汚れの状態がわかるように何枚か写真を撮影します。

 

少し離れた位置から、部屋と破損箇所の位置関係がわかるように撮影したものと、
傷の状態がわかるように近くで撮影したものが最低でも必要になります。

 

また撮影日がわかるよう日付が正確かどうかも確認しましょう。

Check Point
デジカメで撮影した場合には、
データが無くならないように必ずプリントしておくことをおすすめします。

 

契約書などと併せて保管しておけば、
退去時に写真やデータがなくなるなどのトラブル防止にもつながります。

 

入居する前に業者や大家に通達しておくこと

 

もし傷や汚れなどを見つけた場合は、
入居前に不動産業者や大家に連絡をとります。

 

できれば現場で立ち会いってもらい、
写真とあわせて確認してもらうようにしましょう。

 

この確認を怠ると退去時にトラブルになってしまう可能性があるので、
写真を撮ったからといって安心せずに、
最後までしっかりと確認しておくことが大事です。

 

またこの時点で修復してもらえる場合には、直してもらうように交渉しましょう。

 

修復にかかる時間と立会いの有無などについても確認して、
引越し後の生活に支障がないよう調整しておくと入居もスムーズです。

ただし交渉の際には、あまり高圧的にならないように注意しましょう。

 

不動産業者や大家さんには、入居後もしばらくお世話になることがあるので、
感情的に交渉して悪い印象を与えないように気をつけましょう。

 

この記事のまとめ
  • 入居前の部屋チェックは敷金の返金額にも影響する
  • 破損の状態がわかるよう写真に残そう
  • 入居前に不動産業者にも大家にも破損の事実を伝えておこう